スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地球へ」22話感想

マツカ


「彼についてきてよかった」

原作でのこのシーン、私には理解できませんでした。
冷徹無比なキースの友の死を深く悲しむ心、母親への思慕といった人間らしい感情にマツカが触れてのセリフ。
うーん、わからないよ。キースみたいな上司は嫌だー!
とくにアニメ版のキースは極悪ですから。(原作キースは好きなんですよ)

マツカの死の描写はナスカのときのように、ゆるい感じになるんだろうと思ってたけれど、きっちりやってくれましたね。

「悲しんで・・・くれた」(こんなセリフだっけ?)

ハンカチで目頭押えました。泣けました。
22話結構良かったと思います。

 やっぱりあの言葉には共感できないけれど、マツカの悲しくも満たされた表情をみると、もう・・・何と言ったらいいか(泣)





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/8-bc45f0ea

レビュー・評価:地球へ……/Section22 : 暮れる命

品質評価 50 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 8レビュー数 2 件 木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラ

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。