スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SURE SHOT』BRAHMAN/EGO-WRAPPIN’


シュア ショット/ブラフマン/エゴラッピン

ブラフもエゴも好きだが、好き度で言うと

ブラフ>エゴ、だ。


ふたつのバンドの共作である「WE ARE HERE」「promenade」を聴いていると、どうしてもよっちゃんの声に耳を傾けてしまう。

TOSHI-LOW<よっちゃん、だ。

これには歌モノが好き、という私の好みも反映されているのだけれど、歌唱力・表現力に富んだよっちゃんを前にすると、TOSHI-LOWは分が悪いような気がする。
気がするけど、じゃあボーカリストTOSHI-LOWの魅力ってなんだ、って考えるんだけど、間違っても『歌の上手さ』なんかではなく(ああ、TOSHI-LOWさんごめんなさい)上手く言葉にできないけど、真摯な姿勢とか、凄まじい気迫が感じられるところとか、そういうところが私は好きかなあ。―なので仕方ないか(?)
最初に聴いた二人の声に感じた違和感も今は無くなり、だいぶ耳になじんできたところ。

それと発売まで秘密にされたお互いのバンドのカバー曲、とても楽しみにしてました!
楽しみにしていたのと同時に心配でもありました。
両者とも好きなだけに、少しでもがっかりするような出来栄えだったらイヤだなあと思って。
ところがどっこい、なかなかどうして・・・!がっかりなんてする暇なかったッス!!ホントすみませんでした(笑)

BRAHMANがカバーした『Nervous Breakdown 』
TOSHI-LOWは果たしてエゴの歌を歌いこなせるのだろうか・・・
という一抹の不安を抱きつつ再生(すみませんすみませんTOSHI-LOWさん、これでもファンです)・・・

ぬおおお!!かっこいい!!かっこいいではないですか!!
語彙が貧弱なのでかっこいいしかでてきません。だって本当にかっこいいんだい。

EGO-WRAPPIN’がカバーしたのは『Speculation』
このタイトルを見てひっくり返りそうになりました。
BRAHMANの中で私が1番好きな曲ではないですか!
大丈夫か?あの曲をエゴが(以下略)・・・再生

∑(゚Д゚)!?

えええええ????あの曲が、こーなっちゃう?
イントロだけでやられました。あなたは魔術師ですか。
ただ、曲の持つメッセージ性を考えるとキレイすぎるかな・・・
という気はしないでもないのですが、思わずニンマリしちゃいましたね。
いい意味で期待を裏切ってくれたな、と。

ブラフマンとエゴ・ラッピン。最強すぎるこのコラボ。
期待どおり、いえ期待以上に素晴らしかったです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/410-c67752b1

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。