スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ6月号「秘密―トップ・シークレット―」感想


「秘密―トップ・シークレット―」2009 ACT.3 感想

MRI捜査は 確かに故人のプライバシーも倫理も踏みにじる

「悪魔」の所業のような捜査方法であるが

時に 人命を救う最大の武器にもなり得た。

類まれなる知識と洞察力をあわせ持つ、薪警視正 この人の手にかかったときに

(「秘密―トップ・シークレット―」2009 ACT.1)




Melody (メロディ) 2009年 06月号 [雑誌]Melody (メロディ) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/28)
不明

商品詳細を見る


※あたまがわるいので事件の考察など、マトモなことは書けません。
(以下ネタばれ注意)

・・・・なんだか薪さんが第九からいなくなってしまうような言いまわしだなあ・・・とACT1で不安に駆られて仕方なかった私。

この事件の指揮権が第九に、っていうのも薪さんが指揮官としてなにかしら責任を取らされる展開になりはしないかと、ヒヤヒヤどっきんこ(>_<;)
もしくは真逆で、功績を称えられマスコミに騒がれ第九が扱った過去の事件までクローズアップ。
貝沼事件が再び取りざたにされ再捜査に・・・とか?
それはそれで最終章突入っぽくて、コワい・・・。

・・・そんなことを考え出すと、またまた暗い妄想にスイッチが入ってしまいそうなので、別のことを考えることにしましょう。

まずは青木さんですが。

ヤッタね☆青木ヽ(´∇`)ノおめでとーーー☆

5巻読後から私の中で急激に好感度が下がった彼ですが(青木は悪くない)このほどめでたく、回復しました。
一時期私の妄想の鈴木さんにさえ負けてたのに(笑)
青木を突き動かす原動力も分かった気がします。
守りたい大切な者のためなら命をかけると。ああいう思考回路で動いてたんですね。
それならば納得。
でも青木自身が本当に雪子のことを愛しているのか、いまだに疑問を持ってますが・・・。

指示を出し振り返りもせずにさっさと行ってしまう薪さんの背中を見送る青木

言う?何を?

今のこの気持ちを

一体どんな風に?



この場面の薪さんの姿の凛々しさといったら・・・!!
青木の中の薪さんのイメージはこうなのか。
上司としてとても尊敬してるんだな、というのが伝わってきて青木の涙もらい泣き率100%を誇る私は、当然のようにあの涙ぐんでる姿に鼻水垂らして泣いて感動しました。
ACT.3 ではこの場面が1番好きです。


薪さんですが。

!!??Σ(O_O;)・・・こんな薪さん見たことないよっっ

真正面から見つめる青木の顔から目をそらす(そんでもって青ざめる)

もう☆そんな反応するからへんな妄想しちゃうんですよ??
恥じらう乙女のような表情・・とはかけ離れてますけど。
恐れてる、って感じですか?青木が必要以上に自分に気持ちを向けてくるのを。

青木を追いかけて全力疾走する(そんでもって青ざめる)

えええええーーーー!!!薪さんが、は、走ったーーー!!(←あ)
あの薪さんを走らすのは世界中で青木、アンタだけだよ。
そして青木を2度殴る(≧▽≦)
出たーーーー!久しぶりに手が出たあああ!!
なんで青木を殴る場面でこんなに興奮するんだろうと考えてみたら、あれは薪さんなりの愛情表現だからだ、という結論に達しました。
青木と岡部さん以外はそんな場面は出てこないですもんね。
「もう第九から殉職者は出さん!」だって・・・(T_T)(T_T)(T_T)ま、まきさん・・・

警視総監に電話をかける(そんでもって青ざめる)

