スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪さんは○○なのか?

メロディ2月号の感想が書けないまま止まっちゃったので、先にこの記事を書くことにしました。

かのんさんのところで話題になっていた「薪さんはノーマルか否か」
(話題が遅れがちで申し訳ありません・・・今さらなんですが)なんでこんな疑惑が湧いているかというと

①4巻「2007特別編」の目隠しの場面が謎すぎる

②アレ・・・?薪さん、もしかして青木のこと好きなんじゃ・・・?と思えるふしがある

はっきりと「こうだ!!」というセリフもないので、読み手によって解釈が分かれるところで、今現在(2009年1月時点)の私なりの意見を書いてみました。

・・私は、薪さんストレート信者です。

というか、4巻を読んだ時点でも、全く疑いもしませんでした。
目隠しの相手は女の人だと思ってましたし。
ですからアニメでこの場面が相手が男性になっていたことに、とても衝撃を受けました。
私はこれまで、同性愛者に対して偏見を持ったことはありませんが、いや持ってないと思いこんでましたが、愛した相手がゲイだとしたら、それはもう凄いショックなわけですよ。
ガチで○モと、愛した相手がたまたま同性だった、では、やっぱりね・・・違うわけですよ。
目隠しの場面は、女性とのそういう場面を入れることによって、そこはかとなく漂うBL臭を払拭したかったのかとさえ思っていました。
ノーマルな薪さんを強調することによって、そんな薪さんが、同性の青木に魅かれている、そういうことを描きたかったのか、と。

お相手の方は、会話の内容から馴染みの相手ではないと分かるので、後腐れの無いプロの方じゃないかと私も思います。
あの美しい手は、私には女性以外には見えず、男性の薪さんが下になっているのだって、別におかしくはない。
(「月の子」のギル(ティルト)とリタも、ギルが下でした・・・)

それと、あれは相手が来るのを待っている場面で、断じてマグロなどではないと、薪さんの名誉のためにつけ加えておくことにしましょうヽ(´∇`)ノ

この場面は相手よりも「目隠し」という行動が重要で、薪さんの心情が切ないことこのうえない。

(自分だけが死後も「秘密」を守り通す そんな勝手が許されるのだろうか)

日本におけるMRI捜査全てに関わった第九室長という立場から、死後は貴重なデータとして、確実に脳はMRIにかけられ、プライバシーさえも丸裸にされてしまうであろう。
「見る」ことすら制限しなくてはならない薪さんの立場が、悲しすぎます。
いや、それよりも、上層部にもみ消されてきた事実を、自らの脳を動かぬ証拠として差し出す気で、死ぬつもりなのかとすら思えてしまうのです。

MRI捜査が可能なのは死後遡って5年となっているので、(貝沼事件から)5年というのがタイムリミットというか、Xデーというか、その間にいろいろ片がつくのではないかと、勝手に推察してますが、どうなんでしょうか。
(逆に5年を過ぎれば、薪さんは無事でいられるんじゃないかと、・・・祈る気持ちです)
何にせよ「死」というのは常に意識はしているでしょう。

②の青木の件についてですが・・・

「2007特別編」で、すごく意味深な目で青木のことを見つめちゃってるんですよね・・・薪さん。(青木、気づけよ・・・)
ただ、4巻を読んだ時点では、はっきりと確信できませんでした。
部下の命を守るために、見なかったことにした事件の秘密を、青木だったら暴いてくれるかもしれない(薪さんの脳から)
でもそんなことをしたら、青木の命が危険にさらされる。
真実を明かしたい、でも危険にさらすわけにはいかない、そのせめぎ合いなのか?とか思って。
というか、当時は今のように腐ってなかったので(今?今はもう後戻りできないくらい腐ってるよ☆ヽ(´∇`)ノ)、青木に対する感情が、恋愛っぽいのは受け入れがたかったのでこんな考え方をしたんでしょうね・・・。

「薪→青木」が決定的になった瞬間は5巻「リモコンが光速で飛んじゃった事件」ですね。
(それと同時に「雪子→薪」も私の中で確定)

「秘密」人物相関図
(自分の中では確定)



