スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ2月号「秘密-トップ・シークレット-」感想(完成版・2月20日UP)

メロディ4月号前に、何とか完成。2月号「秘密」感想です。


(ネタばれ注意)

※漫画もどきなので、ケータイからだと読めないと思います。字が小さくて・・・


最初に謝っておきます。ごめんなさい。


♪秘密2月号感想その1




♪秘密2月号感想その2




その3




その4




その5




その6





・・・・おわり。






コメント

頑張った!

がんばった!!
こゆうさん、沈黙を破ってよくぞ描いてくれました。
待ってましたよ~~!!
『公平に意地悪な薪さん』に大いに受けました。
ですよね~~。
薪さんの幸せ、ですか、、、。そりゃ青木と身も心も(?)結ばれれば幸せなのかもしれませんが、、、
聡いあの人はその後を直ぐ想像して踏み切れないような気がします。第九のみんなに関係がばれないとしても、それってなんかみんなを裏切っているようで、室長という立場のあの人がその関係を続けられるだろうかと、、、。妄想だといいんですよ。その辺考えないでいいから。でも原作でと考えると、ないかなあ~~。
こゆうさんは本当に薪さんの事を考えてあげてるんですね、、。
もうすぐ4月号です。薪さんに幸あれ。
久々にこゆうさんの漫画が読めて私も幸せでした。

素晴らしい、素晴らしい、素晴らしいいいいいいいい!!!!!

感動で泣いてます・・・・・・・(TT)

何だかもう最近・・色んな方のところで、色んなイラストを見て、色んなSSを読んで(自分でも色んなの書いて)、感情揺さぶられっ放し・・。

そしてこゆうさんの、ここで・・特にラストの1Pで・・・感極まっちゃいました・・

薪さん・・薪さん・・薪さん・・・・・・・・・・・・

何だかもう私おかしいです・・・

落ち着いたらまた来るかもです。
失礼致しました・・。

お疲れ様でした!

こゆうさん、メチャクチャ面白かったです!!!
こうやって漫画で感想を描く手もあるんですね!
イヤーー面白かったです(^^)
青木と雪子の婚約に頭を抱えるこゆうさんのお顔、チョースゴイですw
ショックでしたよねぇ、これは・・・・・
青木にも雪子にも幸せになるなというわけではないんですが、
薪さんが苦しむことになるかと思うと、sa・tsu・iも芽生えてきますよね・・・

>誰にでも分け隔てなく公平に意地悪な薪さん

確かにそうです!(笑)
あれがストレス解消なのか、元々の性分なのか。どーなんでしょうね。
雪子に関してはただならぬ怨念を感じるような気もしますが(^^;)

薪さんの幸せに関しては私も以前書いたことがありますが、
薪さんはもう自分から幸せになろうとはしないと思うんですよね。
私が根性悪なのかもしれませんが、「相手の幸せが自分の幸せ」って、
恋愛感情があるならあり得ないと思ってます。
好きな相手が他の人と結ばれるのを見るのは相当辛いはずで、
それが本当に「幸せ」だと思えるのか、私には想像がつきません。
薪さんは諦めているだけだと思います・・・・・
ハゥ・・・・(泣)薪さん、辛いよぉ~~~~う(TT)

なんだか滅入ってまいりましたが、
こゆうさんの描かれる薪さんがとっても好きです!(^^)♪
また描いてください♪

こゆうさん、お疲れ様です!

とっても面白かったです。

雪子が薪さんを好きだというのは青木(&鈴木)の勘違い派の私は、プロポーズは性急だろ、断るなと思っていたにも関わらず、婚約もありかと思えました。
それよりも、そう、青木の苦悩、あれはどうなったんだ?ってのが大きいですねー。
だからコピーキャットネタは絶対に戻ってくると思いますよ。
(でも雪子が辛い目にあうのはちょっと嫌、納得しての別れになって欲しい、別れるなら)

公平に意地悪、ウケました(笑)
そうか、皆に意地悪なのか~~~、なんていう性格、ステキ!

