スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TYTANIA-タイタニア-」第2話「天の城(ウラニボルグ)の四公爵」

タイタニア、第2話見ました。
OPは壮大なスケールで、銀英伝を彷彿とさせるイメージですね、といっても、私は銀英伝のアニメは見てないんだけど(笑)
いや、レンタルで1巻だけは見た記憶があるけど、多感な時期だったので、受け入れることができませんでした。
キルヒアイスの第一声に爆笑した記憶が・・・「星を見ておいでですか」とかいうセリフだったと思うけど、全然笑う場面じゃないのに、こう・・・小説の中の人物が動いて喋っている、しかも頭の中のイメージとなんか違う、そのことが、ショッキングでしたねえ(^_^;)
「銀英伝」アニメファンの方ごめんなさい。キルヒアイスの髪型とユリアンの髪型が、私にはダメだったんです(>_<)髪型は大事です!

話がずれました。えーとOPはタイタニア陣営で・・・なんだかちょっとした戦隊ヒーローものみたいに見えたりして?「タイタニアの五家族」がゴレンジャーみたいになってる・・・服の配色とか。レッドはやっぱりジュスランなのね。
軍服がもっとシンプルだったらカッコいいのに・・・・おっと、いっけね☆また愚痴から始まってしまいました。
*----*----*----*----*----*----*----*----*

戦いに敗れたアリアバート・タイタニアは、五家族会議に出席するため一族の本拠地である巨大な人口天体「天の城(ウラニボルグ)」に向かっていた。
藩王アジュマーンはコーヒーのほろ苦さを味わいながら、傍らの家令オブノールに問いかける。

「お前は4人の公爵達をどう思う。誰が次の藩王として、一族の未来を託すに値すると思うか」
藩王の問いに、家令はためらいつつも語りだす。

「アリアバート卿は、当主として申し分のないお方だと存じます。
ただ、個性に乏しく型にはまり過ぎているようにも思えます。
(4人の中では、1番かっこよく見えます・・・前髪はいただけないが)

ジュスラン卿は、従兄のアリアバート卿と異なり、強い存在感を放たれておいでです。
しかし時折、何を考えておいでになるのか分からぬ場合がございます。
(頑張ってください。私がこのアニメに夢中になれるかどうかは、あなたにかかってます!)

ザーリッシュ卿は、風格と迫力は一番でございましょう。
戦上手のツワモノではありますが、それ以外の面ではいささか不安がございます。
(え、あなた20代って本当ですか!!?)

イドリス卿は皆様の中では最も若きお方。
英気と才気に溢れる反面、それを凌駕する心の勢いが、ともすれば他者を傷つけることがございます
(そうですね、分かります。1話目から感じ悪さが漂ってましたもの・・・・長い髪を指でくるんくるんする姿にイラっときた)

・・・これは、私めとしたことが殿下の御許しを得たとはいえ、四公爵の方々を値踏みするような物言いを・・・」

おっちゃん、よう言うた!!

集まった四公爵の話題はもちろん「ケルべロスの戦い」
あってはならないタイタニアの敗北に、ザーリッシュとイドリスはアリアバートをせせら笑う。
悔しさをにじませた表情のアリアバートは、隣のジュスランを見る。

「何故平然としていられる、ジュスラン卿。我々タイタニアが栄光を害われ、鼎の軽重を問われようとしているというのに」

「われわれ?・・・それは違う。我々ではない、君だ。敗れたのは君個人なんだよ、アリアバート卿。タイタニアは不敗だ。今回は君の敗北であり、タイタニア全体の敗北ではない」

こういう辛辣な言葉にしびれます!!ああ・・・もっと・・・!!(←・・・?)
そこに藩王アジュマーンが到着し、「ケルべロスの戦い」が議題に。
またしてもザーリッシュとイドリスがアリアバートに厳しい言葉を浴びせる。
「勝つも負けるも敵あってこそ。そうは思わぬか」藩王の言葉を受けて、イドリスが敵将ファン・ヒュ-リックについての調査報告を語る。
ファン・ヒュ-リックは高名な軍人ではないばかりか、本来は軍人ですらなかったらしい。
20歳のときにエウリヤの商船大学を卒業し、事務員として客船や貨物船団などを転々とした挙句、タイタニアの戦艦に拿捕され収容所に1年収監されていた。
その後帰国したファン・ヒュ-リックは、準備金目当て(←・・・)にエウリヤ軍に入隊申請し、・・・その後酒場で知り合った女性のアパートで寝ていたところを軍警察に押さえられそのまま入営。ここで砲術士官としての才能が分かり、異例の昇進を遂げたのだった。
なんでも、恋人らしき女性がいたらしいが、収容所に入っている間に、他の男と結婚してしまったらしい・・結構女好きっぽいです、ファン・ヒュ-リック(笑)