「あなたが誰より大切に思う人は いつもあなたより私を見るのよ」

という雪子のセリフ。

青木(と、鈴木)に対して一点の曇りもない「友愛」の感情しか抱いてないのなら、きっと冷静に受け流すでしょう。
・・ささやかな毒を混ぜて。口元には意地悪い微笑みを浮かべて。
それができなかったのは、「大切」という言葉の裏に潜む「恋情」という気持ちをハッキリと自覚したからではないでしょうか。
あのあとの薪さんの辛そうな背中・・・。
最初は雪子に知られたのがショックだったのかと思ってたんですけど、このときに微妙な感情が「恋情」という名で薪さんの中で形を得て、そんな自分のやましい感情に苦悩しているのではないかと、今はそんな感じで思ってます。
薪さんがゲイであるならば、自分の性癖として当然のように、受け入れることができるんじゃないか・・・。

だから、私は薪さんは「ノーマル」だけど、青木には恋愛感情を抱いている、と考えています。

コメント

薪猫かわいい

薪ねこかわいい、、、、、
なぜ今この話題、、、と首をひねりつつも
2月号感想は、、、、とがっくりしつつも
薪猫のかわいらしさにほんわかいたしました。こゆうさんのイラストって本当いい、、、。

薪さん考察については、異論なしです。
薪さんが青木への自分の感情についてどう考え、どのくらい自覚があるかはよくわかりませんが、、。
妄想としては別にガチホモでも、総監の愛人でも夜な夜ないろんな男とでもかまいませんが(かまうか?)、そこまで乱れてると第九の室長として確かに適性を疑われてしまうので、漫画の中の薪さんはたま~~に(ショックを受けたときや寂しいとき?)プロの女性と、、あるいはそういう恋人がいる?でお願いしたいです。恋人の場合はあの台詞はしっくりきませんが、目隠しが初めて、、という事で?

ガチでも、ノーマルでも薪さんが青木への思いを封印するつもりである事に変わりはなく、その切なさに胸が痛むんですけどね。

あ、名前欄で自分で混乱し始めたのでシーラカンスに統一します。今更ですが。これからもよろしくです~!!



おお!・・遂にお書きになったのですね!(^^)
お待ちしておりました~♪

ふむふむと読ませていただいてたら・・猫ちゃんチャートが出てきて大ウケしてしまいました!!!
さすがこゆうさん!
楽しませて下さいますね。

だって見事にみんなの特徴とらえてるし・・(猫なのに誰が誰だか分かるという・・)
何より、岡部さんだけがかやの外というか、四角関係から思いっきり外れたところから、精一杯生き霊だけ飛ばしてるお姿が、切ないです・・(笑)

読ませていただいたら、だいたい私が思うのと同じですね。
元々はストレート、でも、「愛した相手がたまたま同性だった」これに尽きます。

>目隠しの相手は女の人だと思ってましたし

これはもうどちらでもいいと今では思ってますけどね、アニメはびっくりしましたね。

>あの美しい手は、私には女性以外には見えず、男性の薪さんが下になっているのだって、別におかしくはない

あの手は、薪さんの手だと思ってましたけどね。
セリフは相手のセリフがかぶさっただけで(なので、私の中では性別は確定されてません)

>あれは相手が来るのを待っている場面で、断じてマグロなどではないと、薪さんの名誉のためにつけ加えておくことにしましょうヽ(´∇`)ノ

そうです!
断じて「マグロではないっ!!!」←あちこちで叫んでいます。あれは事後じゃないかって意見の人も居ますし。それに、例えプロ相手では気乗りせず~でも、薪さんがその気になったら、すごいんですからっ!!

>「見る」ことすら制限しなくてはならない薪さんの立場が、悲しすぎます。

ホントですよ・・(TT)

>いや、それよりも、上層部にもみ消されてきた事実を、自らの脳を動かぬ証拠として差し出す気で、死ぬつもりなのかとすら思えてしまうのです。

キャ~~~ッ!!
駄目!そんなつまらない事の為に、お命は差し出さないで!!