薪さんの幸せ…難しいですね。
青木には幸せになって欲しいと思っていると思います。
でも自分の幸せは何なんだろう…もう幸せになる気なんてない気もしますね。
ああ、切ない(TT)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れ様でした。

こんばんは。こゆう様♪

メロディ2月号の感想お疲れ様でした。

お美しい数々の薪さん(≧∇≦)ありがとうございます♪♪♪眼福です\(^ー^)/

感想を描くに当たって、思い返すのもなかなか辛かったのでは…。と推察いたします。

こゆう様の漫画を拝見して、あれっ…と思いました。こゆう様がsatuiを抱いた「手」と「手」
こんなシーンあったけ!!(°□°;)

びっくりして、メロディ読み返しました(まだ3回目)

何!これ…(-_-#)

2回目に目を血走らせながら隅々まで読んだハズなのに、まっっったく気が付きませんでしたっっっ(°□°;)

何故!無意識に避けていたの?私…

でも、あれが、あの二人の手とは限りませんよね(^_^;)

きっと、あれは本人も気が付かない青木の心の中で、薪さんと青木の結び付きを表しているものです\(^ー^)/

だから、薪さん…あんな切ない事をしなくていいから。
青木の心の中に住んでいるのはあなたです!
薪さん~~~!
いつも通り、第9で皆を楽しく苛めて仕事していて下さい(^_^)v

青木は短すぎる苦悩をもう少し掘り下げて考えれば見えてくることもあるでしょう。

私には分からない事だらけです。
メロディの発売を怯えながらも、希望を持って待っています。

こゆう様の漫画いいですね\(^ー^)/
また、お待ちしております♪♪♪

はじめまして

こゆうさま
多分、はじめまして 第九の部下Yと申します。
実は、いつもこそこそと読ませていただいておりました。
まずは2月号感想の完成おめでとうございます。
(いつかのねこにゃん相関図もかわいかったです。)

>岡部に罵声を浴びせていいのは私だけです
 受けました^^)
 ま、薪さん、本当にあの時そう思ってたと思います!

>誰にでもわけ隔てなく公平に意地悪だった
 今までも、基本意地悪と思っていましたが、この言い回しが、云い得て妙です。素晴らしい。そしてやっぱり私も、意地悪な薪さんにメロメロにメロウです^^)

 白かったり黒かったりするこゆうさんが、面白かったです。

 ・・・最後のページが、切ないです~。薪さんも切ないけど、「ふと思った」に至るまでのこゆうさんの思いが伝わってきます~。(・・・こゆうさんの顔がすごいので笑っちゃうんですけど)こんなにも登場人物の行く末が心配なマンガって何なんでしょうか?
 私にも言わせてください
 薪さんに幸あれ。

 おじゃましました。ありがとうございました。

ほんとに凄い!

秘密を読んだことが無い私ですが、こゆうちゃんの漫画とっても面白かったですv-354
絵も文章も構成もプロの漫画家さんみたいに上手だと思いましたv-354
盛大な拍手v-424v-425e-278e-280

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントお返事です。

感想の記事に「お疲れ様」なんて声がかかるのは、なかなか お目にかかれませんよね^^;
コメントありがとうございます。レスでございます。


シーラカンスさん
待っててくださったんですか・・・(:_;)ありがとうございます。
あまりにも時間がたってしまったので、もうみんな興味ないだろうな・・・と思いつつ、何とかやり遂げました。
薪さんが踏み切れない、というのは私も同意見です。
周りがよく見える分、青木とどうこうなろうなどとは現実的ではないと悟ってるのではないかと。
青木は青木で、薪さんのことは死んでもそんな目で見ないだろうし、二人の仲は95%くらい私の中では絶望的です。
残りの5%は、そんな青木が、あの青木が、性別という障害を飛び越えて薪さんに・・・というところにドラマが、感動が生まれるのではないかという、儚い希望です。
たとえ身の方はダメでも(?)心は結ばれると信じたいです。

