スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲ける青少年 第5話 「出会い~再会」

いまだに「花鹿」の名前のイントネーションに慣れない5話。
ルマティを見た瞬間、頭の中で歌が流れてきました。
るまてぃ2





るまてぃ1




・・・・イカれたサングラスって何だ・・・。


(Thee michelle gun elephantのシャンデリヤという曲なんですが、
正しくは「♪イヤミなサングラス イヤミなサングラス」でした(笑)



あのサングラスは、それほどイカれてはないかもしれませんが、正直ダサいと感じました。
花鹿のパーティドレスもそうですけど、原作は20年も前の漫画なのだから、あれをあのまま原作に忠実に再現しなくたっていいのでは・・・(^_^;)


花鹿とルマティの夜のお散歩シーンは微笑ましくて良かったんですが、
ルマティのオリエント・ブルーの瞳が初めて現れる場面が
薄暗い温室だから、分かりにくくて残念。
あの場面は印象的に映像化して欲しかったです。




花咲ける青少年(第6巻)


「花咲ける」は途中から読み始めて過去に遡ってコミックを買い始めたので、
この話を読んだときは立人の過去に衝撃を受けました(笑)
嘘だ、嘘だと言ってくれ・・・!!いやーーっっ(≧□≦)!!
なんだよ・・・秘密の花園で14歳の立人と一体何してたんだよーーーーーブリジットおおお!!!
女の本質、毒の部分を分かりやすい形で持っていたからブリジットと関係を持ったという立人もアレだが、
二人の関係を叔父・慶昌が知ってたちゅうのも怖い(゚Д゚;)・・・。



樹さんの漫画は「獣王星」の途中までは読んでました。
(そうだ・・・結末知らないんだ・・。漫画喫茶行ったら読も。)


「花咲ける」「OZ」この頃の絵がとても好きでした。





「OZ」は良かったですねー・・・。ムトーかっこいい。最終回は大号泣(T_T)



その樹さんが月刊「メロディ6月号」で花咲ける青少年のピンナップを描き下ろされてます。




Melody (メロディ) 2009年 06月号 [雑誌]



やっぱり1番人気の立人ですな。
っていうか、理由をつけてこの表紙を貼りたかっただけだったりヽ(´∇`)ノ

コメント

>花鹿のパーティドレスもそうですけど、原作は20年も前の漫画なのだから、あれをあのまま原作に忠実に再現しなくたっていいのでは・・・(^_^;)

ああ、あれ原作と同じだったんですかー(^^;

作画、今回はかなり良くなっている気がしました!
<単に慣れただけだったり…(笑)
でも素晴らしいまではまだまだ。
ルマティが見とれるシーンとか、もっと可愛く描いてやれやと思いました。
演出…にもあるのかなあ、問題は。

>樹さんの漫画は「獣王星」の途中までは読んでました。
>(そうだ・・・結末知らないんだ・・。漫画喫茶行ったら読も。)

同じです!
ってか、あの作品、途中から本誌じゃなくなりましたよね、確か??
私は結末、アニメで知りましたです。

>その樹さんが月刊「メロディ6月号」で花咲ける青少年のピンナップを描き下ろされてます。

あの頃の読者は、もうメロディに移行しているってことですかね。
掲載誌はLaLaだったのに、何か面白いなあと思いました。

メロディ表紙、あのどでかいのじゃないんですね(笑)
あれは迫力あったー!!

めぐみさん

あのドレスはほぼ原作と一緒です。
ブリジットのボディコンも・・・(笑)



>作画、今回はかなり良くなっている気がしました!


お、そうですか?気がつきませんでした^^;
ルマティの肌の浅黒さがちょっと違和感ありますが。
次回は泣いてるルマティを可愛らしく描いてほしいですネ。


>あの作品、途中から本誌じゃなくなりましたよね、確か??
私は結末、アニメで知りましたです。


LaLaは「八雲立つ」の途中から購入やめたので、どうだったか覚えてないんですよー。
「獣王星」のアニメは見たことなくて・・・。
でも見るならやっぱり漫画です(^.^)