かしこまってる横顔がかわいい。電話を切った後の舌打ち(笑)このギャップがたまんない。

とびっきりの笑顔で部下を褒める

薪さんが笑っとる!!!にゃああああああああああ
この人がこんな顔で笑うことなんてもう無いんじゃないかと思ってたので驚きました(T_T)
宇野、よくやった!!
至近距離で薪さんの笑顔を見た宇野の顔と言ったら・・・(笑)
きっとこれが薪さん本来の姿なんだろう。
かつてはこんな笑顔も珍しくなかったに違いない。


警視総監の一喝に一瞬怯む(冷や汗かいて青ざめる)

あの薪さんが、び、びびったーーーー!!?
大臣にもケンカ売ってたし、生きてる人間にビビることはない人だと思ってたのでとても意外でした。

いや、そんなことよりも薪さん青ざめ過ぎですから!!(゚Д゚|||)

心配だ。終始顔に縦線入ってるけど大丈夫?
あのまま青木に抱きついたまま倒れそう(それ願望だろ)


青木の無事を確認・安堵して青木の胸に顔をうずめる

o(T□T)oんがあああああああっ

今まで青木の差し伸べた手を振り払ってた薪さんが・・・薪さんが抱きついちゃうなんて!!
そんなに心配してたのか・・・(/_;)大丈夫です薪さん。
青木はたとえ第九が爆発しても(笑)絶対死にませんから!
先月号の感想で、「青木の死亡フラグが立った」と書いてらっしゃる方がいたので、心配で心配で。
青木は絶対死なないと信じてますけど、窮地に陥った青木を救うために薪さんが無茶をするんじゃないかと、私はそっちが心配だったので変なことにならなくて本当に安心しました。
手が震えてますけど・・・これは泣いてる?上がってる前髪がかわいい。

あの尊敬する薪警視正殿が、だ。
あんなふうに自分の無事に安堵して、震えながら抱きついてきたわけだ。
なんかこう・・・ふつふつと湧いてくるものがあるハズだよね?青木?

・・・ねえ?ヽ(´∇`)ノ


ベタすぎる展開にはなるまいが、ここで雪子がやってくるとかだったらどうなるんだろう。
また爆弾発言が飛び出てきたりして・・・。
あと、雪子のもとに今井を使いにやった場面がありましたが、青木と雪子は周知の仲ってことですよね。
そのことに、すごくガッカリしてしまいました。あーあ・・・・・。

2009 ACT.3 を読んだ直後はもの凄く感動したんですが、二人の少女の安否も分かってないし、大臣は暴走しちゃうし(まさか自らの手を汚すとは・・)事件解決してないんですよね(^_^;)
脳を見るために殺人なんて・・・第九にとってマズイ事態にならなきゃいいですけど。
2009 は次で最終回だそうですが、どうなるのか。
怖いけど目が離せません。

コメント

感想お疲れさまでした!

>薪さんが、は、走った~~!!

感想アップ早かったですね。驚いちゃいました。
見所は、、ですよね!(笑)アニメの女装シーンの前にも走ってらっしゃいましたね。(衣装はどこに、、と突っ込んではいけない)
今回は走ったり殴ったり全開で微笑んだりビビったり気絶寸前で青ざめたり室長、七変化でしたね。それもこれも青木が心配だから、、
青木しかここまで薪さんを振り回せないでしょう。
青木にとっても意味のある回でしたが、薪さんが青木に惚れ直した大事な回のような気がします。
次号の最終回は、、、事件中心に運ぶのでしょうが、、、
青木に雪子さんより薪さんを選んでほしい、早くそうなってほしい等の意見を良く目にしますが、私はこの件は微妙です。
男たるもの一度口にした約束(プロポーズ)をそう容易く違えないでほしいという気持ちとあまり原作であの二人に公認ゲイ(?)になって欲しくないという気持ちと、、、。もちろん薪さんには笑っていて欲しいですけど。
薪さんが青木の幸せを望んで、それで納得してるなら、いいかなあ、、いろいろ、微妙です。ではでは、もう一つの秘密ネタ(?)気長に待ってます~~!!