・・・薪さんに幸あれ

かのんさん
かのんさん、しっかり!!
おかしいのは、かのんさんだけじゃないです。
私もですから~~(T_T)(T_T)(T_T)大丈夫です(←?)
薪さんを愛した人は、少なからずこうなってしまうんですね、きっと。

ミーナさん
文章で書くときつい言い回しになってしまいそうだったので漫画にしてみました。
構想1か月の超大作です(笑)

>あれがストレス解消なのか、元々の性分なのか。どーなんでしょうね。
雪子に関してはただならぬ怨念を感じるような気もしますが

5巻での雪子への態度に少なからず私怨を感じ、もしそれであんなキツイことを雪子に言ってるんだったら

「薪さんって、女の腐ったようなやつ」

と、ほんの少し、本当にちょっぴりだけ、思ってたんです・・・(ごめんなさい薪さん)

だから、偉い人(大臣)にもあんな態度なのか・・・と分かったときの喜びと言ったら!
この人、正真正銘の天性の意地悪なんだっっ!!って。

>それが本当に「幸せ」だと思えるのか、私には想像がつきません。

えー・・・わたくし、混乱してまいりました。自分の考えの矛盾に^^;
「薪さんの前でイチャついたらコロス!」
↑これって仲良くしてる二人を見たら薪さん辛いよな・・・っていう考え。
ってことは、それは幸せじゃない、ってことですね。

・・・・・・・・・・・・・

どうしよう、ラスト1ページのあの部分はモザイク入れるべき・・です、か・・・・?(←消え入りそうな声で)

そうですね、薪さんは自分は幸せになっちゃいけないと思っているでしょうね・・・。
貝沼によって奪われた数多の命。
自ら親友を手にかけて・・・。
彼らの幸せな未来を奪ったのは自分だと思っているでしょう。

だから恋愛の要素だけではなく、広い意味での幸せを「大切な人」が得ることができれば、それが救いになるんじゃないか、幸せなんじゃないかと考えました。
恋愛の面においては、絶えず胸の痛みがつきまとうでしょうけど・・・(T_T)
薪さんの望みは「大切な人」が幸せになること、だと勝手に思ってますが、よくよく考えれば

望み=幸せ

ではないような気がしてきて、考えれば考えるほど、分からなくなってきました・・・。

・・・・

やっぱり、あの部分はモザイク処理する・・・べ、べ、べきですか・・・?(←泣きそうな声で)

いや、でも、しばらくはそう思わせておいてください、私に。もう悩みたくないです(T_T)
しかし、矛盾だらけだなあ・・・私って・・・(-_-;)

めぐみさん
ですよね、あのタイミングでプロポーズは性急ですよねー。

>婚約もありかと思えました

めぐみさんは肯定派なんですね。
私は二人の仲は壊れると思っているので(不幸を望むわけでは決してありませんが)
そのへんで、雪子の選択は彼女自身が1番傷つくような気がして心配です。いろいろな意味で。
青木の苦悩は水面下に潜んでる状況で、いつかひょっこり出てくるんでしょうね。
青木の心配は全然してません(笑)青木は強いので、その点は安心して見られます(^^)

仕事で人命救助ができたときが、薪さん最大の喜びなのかなって感じるんですが、
幸せとなると、答えが出ません。難しいですねー(-_-;)うーん・・・。

たつままさん
たつままさんも、知らず知らずのうちに視界から二人の世界を外してしまったんですね(笑)
あの手のつなぎ方には、凹みました。
「こ、これは・・・・もうふたりは親密な間柄になっちゃってるのか・・・?」と。
そんな下世話な考えにとらわれ、
「ゴラァっっ青木!雪子を触った手で薪さんにさわるんじゃねえええええ!!!」
と嫉妬の炎(?)で心が燃え上がって困ります。

>でも、あれが、あの二人の手とは限りませんよね(^_^;)