>何にせよ「死」というのは常に意識はしているでしょう。

そうかもしれません・・。
薪さんには常に消え入りそうな儚さが付きまとう・・だからこそ、その「生」が、より輝いて眩しいのかも・・。

>「2007特別編」で、すごく意味深な目で青木のことを見つめちゃってるんですよね・・・薪さん。(青木、気づけよ・・・)

ホント、気付けよ!岡部さんだったら、薪さんにあんな風に見つめられたら、一瞬で気付くよ!

>ただ、4巻を読んだ時点では、はっきりと確信できませんでした。
>というか、当時は今のように腐ってなかったので(今?今はもう後戻りできないくらい腐ってるよ☆ヽ(´∇`)ノ)、青木に対する感情が、恋愛っぽいのは受け入れがたかったのでこんな考え方をしたんでしょうね・・・。

そうだったんですね・・。
こゆうさんも遠くまで歩いてこられたのですね・・。

私は、4巻特別編の、「このくらい思っていれば」の文をはさんだ薪さんと青木のコマを見て、突然!「こ、これって!ま、薪さんって!」と気付きました。
私の中では確定です。
その後の展開で、この部分がとても重要だと思うだけに、確定されてないという意見を後から知って、びっくりした位でした。

>(それと同時に「雪子→薪」も私の中で確定)

私もこれは確定だと思ってます。
なので、これも後から他の方の違う意見を読んで、別の考え方もあると知って、びっくりしましたし、その後の雪子の行動が府に落ちない原因にもなっているのですね。

>青木(と、鈴木)に対して一点の曇りもない「友愛」の感情しか抱いてないのなら、きっと冷静に受け流すでしょう。

そうそう、そうなんです。
思いもかけず、雪子に心の一番奥に秘めていた部分を突かれた・・そう思いました。

>あのあとの薪さんの辛そうな背中・・・。

薪さん・・・(TT)

>最初は雪子に知られたのがショックだったのかと思ってたんですけど、このときに微妙な感情が「恋情」という名で薪さんの中で形を得て、そんな自分のやましい感情に苦悩しているのではないかと、今はそんな感じで思ってます。

そうですか・・この時にハッキリ形を得て苦悩していると・・
切ない・・切ないよ~・・薪さん・・。

>だから、私は薪さんは「ノーマル」だけど、青木には恋愛感情を抱いている、と考えています。

私は、「薪さんはノーマルだけど、青木は「誰より大切に思う相手」であり、精神的つながりと同時に、身体的つながりも求めている。でも、薪さん自身はその気持ちを恋愛とは定義付けていないし、身体的な求めに対しても無自覚」と思っています。

あの時は、雪子に突かれたショックと、そんな青木が雪子を思うことがあまりにも直接的に伝わってきて、孤独を改めて感じていたのかと思っています・・。

いずれにせよ、この事を考えていると、薪さんて、本当に切ない方ですね・・。

ほうほうほう★

ニャンコ可愛いにゃ~~~~ん♪
青木と鈴木さんの柄が同じなところが細かいvvv

この考察、こゆうさんとほとんど同意見です!

>後腐れの無いプロの方じゃないかと私も思います。

私もそう思いました。馴れ馴れしさから見てもプロですよね。

>あの美しい手は、私には女性以外には見えず、

あの手は薪さんが目隠しの布を「巻いてくれ」て差し出してるシーンですよね?これは薪さんの手だと思いますが・・・?

>断じてマグロなどではない

私も薪さんはマグロではないと思ってますけど、マグロも別に悪くないとは思いますよ~(笑)
Hには向き不向きがありますからね~www
H好きじゃない人間と、H大好きな人間とだったら、自然
好きくない方はマグロにならざるをえないという(笑)

>死後は貴重なデータとして、確実に脳はMRIにかけられ、プライバシーさえも丸裸にされてしまうであろう。

え(@@;強制的にってこと?!人権はナシっすか??!!
そっか・・・それは考えたことなかった!!!
じゃあ死ぬ時は脳を撃って自殺するしか「秘密」は守られないということに?!