シーラカンスさん

次号発売前に、今さらこんな記事書いてすみません。
前の記事を書いたとき、半分までは書いてたんです・・・。
1日であげられるかと思ったのに、薪さんのことを書きだしたら時間がかかってしまいました。

>薪さんが、は、走った~~!!

ここはきっとシーラカンスさんが反応してくれるだろうと信じておりました、実は(笑)とても嬉しかったです!

>青木しかここまで薪さんを振り回せないでしょう。

振り回すのはかまわないのですが(かまわないのか?)
しっかりつかまえて離さないで欲しいです。

>青木にとっても意味のある回でしたが、薪さんが青木に惚れ直した大事な回のような気がします。

そうですね。そして薪さんは自分がどれだけ青木のことを・・・っていうのを再確認したのかも・・・なんて思いました。

青木と雪子と薪さん・・・3人の関係どうなってしまうんでしょうか。

>男たるもの一度口にした約束(プロポーズ)をそう容易く違えないでほしいという気持ちとあまり原作であの二人に公認ゲイ(?)になって欲しくないという気持ちと、、、。

その微妙な気持ち、分かります!!

でも結婚を決めるほど、ふたりは魅かれあってたというようには全然見えなかったので、この件はいまだに納得できません。
私も二人には別れてほしいと思ってるひとりなのですが(すみません)周囲に結婚前提でつきあってる、と認識されてるとすると、二人の仲を壊すには相当の出来事がないと難しそうです。
そこが心配です。
公認ゲイ(?)になって欲しくないという気持ち、これもすっごく分かります。う~~ん。複雑な気持ちです。
考えても何がベストかなんて答え出せないし・・・。

>もう一つの秘密ネタ(?)気長に待ってます~~!!

あわわ・・・
大したものではないので、あの・・・忘れてください(おい)
最終回時期に出すものではないと思います(^_^;)
・・・薪たんです・・・(笑)

温かいコメント・励まし、ありがとうございました(*^_^*)

改めてお邪魔致します。

8月号発売を前に、こゆうさんの6月号レビューが拝見出来るとは思っておりませんでした。
嬉しいなあ・・

>この事件の指揮権が第九に、っていうのも薪さんが指揮官としてなにかしら責任を取らされる展開になりはしないかと、ヒヤヒヤどっきんこ(>_<;)
>もしくは真逆で、功績を称えられマスコミに騒がれ第九が扱った過去の事件までクローズアップ。
貝沼事件が再び取りざたにされ再捜査に・・・とか?

薪さんのこととなると、あらゆる可能性を考えてしまうのですよね・・
そして、幸せな展開を願えば願う程、そうじゃない展開が見えてしまうのですよね・・

>5巻読後から私の中で急激に好感度が下がった彼ですが(青木は悪くない)このほどめでたく、回復しました。

そうですね!
4月号から徐々に戻ってきた(笑)青木の好感度・・ここに来て一気に!ですね。

>守りたい大切な者のためなら命をかけると。ああいう思考回路で動いてたんですね。

青木らしいですよね。
他人を他人と思わない。「誰かの大切な誰か」だと思える。
薪さんも惚れ直しでしょうねえ・・

>でも青木自身が本当に雪子のことを愛しているのか、いまだに疑問を持ってますが・・・。

・・・・・。
これは、語り始めると、よそ様のところで暴走しそうなので控えます・・・

>一体どんな風に?

この場面、この場面、この場面・・・
凛々しい薪さん。
麗しい薪さん。
とても大きな薪さん。

そうなんだよ。青木、君にとって、薪さんはこれだけの存在の人なんだよ・・(TT)←私も泣きました・・

>ACT.3 ではこの場面が1番好きです。

私もです!!