そういう現実逃避の手がありましたか!!(笑)
でもsa☆tsu☆iまで湧き上がった今となっては手おくれです・・・。
もうすぐ4月号発売ですねー!
楽しみよりも、なんだか怖さのほうが大きいです。私の場合。

第九の部下Yさん
こちらでは初めまして!ですね。
でも初めての気がまったくしません(^^)よくお見かけしてますから♪

大臣と岡部さんの間に入る薪さんの姿、かっこ良かったなああ(≧∇≦)と思って、描いてたらアレになってました。
あと大臣にイスを勧めるシーンとか。素敵でしたーーー(≧∇≦)あとー薪さんの血とかーーーー(自重)

>誰にでもわけ隔てなく公平に意地悪だった
 今までも、基本意地悪と思っていましたが、この言い回しが、云い得て妙です

ありがとうございます。
「云い得て妙」という言い回しに実は憧れていて、この言葉を私のブログのコメントで書いて下さる方がいたということに感激です。
私が「云い得て妙」だと思ったのは、以前七井さんのところで読んだ

「変態が薪さんを好きになるのではない。
薪さんを好きになった者が変態になるのだ。」

これ、名言だと思いませんか。
私も今、変態になってます☆

最後のページは、そこに考えが到達したときは道が開けたと思ったんですが、うーん・・・また悩んできました^^;
私も呪文のように叫びたい。

薪さんに幸あれ・・・!

新生菜さん
あわわ・・・。
何が恥ずかしいかって、「秘密」を知らない人に変な妄想を見られるのが1番こっ恥ずかしくて赤面してしまいます^^;
褒めすぎです、新生菜さん。でもありがとうございます。原作を読んでもらえると、さらに嬉しいですけど・・・(笑)
そんな新生菜さんに朗報です!(←無理やり)「秘密原画展」というのがあるんですよー!東京の本屋さんで。

http://www.hakusensha.co.jp/himitsu/index.html(公式サイト)

お近くに立ち寄った際は、生の薪さんを私の代わりに愛でてきていただければ、私が悔しがって喜びます。
日本語おかしいですね。あ、いつもか。
あああ、行きたかったなああ(T_T)
この時期でなければ行ったんですけど・・・
そしたら新生菜さんともプチオフ会ができたんじゃないかと、そんな妄想で軽く羽ばたけます。

非公開コメント(Nさん)
コメントレスありがとうございます。
もし私の漫画に不愉快な表現があったら申し訳ありません・・。

青木を褒められたのは初めてです。(ほとんど描きませんしね・・)
青木の髪型がものすごく難しいので描くのが苦手です。
いつか薪さんと一緒の絵を描いてみたいんですが、ひとり描くのに精いっぱいです^^;
・・・雪子?雪子はやっぱり愛が深い分、Nさんの雪子には遠く及びません!!


非公開コメント(Kさん)
レスは不要とありましたが・・・お気遣いありがとうございます。

あはは、やっぱりあれは私怨入ってると思いますか~?(^▽^;)
まあ、だから雪子が薪さんの気持ちに気づいたのかっていうのはありますけどね。
でも薪さんを「女の腐ったようなやつ」だとは思いたくないので、
私は「誰にでも公平に意地悪」なんだと信じることにします(笑)
信じさせてください!!

イエ、モザイクとかそんな気にしないでくださ~い!
人は誰しも矛盾する部分を持ち合わせていると思いますし!
薪さんも、青木に幸せになってもらいたい気持ちはもちろんあると思います。
でも、自分の幸せと相手の幸せが一致しない。
そのことへの葛藤があるんじゃないでしょうか・・・。

私だって、薪さんには幸せになってほしいけど、薪さんの苦しむ姿に萌えるとか、
薪さんはノーマルだと信じつつも目隠しプレイの相手が女性だと思うと激しく嫉妬したりとか、
色々矛盾してますw

てか、漫画面白いから絶対モザイクにしないでーー!!!!

