スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲ける青少年 15話「月下の巫女」

ラギネイ王室内紛の真相を探るべく、王族イズマルに近づいたユージィン。
そこで彼は一人の少女に呼び出される。

ラギネイ王位継承権第4位・ナジェイラ登場。

・・・ナジェイラがヤバすぎです (゚口゚;)

なじえいら


アニメはそれほどでもなかったけど原作ナジェイラの服の薄さでノー○ラはかなり危険。
しかもぱっくり胸元開いてるしー。
角度によっちゃ具が見えそうで、それが気がかりだったんですが、さすがにNHKでポロリとかあるわけがなく、布も厚手のようで胸をなでおろしました。

服のことはおいといて。
ナジェイラのイカれっぷりが想像以上で驚き(゚口゚;)



「ねえ、ムスターファ。教えてよ。

お前の前で何人も女たちがあてつけに自殺した話。

どうやって死んだの

銃で?ナイフで?

血を見た?どれくらい?」

「あなたは自分が何を言っているか分かっているのか・・!」

どん引きするユージィンをバシーっ!とビンタするナジェイラ。


「そんなこと聞いてない!!そんな言葉は欲しくない!!

悪い言霊を私に与える気か!!」


・・・あまりの激しさに音声のボリュームを下げてしまいました。
ちょっと頑張りすぎじゃないですか、声優さん(笑)



自分の置かれている状況に焦るルマティ坊やは立人に食ってかかりますが、相手が悪すぎます。10年早いです。
顔を真っ赤にしたルマティは・・・

「俺はおまえが嫌いだ 立人!!」

「それは殿下のご自由ですね」

イジワルい笑みを浮かべる立人最高です。
久しぶりに立人らしい立人を見たって感じがしました。
ルマティ・・・嫌いって言ってられるのも今だけだぞ。ふふふ。

あと・・・なんかありましたっけ。
花鹿の存在を忘れてました。
単身イズマルの屋敷に乗り込んだユージィンの身を案じた花鹿は、アメリカ大使館にかけ込む。
会ってびっくりアメリカ大使は花鹿の父ハリーの昔からの友人で、そこで彼の口からバーンズワースとローゼンタールの確執を知らされる。

そのローゼンタール家の若君カール。
真面目で根は優しい彼が、冷徹な実業家を演じるさまが、なんだかアンバランスで最近気になる存在です。

そろそろワタクシの大好きな立人が、派手なアクションシーンを見せてくれそうで、楽しみ♪


花咲ける青少年 Vol.1(DVD) ◆20%OFF!

コメント

ナジェイラ

>・・・あまりの激しさに音声のボリュームを下げてしまいました。
>ちょっと頑張りすぎじゃないですか、声優さん(笑)

同感です…めっちゃ危ない人でしたね。
それに声のイメージが…何か違う、ここまで違うと思ったのは初めてというくらい違いました。
もうナジェイラ、見たくないかも…(^^;

めぐみさん

こんばんは~(^^)

ナジェイラが前回ちょっこっと登場した時点で、イヤーな雰囲気出してましたけど、まさかここまでやるとはー!
どこかで「品がない」とまで言われてましたよ(^_^;)

>もうナジェイラ、見たくないかも…(^^;

そ、そんな・・・といいつつ、ナジェイラってあの作品に必要だったのか?ってちょっと思ったりして(笑)

出遅れた!!!

うっきゃー!!!
完全出遅れちゃいました!!(>_<)
三連休ぼけしてて、アニメもしっかり見てなくて・・・
ようやく昨日見て、ようやく昨日(というか今日?)私もレビュー上げました(>_<)


で、実は今回、色々とバタバタしていたので、アニメの前半がきちんと録画出来ていなかったんです。
でも、一応眠いながら前半だけリアルタイムで見てはいたんですが、実際レビュー書く段になって、「あれ?ナジェイラってユージィンにビンタしたっけ??」ってわかんなくなっちゃって(^_^;)
録画できてないから確認取れず、眠かったので動画探す気力もなく(笑)、よくわかんないから、ビンタについては書かなかったんですがー
そっか、やっぱりビンタしてたんですね。
とんでもない女だー(笑)
うちのレビューも、その部分だけ書き直させて頂きます(笑)ありがとうございます(笑)


しっかし、私もこゆうさんのご意見に賛成です。
ナジェイラって、いわくありげに出てきた割には、全然肩透かしでしたよねー
もっと引っ掻き回すのかと思いきや、単なる色ボケ・・・とと、原作未読の方も読まれてるのでしょうから、慎みまーす(^_^;)


それから、

>あと・・・なんかありましたっけ。
花鹿の存在を忘れてました。

って、こゆうさん!!!!(爆)
ダメですよ、そんなはっきり!!(爆)
確かに、ヒロインの割には大したことしてないですけどー(ああ、徐々にアンチ露呈・・・)


次回は、こゆうさんお気に入りの黒髪ユニット大活躍ですね!!^m^

お久しぶりです☆

以前、『秘密』のアニメの時にストーカーのように出没していたSAKURAです^^
このところ仕事で忙しくしていて、久しぶりにおうかがいしたら、なんと『花咲ける…』も見ていらしたのですね!
私も頑張って見ています。
『頑張って』に力を入れてみました(笑)。
立人以外に見所が無…(自重)。

今回はナジェイラの声の合わなさに、かなり倒れました。
確かこの人、いなくてもいい人だったような…。

脚本とか作画の出来がひどいのがとても残念ですTT
そういえば、『秘密』も酷かっ…(自重2)

また遊びに来ますね☆

蕾さん

最近、私もテレビ見たりネットしながら、
こっくりこっくり船をこぐことが多くなってきました・・・。
立人のことならともかく、ナジェイラのビンタなんて眠いときに覚えてるわけがありませんよね、ええ。
助走つけてのビンタですから、相当痛かったんじゃないでしょうか、豹の魂が入った人。

>ナジェイラって、いわくありげに出てきた割には、全然肩透かしでしたよねー
>もっと引っ掻き回すのかと思いきや、単なる色ボケ・・・

そうそう!!夫候補に横恋慕するならともかく、あれじゃあ花鹿のライバルにもならない・・・。

>確かに、ヒロインの割には大したことしてないですけどー(ああ、徐々にアンチ露呈・・・)

何をおっしゃるー蕾さん。
ムスターファを抱擁したり立人に抱擁されたりルマティに手を握られたりカールの手を握ったり大活躍じゃないですかヽ(´▽`)ノ
(なんてふしだらな・・・)

次回は楽しみですね。立人大活躍?(≧▽≦)

SAKURAさん

わー!SAKURAさん、お久しぶりです。

SAKURAさんも御覧になってますか。
私も『頑張って』見てます(笑)
何年も前に終わった漫画なので、今さら書くこともあまりないんですけどね・・・(^_^;)

>立人以外に見所が無…(自重)。

SAKURAさんも立人派ですか?(^.^)
たしかに立人の出番が少ない回はつま…(自重)。

ナジェイラ・・・相当キテましたね、アレ!(笑)
私もあの作品における彼女の存在理由がよく分かりません・・・。

作画のひどさはいろんなところで指摘されてますが
ストーリーは、ほぼ原作どおりなので「秘密」に比べれば全然許せますね、私は。
あの伝説的なアニメのおかげでちょっとばかり寛容になったのかもしれません(笑)

コメントありがとうございました☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/339-f966e96c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。