>恐れてる、って感じですか?青木が必要以上に自分に気持ちを向けてくるのを。

そうそう、そんな感じですよね。
薪さんのとまどいというか、青木の気持ちに動揺する様子が伺えて・・薪さん・・

>あの薪さんを走らすのは世界中で青木、アンタだけだよ。

ブハッ☆ウケました!(≧▽≦)本当にそのとおりです☆

あの薪さんを、あれだけ動揺させ、決意をさせ、走らせて・・
薪さんは、心も身体も青木に振り回されっ放しですよね。
でもそうやって薪さん自身も知らず知らず青木に振り回されることで、いい方向に引っ張っていかれると思うんです。
表面的には、薪さんの立場、第九の立場としては、余計に苦しい立場に立たされ、いいことは無いようにも見えますが、本当は薪さんだってそうしたかった・・それが青木によって出来た・・
あの薪さんでさえ、あと一歩、踏み出せないところまで引っ張り出せる、それが青木の役目かなとも思います。

ただ、引っ張り出しただけで終わり・・では駄目だと思います!
踏み出したその先で煽られる風から、責任を取って薪さんを守ることもしないとね、青木。それが男ってものよ。

>なんで青木を殴る場面でこんなに興奮するんだろうと考えてみたら、あれは薪さんなりの愛情表現だからだ、という結論に達しました。

免職か殉職か・・という程の大ごと・・それに結局突き動かされる自分・・それ程の青木の無謀さを、あの2発で許しちゃうんですね、薪さん。

>「もう第九から殉職者は出さん!」だって・・・(T_T)(T_T)(T_T)ま、まきさん・・・

惚れました!惚れ直しました!一生あなたに付いていきます・・薪さん・・

>かしこまってる横顔がかわいい。電話を切った後の舌打ち(笑)このギャップがたまんない。

そうそうそうそう・・!!

>薪さんが笑っとる!!!にゃああああああああああ

今号のハイライト!(え?)
いいシーンでしたね・・
宇野に憑依して、正面からあの薪さんの笑顔を拝みたいです。

>あの薪さんが、び、びびったーーーー!!?

たぶん、自分が持ち寄った情報が弱いことを、聡明な薪さんは理解しているからこそ、ああなったのかなと思いました。
この情報では上を動かすには無理があると承知しているからこそ、でもどうしても何とかしたいと思う気持ちが先行して、うっかり言い過ぎてしまった・・と、自分でも分かり・・。
何の抜けも無く完璧な情報があり、自分の言うことが純粋に正当だと思えば、何も恐れない方だと思うのですが。

まあでも、本来だったら、上司にあんな強気な方が珍しいんでしょうけどね。
男性間の縦社会は厳しいもののようですから。

>あのまま青木に抱きついたまま倒れそう(それ願望だろ)

最近倒れてないですからね、いっそのこと・・(〃▽〃)

>今まで青木の差し伸べた手を振り払ってた薪さんが・・・薪さんが抱きついちゃうなんて!!
>そんなに心配してたのか・・・(/_;)大丈夫です薪さん。
>青木はたとえ第九が爆発しても(笑)絶対死にませんから!

またウケました(≧▽≦)爆発は既に伝説ネタですね(笑)

薪さんから青木にすがったのは、初めてですよね。
大きな大きな一歩かと。
青木が何があっても生き抜くこと・・それが一番の薪さん孝行だと思います。

>手が震えてますけど・・・これは泣いてる?上がってる前髪がかわいい。

泣いてるのかどうなのか・・ハッキリさせないところがまた、清水先生の上手さ・・(T▽T)
泣いているとしたら、その声は青木の耳にだけは届いているわけですよね・・

>なんかこう・・・ふつふつと湧いてくるものがあるハズだよね?青木?
>・・・ねえ?ヽ(´∇`)ノ

ねえ?