ミーナさん

・・・ほっ・・・。よかった。
ミーナさんのお許しが出たので、モザイクはなしの方向で・・(^^)
私も薪さんに幸あれ!とか言いつつ、苦しむ姿に萌えてしまいます・・・。
妄想の中で血まみれにしちゃったり(←変態)
・・あ、薪さんの血ではありませんが(聞いてないから)

前回は、お気遣い溢れるレスをありがとうございました。
ちょっと心を落ち着けまして・・またお邪魔致しました。

私は2月号を読んだ後、心が沈んで、やり切れなくて・・でも、それがかえって怒涛の記事更新につながったわけですが。
でもそんな大量の記事よりも、このこゆうさんの6P。
この6Pに全てがこもってる・・!!!と思ったのです。

笑いにくるみ、楽しませていただきながらも、なんて切なくて切なくてたまらない6Pなのでしょう・・。
読み返しながら、また涙がにじんできてしまいました・・。

そして一つ一つの薪さん絵の、なんて美しいこと・・。
そして・・ラストの、舞い落ちる桜と薪さん・・

こゆうさんすごい!
なんてエンターティナー!
なんて情感溢れる絵と言葉、その空間・・・・・

そしてレスに書かれている「望み」と「幸せ」がイコールとは限らない・・
これも「言い得て妙」です。

薪さんは、青木の幸せを「望んでいる」、そしてその負い目から、きっと雪子の幸せも「望んでいる」。
でも、それが「幸せ」の形だとは、とても思えない・・・

構想1ヶ月の、こんな素晴らしい物を見せていただいて・・もうこの感動を何て言い表したらいいのか分かりません。

どうもありがとうございました。

追記:「変態が薪さんを好きになるのではない。薪さんを好きになった者が変態になるのだ。」
この言葉、私も真理だと思います。
よく自分自身に言い聞かせております・・・・・

かのんさん


。゚(゚ノД`゚)゚。 ゎー
伝わりましたか?ありがとうございます。
もったいないお言葉の数々に、胸いっぱいです。

> 私は2月号を読んだ後、心が沈んで、やり切れなくて・・

「衝撃的な内容になってるらしい」と噂で知って、
いくつか「衝撃的なこと」を頭の中で思い描いていたのです。
そのなかに、もちろん二人の婚約も含まれていたわけですが・・・・
自分のなかでは、これが1番軽めな「衝撃的な展開」だったので
(なにを考えてたんでしょうね・・・)実は安堵しました。
でも、あの手の繋ぎ方を見てやっぱり悲しかったです。
そして、ふつふつと湧き上がりました、・・・何かが(笑)

>それがかえって怒涛の記事更新につながったわけですが

凄すぎますって!!!久しぶりにかのんさんのところにもお邪魔させていただきましたが、大変なことになってました。読んでない記事数が・・・^^;
ゆっくり読ませていただきますね。


>一つ一つの薪さん絵の、なんて美しいこと・・
>薪さんは、青木の幸せを「望んでいる」、そしてその負い目から、きっと雪子の幸せも「望んでいる」。
でも、それが「幸せ」の形だとは、とても思えない・・・

薪さんだけ異様に気合入れて描いてしまうのは仕方ありません。
あいしてますから(*^_^*)
でも描くたびに顔が違う・・(T_T)
ミーナさんのところで「キャシャーン」の話題がありましたが、その主題歌の「誰かの願いが叶うころ」(七井さんのところでも出てましたね)があの桜舞い散る絵の脳内BGMです。
あの曲、私の中では桜の季節のイメージなんです。
それと歌詞、歌詞が・・・(泣)ヤバいですよね・・・。
イイ曲に出会うと、何でも「秘密」がらみに変換してしまいます。

・・・はあ・・・切ないです・・・。

(ちなみに「キャシャーン」の映像美は好きです)

>「変態が薪さんを好きになるのではない。薪さんを好きになった者が変態になるのだ。」

・・・これで誰かバナー作成してくれませんかね?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/264-7efbed16

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。