>上層部にもみ消されてきた事実を、自らの脳を動かぬ証拠として差し出す気で、死ぬつもりなのかとすら思えてしまうのです。

そ、それは辛いです(;;)
そんな事態にだけはなってほしくありません・・・

>あのあとの薪さんの辛そうな背中・・・。

これは本当に辛いですよね・・・泣きますよね・・・
あのあと崩れ落ちてますよね・・・うぅ(TT)

私の中での結論は、

「薪さんはノーマル。でも好きになった相手がなぜか男だった。でもこれは本当に“恋情”なのか?(コピーキャットの青木と同様に)鈴木と重ねてる部分はありはしないか?」

と自分でも悩んでる状態。だと考えてます。
でも青木と薪さんは最終的にはくっつくとも考えて(願って?)ます(*^^*)

>私は、薪さんストレート信者です。
>というか、4巻を読んだ時点でも、全く疑いもしませんでした。
>目隠しの相手は女の人だと思ってましたし。

同じです同じですー!

>目隠しの場面は、女性とのそういう場面を入れることによって、
>そこはかとなく漂うBL臭を払拭したかったのかとさえ思っていました。

そこはかとなく漂ってましたか・・・
私は全く気づいていませんでした(^^;)
目隠しの相手もどう見ても男性には見えません・・・

>ノーマルな薪さんを強調することによって、そんな薪さんが、
>同性の青木に魅かれている、そういうことを描きたかったのか、と。

そうですよね、薪さんにとってあり得なかったことだからこそあれほどまでに苦悩してるんですよね。

>それと、あれは相手が来るのを待っている場面で、断じてマグロなどではないと、
>薪さんの名誉のためにつけ加えておくことにしましょうヽ(´∇`)ノ

私は事が終わった後にまったりしているところだと思ってますが、でもほとんどがされるがままだったのではないかと推測してます。
最後のクライマックスでちょっと積極的に動いた程度ではないかと(笑)
かのんさんがおっしゃるように

>薪さんがその気になったら、すごいんですからっ!!

だったら、興奮しすぎて夜中に盗んだバイクで走り出してしまいそうです(笑)

>いや、それよりも、上層部にもみ消されてきた事実を、
>自らの脳を動かぬ証拠として差し出す気で、死ぬつもりなのかとすら思えてしま
うのです。

でも、それすらももみ消されてしまいそうですね・・・

>MRI捜査が可能なのは死後遡って5年となっているので、

この設定、最近けっこう曖昧じゃないですか?
MRIの技術(捜査員たちの腕)が進歩しているということなのかもしれませんが。
5年がタイムリミットなら、それまでにもう一度鈴木の脳を見て、鈴木視点の薪さんのお姿を大量にプリントアウトしておいてほしいですね。

>「薪→青木」が決定的になった瞬間は5巻「リモコンが光速で飛んじゃった事件」ですね。

私もここでようやく気づきました(^▽^;)
青木が「外科室」の話をした時か、ここで雪子に言われた時に、薪さん自身も自分の気持ちに気づいちゃったんでしょうね~。

>だから、私は薪さんは「ノーマル」だけど、青木には恋愛感情を抱いている、と考えています。

なるほどです!

ところで・・・
ノーマルな人間が同性に恋愛感情を抱くって、どういう時なんだろう・・・
本当にそんなことがあるのだろうか・・・
というのは最大の謎ですね(^^;)

薪ニャンコのキョロンとしたお目々が可愛すぎます!!(>▽<)

シーラカンスさん

すみません・・・がっくりさせて(^_^;)
猫の人物相関図はメロディの感想に入れるつもりで描いたものです。
2月号の感想を書くにあたって、ちょっと関連あるかなと思って、先に仕上げました。(でも全然書けてません・・・orz

>妄想としては別にガチホモでも、総監の愛人でも夜な夜ないろんな男とでもかまいませんが(かまうか?)