>あの頃の読者は、もうメロディに移行しているってことですかね。
掲載誌はLaLaだったのに、何か面白いなあと思いました。


当時の作家さんも多数メロディで執筆されてますしね。
最近のLaLaはどんな感じなんでしょうかね~。アニメ化作品が多くなって派手になった印象があるんですが。


メロディの表紙、本当は大きいの貼りたかったんですけど、自重しました(笑)

「OZ」は、本当に良かったですね・・

そうそう、ムトー、かっこ良かった☆

ラスト、「ナインティーンの髪の色だ・・」がとても印象的で・・
カラー絵でもないのに、黄金色の風景が見えましたもの・・(TT)

「花咲ける」は読んでいないんですが、LaLa掲載だったのですか。
「メロディ」にピンナップがあるのを見て、「昔メロディに連載されてたのかな?」と思っちゃいました(^^;)

お邪魔します

こんにちは(^^)
昨日はこちらにコメント頂いて、ありがとうございましたv-238
ふだんこそこそ物陰から憧れのまなざしで見つめているのですが、思い切ってコメントを残してしまいます(^^;


「イカれたサングラス」またまた笑っちゃいました~!
さすがこゆうさん(笑)
あの手のサングラスは、流行り廃りがあるから、流行ってない時期にかけているとたいそうイタイですよね・・・(^^;


ブリジットのボディコン、原作のままでしたが、今年は何でもボディコンが復活するとか何とか。
ブリジット、実は流行の最先端を行っている!?


立人の過去にショーゲキを受けられたのですね。
確かに、あれはびっくりでした(><)
でも、樹なつみさんらしいと言えば、すごく樹なつみさんらしい・・・
ホントにブリジットは羨まし・・・イケナイ人です、プンプンッ(笑)


清水玲子さんとか、昔LaLaで描かれてた漫画家さんが、たくさんメロディに描かれてますよね~
やっぱり馴染みの漫画家さんが描いてらっしゃると、手に取りやすいです(^^)


とても懐かしくも楽しい記事でしたv-238
またお邪魔させてください(^^)

かのんさん

そうそう、「OZ」のあのラストの名シーンは大号泣でした・・・(T_T)
ああ、ひさしぶりに読みたくなってきましたよ・・・。
「花咲ける」はLaLaで連載されていたので、
「メロディ」でお目にかかれるとは、全く想像してませんでした。
びっくりです。
でも、絵が変わっちゃてると感じたので、ちょっと心配です(^_^;)
連載当時の絵が好きだったので・・・。


蕾さん

ご訪問、コメントありがとうございます~。


イカれたサングラス画像、小さくしようと思っていたのに忘れてました
・・・・恥ずかしい(^_^;)
あれ当時流行してたんですかね??・・(笑)よく覚えてませんが。
いやそれよりも!!
ブリジットが流行の最先端を行っているという話に驚かされました。
ボディコン復活するとはびっくりです。
着たことも着ることも、ありませんが(笑)


>ホントにブリジットは羨まし・・・イケナイ人です、プンプンッ(笑)


う、羨ましくなんかないんですからねっっ!
私もプンスカプンです。
読んだ当時は「立人、不潔!!」と思ってました。
あの頃は若かったので・・・・(遠い目)


>清水玲子さんとか、昔LaLaで描かれてた漫画家さんが、たくさんメロディに描かれてますよね~
やっぱり馴染みの漫画家さんが描いてらっしゃると、手に取りやすいです(^^)


そうですよね。分かります。
まあ、私がメロディを買うのは100%「秘密」のためだけですけどね(≧▽≦)


>とても懐かしくも楽しい記事でした
またお邪魔させてください(^^)


嬉しい言葉をありがとうございます~~(T_T)
このようなブログでよろしければ、また遊びにきてやってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/301-c5e56440

花咲ける青少年 第5話「出会い~再会」

二人目の夫候補、ルマティ登場---------!!上海の立人の叔父のパーティに招待された花鹿。ってことで、しばらくユージィンとはお別れのようです(^^)今回は立人が久しぶりにチャイナ服で登場!!白のチャイナがかっこいです~♪(^▽^)でもこの叔父の妻のブリジッ...

名を名告れ!はプロポーズの言葉「花咲ける青少年」

本作本題のラギネイが登場しました。ここまでの話は枕。 言語や文化や宗教をデッチ上げるのは日本文芸のお家芸。それというのも、どの国...

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。