ジュスラン「藩王殿下に申し上げます。今さらながら、ひとつ合点が行かぬことがございます。
エウリヤは何故、無名無経験なる男を司令官としたのか・・・。
エウリヤは始めから、負けるつもりで無名の将を登用したのでは」

一瞬の静寂。藩王が閉じていた目を開ける。

藩王「・・・・ジュスラン卿は、よく見た」


一方、宇宙の覇王タイタニアを破ったファン・ヒュ-リック。彼を待ち受けていたのは、意外にも「英雄」と称賛する声ではなかった。

「ばかものっ!!何故勝った!!!」市長の怒号が響く。

「はぁ?・・・あのう・・勝ってはいけなかったのでしょうか?」

「当たり前だ!まったく、両手を上げてさっさと逃げてくればよいものを、多数の敵と戦うとはっ。しかも勝つとは!!一体君は何を考えておったのだ!」

「あっ☆そういうことか~。なるほどねぇ。俺も含めて経験の浅い若い連中に作戦の指揮をとらせるから、ちょっと妙だと思ってたけど、やっと納得しましたよ。
・・・アンタ、裏で取引したんでしょう」

あ。直球。

口ごもる市長・・・図星だったようです。

ジュスラン「エウリヤは裏ではタイタニアに融和を求めつつ、自分たちの面子を保とうとしたのですね。
一戦を交え予定通り敗北し、急進派の暴走として片付けるつもりであったのでしょう」

実はタイタニアとエウリヤの間ですでに話がついていたと。
たまらないのはアリアバート。苦虫をかみつぶした顔ってこんな顔しれない。
ここでイドリスから提案が。それはファン・ヒュ-リックをタイタニア陣営に迎えるという驚きのものだった。

「まずは使者をつかわし我が軍へ来るよう呼びかけ、それに応じれば厚遇を持って迎え、応ぜざるときは非礼を罰してやるべきかと存じます。
タイタニアは人材を重んじる。しかし相手の増長と非礼には厳しい態度を貫く。この点を明確にしておくべきでしょう。
申し添えるならば、アリアバート卿においてはファン・ヒュ-リックを傍に置くことによって、愚かなる戦いの戒めとされればよいでしょう」

おま・・っ!!アリアバートが怒りでプルプルしてるのが見えんのか!!空気読め!!
あ。怒らせたいのか。こんなやつだった、そういえば。( ゚д゚)、ペッ


「それだけは認められん!!」怒りが頂点に達したアリアバートが声を荒げる。

「ファン・ヒュ-リックの一件は貴公らに任せる。飼い慣らすも良し、消し去るのも良し」
藩王が退出し、ザーリッシュとイドリスも去り、あとにはアリアバートとジュスランが残された。

「ジュスラン卿・・・(←この世の終わりのような顔してます)
貴公ならば、あのばかばかしい戦いに勝てたとでも言うのか?」

「俺がそう主張していたように見えるか?」

「そうは言わぬ。だがジュスラン卿なら俺にできぬことができるかもしれぬと思ってな・・・」

「アリアバート卿は敗北から学べばよい。俺から学ぶことなど何もなかろう。
先刻、会議が始まる前に心ないことを口にしたのは俺の軽率さだ。許してくれればありがたい」

「ジュスラン卿・・・」(←なんか励まされたらしい)

藩王「オブノールよ。今一度尋ねる」
「はい・・・恐れ多くも、やはりジュスラン卿ではないかと。
私の見るところジュスラン卿こそが総帥たる器量を備えておられるのではないかと・・・」
「フッ・・・ジュスラン卿か。だが・・・」

「タイタニアは強大で誇り高い。しかし、何のための強大さであり、何のための誇り高さなのだろうか」

ジュスランは隣に立つ女性に語りかける。

「私たちタイタニア一族は歴史の発展に貢献してまいりましたわ」

「タイタニアはタイタニアにしか貢献しない。俺に預言の能力があると思うか?フランシア」

「ジュスラン様がそうおっしゃるのなら、信じます」

「では覚えておいてくれ。タイタニアはいつか必ず、俺を頼りにすることになるだろう。
ただそれは、タイタニアが最も不幸な状況にある時だ。
だから俺の出番が無い方がタイタニアのためなんだろうな。

タイタニア無くとも、人の歴史は変わらない」

「タイタニアのいない宇宙、か・・・」
『宇宙でもっとも英雄的な失業者』ファン・ヒュ-リックは渡された報酬を手に、惑星エウリヤを後にしたのだった・・・。


*----*----*----*----*----*----*----*----*

フランシアが結構可愛かったです。
フランシアだけではなく、ほかの女性キャラも好みかも。
次回も期待して見ます。

漫画も出てますが、やっぱり原作がおすすめ。

タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)
(2008/09/12)
田中 芳樹

商品詳細を見る

タイタニア 1 (1)タイタニア 1 (1)
(2008/09/22)
ガンテツ田中 芳樹

商品詳細を見る

コメント

記事の内容とは関係ないコメントですみませんが・・・・・


薪さんの漫画描かれてたんですか!!!!????