ちょ・・・シーラカンスさんの腐り具合も凄まじい・・・いえ、何でもありません。
妄想といえど、私は断固!男は嫌です(>_<)
許せるのは青木鈴木、百歩譲って(?)岡部さんまでです。
総受けとか意味が分かりません。
岡部さんに変わってお仕置きします。めっ!!
(誤解のないように言っておくと、岡部さんが薪さんに恋愛感情を持っているとは考えてません。)

>ガチでも、ノーマルでも薪さんが青木への思いを封印するつもりである事に変わりはなく、その切なさに胸が痛むんですけどね。

そうですそうなんです~~~~(T_T)
何とか幸せになってもらいたいですね、薪さんに・・・。

かのんさん

TBありがとうございます~。私も送らせていただきました(^.^)

自分の好みで猫にしてしまいましたが、青木と鈴木は犬の方が良かったかもしれませんね。そして岡部さんはゴr

>>目隠しの相手は女の人だと思ってましたし
>これはもうどちらでもいいと今では思ってますけどね、アニメはびっくりしましたね。

私は女性であって欲しいと思ってます。
アニメは、本気でショックでした。

>あの手は、薪さんの手だと思ってましたけどね

最近レモンさんのところでこの説を読んで、目からウロコでした。
全然考えてなかったです。

「薪さんがその気になったらスゴイんですから!!」
力説する、かのんさんが最高です。
では、どのようにすごいのか、レポートにまとめて提出してください(´∇`)☆

>ホント、気付けよ!岡部さんだったら、薪さんにあんな風に見つめられたら、一瞬で気付くよ!

ですよね~~!2月号を読んで、私の中で岡部さんは「脳内薪一色同盟」名誉会長に昇格いたしました。
そんなことよりも、このテンション高めなコメントを書いている方は本当にかのんさんなのか?と、思わず名前を確認し直してしまいました、私(笑)

「特別編」を読んで、私も薪さんは青木が好きなのか?とは思ったんです。でも、そうみせかけて別の意味があるのか?とか、あらぬ方向も疑ってみたり。だから、確信は持てませんでした。

「秘密」で恋愛はからめて欲しくなかった・・と、4巻の青木と雪子を見て複雑に思ったくらいで、ましてや、薪さんが青木に・・・なんてことは考えたくないというか、いや、まさか、そんなはず・・・と打ち消したかったといいますか。
今は事件よりもそっちばっかり気になって仕方ないんですけどね(^_^;)

>>(それと同時に「雪子→薪」も私の中で確定)
>その後の雪子の行動が府に落ちない原因にもなっているのですね。

そうなんです!!だから納得できないんです。
これは改めてメロデぃ感想か、書けなければ(・・・)6巻感想で書きたいと思います。

>私は、「薪さんはノーマルだけど、青木は「誰より大切に思う相手」であり、精神的つながりと同時に、身体的つながりも求めている。でも、薪さん自身はその気持ちを恋愛とは定義付けていないし、身体的な求めに対しても無自覚」と思っています。

完璧です・・・かのんさんの意見。
薪さんの感情を表す言葉がなかなか見つかりません。
「恋情」「恋愛」・・・ちょっと違和感を感じるんですけど、私の中ではこれが一番近いかな、と。

>いずれにせよ、この事を考えていると、薪さんて、本当に切ない方ですね・・。

はあ・・・・(T_T)(T_T)(T_T)薪さん・・・ぐすっ。

>そんなことよりも、このテンション高めなコメントを書いている方は本当にかのんさんなのか?と、思わず名前を確認し直してしまいました、私(笑)

きゃ~~っ、お恥ずかしい(><)
こゆうさんの、薪さん愛とセンス溢れる文章とイラストに、私の喜怒哀楽が刺激されてしまうのですね、きっと。

薪さん…

こんにちは。こゆう様。

昨日の朝、この記事を拝見した後、こゆう様の考察を納得しながら、猫のチャート分かりやすくて可愛い♪とか他にも色々考え、よし!後でゆっくりコメントしよう♪と思っていたらあっという間に出遅れてしまいました…。

私は、あの特別編を初めて見たとき、普通に通りすがりの商売の女性かなと思いました。そのわりには楽しそう(笑)じゃないわね…。

そして、ページを追っていくと、外科室のお話…も、もしかして薪さん…あなたは…。

その後、他を読み返すと、チラチラとそれらしいところが…そうだったのね。

私もやはりガチで○○というのはないと思います。

もし、そうだとしたら、あの相手が男性と考えた時、もっと積極的に楽しそうに励んでいるのでは!!!
あれは、傷つき、辛い薪さんが、半ば投げやりになり、誘われるままに「僕はこんなことは何でもない。」とばかりにしたのではないかと考えています。

