スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SP8話。

「なんか ものすごく大きな事件に巻き込まれるような予感がするんですよねー」BY7:3山本。

こういう予感って残念ながら外れることが無いんですよね。次回以降怒涛の展開が予想されるドラマ「SP」。嵐の前の静けさ、といいますか、平和な展開でした。
定番の長いあらすじは尾形さん名セリフ集です。このセリフを着ボイスでお願いしたい。

今回は過去に遡って井上の警察学校時代の訓練シーンから始まり(何度も井上の妄想・訓練オチに騙される学習能力のない私)、

尾形との出会い(二人はとっくの昔に出会っていて、強い絆で結ばれていた・・なんてことではなかった・・・ええ、勝手に妄想していたとも)

警護課第四係に配属された井上に注がれる同僚の好奇と冷やかな視線(笹本「いい男が警察官になる訳ないでしょ!」えええ~!?いい男いるじゃん、尾形さんとか尾形さんとか尾形さんとか・・・!井上もかなりイケてるのに。それにしても原川さん、すごい存在感です)

井上のポカーンとした一見アフォー(笑)にも見える独自の警護スタイルに山本が尾形に抗議します。「今日のアレ何なんですか!!」「いずれ分かるさ」と尾形。
ほどなくして、その機会はやってきます。危険人物を事前に察知したことから、石田、笹本は井上に一目置いたようです。二人とアイコンタクトをとる笑顔の尾形さん。うわっ。ズキューン☆(なんの音だ)なんかもうドラマの冒頭のあらすじからニヤニヤが止まらないんですが、悪い病気みたいです、私。
使い回しですが

SP1話見て描いた絵使い回し・・・。
コメント・拍手レスはのちほど・・・。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/51-7c4dc801

「SP 警視庁警備部警護課第四係」第八回

 ある建物の中で警護中の井上(岡田准一)と佐伯(高橋洋)。 マルタイがトイレに入り小用中に、個室からナイフを持った男が出てきて 襲い掛かる。 マルタイを連れてトイレから脱出する井上達を、掃除婦が液体をかけようと迫る。 それもかわし、非常階段から脱出する...

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。