>ベタすぎる展開にはなるまいが、ここで雪子がやってくるとかだったらどうなるんだろう。

願望としては色々とありますが(笑)、私は案外アッサリとした展開になるのではと思っております。
二人が身体を離して、視線(と心)が絡み合うものの、そこに雪子が登場。「大丈夫?青木君!」と青木に駆け寄る雪子を見て、薪さんは無言で立ち去る・・みたいな。

>また爆弾発言が飛び出てきたりして・・・。

ここで雪子が「ちょっと、何で彼にこんなことさせたの?」なんて薪さんに罵声を浴びせようものなら・・・(こちらも、暴走しそうなので控えます)

>脳を見るために殺人なんて・・・第九にとってマズイ事態にならなきゃいいですけど。

薪さんがこの事実を知ったらまたどれだけ苦しむか・・(つ;)
青木がしっかりと薪さんを支えてくれたら良いのですが・・

事件に人間関係に・・色々な問題が薪さんを苦しめてしまいそうで、メロディ発売が怖くて怖くて仕方がありません。

私は本音を言えば、原作でも「青木×薪」の成立を願う派(←少数派らしい)なのですが、リアルに考えてそこまで行かなくてもいいとは思っております。
尊敬する上司と、誰より信頼する部下・・という関係でもいいので、でも心の奥底では互いを一番大切に想い、互いにそれを感じ合いながら、共に歩いていく・・せめてそんな風になってほしいです。

長々と失礼致しましたm(_ _)m

かのんさん

かのんさん、こんにちは。

>薪さんのこととなると、あらゆる可能性を考えてしまうのですよね・・
>そして、幸せな展開を願えば願う程、そうじゃない展開が見えてしまうのですよね・・

そうなんです(((((((;´д`)))))))ガタガタ
早く幸せになって安心させてくれー!!って思いますけど、でも終わるのは嫌です。
アレ?薪さんは最終回まで幸せになれないと思ってる私?(^_^;)

>この場面、この場面、この場面・・・
>凛々しい薪さん。
>麗しい薪さん。
>とても大きな薪さん。

うう・・・(T_T)思い出しただけでうるうるしちゃいます。
あの場面、よかったですよね!!!

>あの薪さんでさえ、あと一歩、踏み出せないところまで引っ張り出せる、それが青木の役目かなとも思います。

青木・・・すごいやつですね。
でもやり過ぎて薪さんを追い詰めないか心配になってしまいます。

>ただ、引っ張り出しただけで終わり・・では駄目だと思います!
>踏み出したその先で煽られる風から、責任を取って薪さんを守ることもしないとね、青木。それが男ってものよ。

そうだそうだ!!
お姉さんから弟にきつく言っておいて下さいよ!!

>惚れました!惚れ直しました!一生あなたに付いていきます・・薪さん・・

ああ・・・もう薪さんったら☆
何度私達を惚れ直させれば気がすむの?・・・(* v v)

>宇野に憑依して、正面からあの薪さんの笑顔を拝みたいです。

あはは!私もですー。
一瞬この笑ってるヒト誰?って思いそうになりましたけど。信じられなくて。

>何の抜けも無く完璧な情報があり、自分の言うことが純粋に正当だと思えば、何も恐れない方だと思うのですが。

ああ!さすがかのんさんです。
うっかり言いすぎて「しまった」
今総監怒らせちゃマズイ!って感じでしょうね。
あの後の顔も美しかったです・・・。

>青木が何があっても生き抜くこと・・それが一番の薪さん孝行だと思います。

(T_T)

>泣いてるのかどうなのか・・ハッキリさせないところがまた、清水先生の上手さ・・(T▽T)

ほんとうにーーーー!!!
どんな顔して青木の胸に顔うずめてるのか、すっごく見たいです。
泣き顔を見られたくなくて、ああしたのかな?とも思ったり。

原作でも「青木×薪」・・・
願いたいような、そうなってほしくないような。

>心の奥底では互いを一番大切に想い、互いにそれを感じ合いながら、共に歩いていく・・せめてそんな風になってほしいです

ああ・・・青木に女ができるまでは、そんな雰囲気醸し出してましたよね・・・(T_T)ぐっすん。

時期外れな感想に、丁寧にコメントしていただいて嬉しかったです!
ありがとうございました(^.^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/325-5bd67d7b

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。