そして、また傷つき、声に出せない悲しみにもがいているのではないかと…

薪さんはたまたま誰よりも大切になった人が青木だったのです。自分だけを見て欲しかったのでしょう。

鈴木さんとは、相思相愛の親友だったから、お互いにそんな自分たちの想いに気が付かなかったのだと思います(^_^)v

な・の・で♪ きっとガチではありませんが、青木とその様なことになったら、心底楽しんで積極的になるのではと妄想して羽ばたいております\(^ー^)/

コハルビヨリさん

青木と鈴木の柄まで気がついていただけて嬉しいです(笑)

>これは薪さんの手だと思いますが・・・?

お?コハルビヨリさんもですか。
でも薪さんの腕だとしたら、シャツ着てるのに、肌が見えすぎじゃないですか?
今から脱ぐのに腕まくりなんてするかしら・・・。
袖のボタンを外していて、袖口が下がってる、という線もありますけどね。

>私も薪さんはマグロではないと思ってますけど、マグロも別に悪くないとは思いますよ~(笑)

相手によりけり、気分によりけり・・・ですかね。
マグロが悪いわけじゃないけれど、薪さんがマグロと言われると、全力でかばいたくなってしまいます(笑)

>え(@@;強制的にってこと?!人権はナシっすか??!!

私はそうだと思ってますけど・・・。
見られるという前提があっての「目隠し」じゃないかと思います。

>>あのあとの薪さんの辛そうな背中・・・。
>これは本当に辛いですよね・・・泣きますよね・・・
あのあと崩れ落ちてますよね・・・うぅ(TT)

本当につらいですよね(/_;)
5秒で泣けって言われたら、私、薪さんのことを考えてすぐ泣ける自信があります(意味不明)

>「薪さんはノーマル。でも好きになった相手がなぜか男だった。でもこれは本当に“恋情”なのか?(コピーキャットの青木と同様に)鈴木と重ねてる部分はありはしないか?」

と自分でも悩んでる状態。だと考えてます。

そうですね。薪さんも青木同様にそこは考え始めたでしょうね。
ただ、鈴木さんに関しては、情報量が圧倒的に少ないので、今は私の中では保留になってます。

>でも青木と薪さんは最終的にはくっつくとも考えて(願って?)ます(*^^*)

ああ・・・私には、コハルビヨリさんの前向きさが、眩しくて仕方ありません。私も願ってはいますけど・・・(T_T)

ミーナさん

・・・体調はもう万全ですか?

>そこはかとなく漂ってましたか・・・
私は全く気づいていませんでした(^^;)

ほんのりと漂っていると、私は感じてましたけど(^.^)
(青木がやたらと薪さんに触ってたり・・・)

>でもほとんどがされるがままだったのではないかと推測してます。

あ、そうですね。具体的にはそこまで考えてなかったですけど(・・・本当ですよ・・・?)そう言われるとそうかも。気ノリはしていなさそうですしね~。

>最後のクライマックスでちょっと積極的に動いた程度ではないかと(笑)

・・・・↑たった今、私のなかの妄想がスパーキング☆ヽ(´∇`)ノ
私も薪さんの本気を見てしまったら、宇宙の果てまでぶっ飛んでいけるような気がします。

>でも、それすらももみ消されてしまいそうですね・・・

・・・だから私、黒い妄想が展開しちゃうんです(^_^;

>この設定、最近けっこう曖昧じゃないですか?

私も書いてて思いました。実は。最新のメロディのあらすじを見たら、一応まだ設定は生きてるようなので、そのままにしました。

>鈴木視点の薪さんのお姿を大量にプリントアウトしておいてほしいですね。

ああ~~~(T_T)・・・ずっと見たいと思ってましたけど、失われた笑顔を見るのは、想像以上につらかったです、私には。

>ノーマルな人間が同性に恋愛感情を抱くって、どういう時なんだろう・・・
本当にそんなことがあるのだろうか・・・
というのは最大の謎ですね(^^;)

自分が女に惚れるかどうか、と置き換えて考えてみましたが・・・まずないですね(笑)
いや、でもそんな相手に巡り合ってないだけで、分かりませんよ!!??と、一応フォロー(何の?)しておきます。

たつままさん

こんにちは(^.^)たつままさん。
出遅れまくってるのは、私のほうです。メロディ発売から、いまだに「秘密」関連サイトには行けてません・・・。
どんどんついていけなくなりそうです(^_^;)

>そのわりには楽しそう(笑)じゃないわね…。

なんだか、思い詰めたような、やるせない感じの表情に見えますよね。

>あれは、傷つき、辛い薪さんが、半ば投げやりになり、誘われるままに「僕はこんなことは何でもない。」とばかりにしたのではないかと考えています。
そして、また傷つき、声に出せない悲しみにもがいているのではないかと…

。゚(゚ノД`゚)゚。 わあああああ!!薪さん!!貧乳の私でよければ、いつだってはけ口になってさしあげます!!

>薪さんはたまたま誰よりも大切になった人が青木だったのです。自分だけを見て欲しかったのでしょう。

「自分だけを見て欲しかった」というのは、4巻を読んだ当時の私の感想に近いです。
雪子という存在が出てきて青木といい雰囲気になり、そこで思ったんです。「(変な意味でなく)青木には薪さん一筋でいて欲しかったな」と。
また同じ女性に持ってかれる薪さんの胸中を考えると、やりきれません・・・・。

>青木とその様なことになったら、心底楽しんで積極的になるのではと妄想して羽ばたいております\(^ー^)/

わりと、皆さん前向きなんですね??(笑)
心底楽しんで・・という妄想は暗い私には内から湧き上がってこないので、他の方の二次創作でお世話になっております。

かのんさん

恥ずかしがらないでくださいっっ(笑)そんなかのんさんが好きです。

>こゆうさんの、薪さん愛

センスはありませんが、愛だけはありますとも!
ただ図書カードが当たらない程度の愛ですけどね・・・。(←卑屈)
・・次号はリベンジしたいです(>_<)

こんばんわ

私はプロの女性ではないと思います。
こんなことを書くと気を悪くなさるかと思いますが~
薪さんは童貞だと信じてます。
薪さんは真面目な方なので女性をお金で買うなんてしないと思います。
買春行為は違法ですから。
だからあれは夢か幻ですってば~
薪さんはプラトニックラブで青木のことが好きなんだと思いますから~
他の男と目隠しプレイなんてするわけがありません。
私は独りでも薪さんの童貞説を守りぬきたいと思います。(笑)

あ・・・ご心配いただいてすみません(^^;)
右肩の痛みがまだ残っているので、接骨院に通っています。
今度MRIに入ってきます♪

あみりんさん、ミーナさん

あみりんさん

最初にあみりんさんの「薪さん童貞説」を見たのは、めぐるさんのところでしたか、思わず「ねーよwww」と心の中でツッコませていただきましたが(笑)、目隠しの場面の夢や幻想説は捨てがたいですね。
でも夢だと何でもアリだからなあ・・・相手は男でもアリかなあ・・・と、思ったり。

>薪さんは真面目な方なので女性をお金で買うなんてしないと思います。
買春行為は違法ですから。

立場上マズイことはマズイですね(^_^;)
でも薪さんが、そのへんで女をひっかける姿なんて想像できないし、他人と関わりたくないと思うので、金で片がつく後腐れがないプロなのか、と考えました。

>私は独りでも薪さんの童貞説を守りぬきたいと思います。(笑)

我が道を進んでください、あみりんさんヽ(´∇`)ノ


ミーナさん

あ、まだ本調子じゃないんですね~。お大事に。

>今度MRIに入ってきます♪

(゚口゚;)!!MRI!!??
き、危険すぎます!!ミーナさんの脳をのぞいたら・・
あんなピンクやこんな桜色が、だだもれに・・・!(>_<)
・・・なんていう妄想は、お約束。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/255-2975a6fc

薪さんは、ノーマルか否か

いきなり直球タイトルで参ります。 これは本当に読む人によって受け取り方が様々で、 「薪さんって、『そう』なんでしょ?」と結論付けた...

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。