しまった、見逃した!!!!!!!!!もういっかいうpなりませんか!!!!!????????なりませんか!!!!!???????????なりましょう!!!!!!!!!!!!!!

こんにちは!
やややっ!タイタニアのこゆうさんのレビューがスゴイことになってますー!
なんでウチのテレビはBS観れないんだろ・・・・orz
なんで、なんで、なんでーーーー!(TT)
原作も漫画も探したのですが、本屋では見つからず。(うわーん
軍服姿に萌えっときます。観たいーーー!
声優さんはどうですか?(観れないけど、気になるヤツ

こんにちは!しまりすです。
先程は、うちのブログにコメントありがとうございました!

「タイタニア」のアニメみてます~。絵がきれいでうれしいですよね。リディアのビジュアルがイメージじゃなかったけど、かわいいからいいかな、と思います。声優さんもあっていると思うし。個人的にはファン・ヒューリックの小西さんがいいです。

「銀英伝」のアニメは・・わたしも同じ気持ちです!
一作見ただけで挫折しました。細かいところですが、帝国軍の軍服がいやで・・他にも受け入れがたいところがたくさんありましたが。
ただ連邦軍のほうは・・ヤンとかは富山敬さんの声も良かったのでまだ見れたと思います。

ブログの内容がストーリーをちゃんと追われててすごいですね!私も見習いたいです!・・と思いますが・・無理かな。

梅もなか さん
すみません、勢いあまって変なもの描いてしまいました。
復活させましたけど・・・・・・・ごめんなさい・・謝っときます、先に(笑)
3コマしかないんですよ。でも3日もかかったという・・・orz
青木の髪型に苦戦しました。


葉月さん
こんにちは~(^.^)
え?本屋にないんですか。売り切れ続出!?いや、まさかそんなはず・・・(失礼な)
軍服かっこいいですよね!・・デザインによりますけど(笑)
タイタニア陣営の衣装が、個人的には好きじゃないんです。成金趣味というか・・・(^_^;)
声優さんは、私全然分からないんですよ~~。
思い入れのあるジュスラン以外は良かったんではないかと(マテ)
好きなキャラは馴染むのに時間がかかってしまいます。


しまりすさん
コメントありがとうございます(^.^)
わっ、しまりすさんも「タイタニア」ご覧になってますか。
絵、綺麗ですよね。公式サイトでバルアミーを見て、軽くショックでしたけど(笑)・・・やっぱり髪型は大事です!
ファン・ヒューリックは私も凄く良かったと思います。イメージにぴったりでした。
「銀英伝」の帝国軍服がダメでしたか。灰色。・・・で・・・えーと(←うろ覚え)
原作の世界を自分なりにイメージしてるから、アニメでのギャップを埋めるのは、なかなか大変ですよね。「秘密」も、でしたけど・・・(遠い目)





こん

こゆうさん、こんばんは。ともです。
ようやく。ようやくコメント・・・させていただきます。
(一番最新の記事にしていますが、場違いではないか心配です)

ブログ、いろいろなものが載っていて、私も結構、みているの多かったです。特に「SP」大好きです。映画、楽しみですよね♪

あと、隠の王や地球へも見てました。おもしろかったですよね!トォーニーのクリスマスツリー、吹き出しました。・・・でもあったら絶対買ってしまう!
今期お勧めの「TYTANIA-タイタニア-」も見てみようかな・・・。ノーチェックだったのですが、とても興味がわいてきました。素敵な情報ありがとうございます。!
私は、アニメで気になるのはとりあえず、録ってます!今期は、ガンダム、黒執事とスキップ・ビート!これは、ちゃんと毎週見ています。他のは、まだ録りだめ状態・・・いつ見れるんだろうな~遠い目。ちなみに・・・秘密の最終回(その2,3話前くらいから・・・)まだ見れていません、ハハハ。まず、こっちを見なくては!

こゆうさんの絵も、とても素敵でした。私は1万記念の薪さんがとても好きです。制服っていいですね。制服・・・薪さんは警察官だから、公式な場とかで絶対着てますよね。全然、考えたことなかったけど、制服・・・うわー。なんか萌えてきました“o(><)o”くう~!
加えて、薪さんの表情もかわいい。他の絵も全部、表情がかわいくて・・・色使いにも、ただならぬセンスを感じるし・・・いいなー。見ていて、幸せになる絵ですね。また、ぜひ描いてくださいね!(記念絵リクエスト・・・薪さんばかりで、最高っす!笑)

鈴木さんのイラストもツボにはいりましたっ。あの変わりようが、思わずニヤッてうれしくなりました~( ´∀` )

いろいろ書いちゃいましたが・・・その、突撃で申し込みさせていただきますが、こゆうさんのブログと、うちのをリンクをはらさせていただけますか?(m。_。)m オネガイシマス
では、また来ます!(←いや、来ていたんです。コメントしていなかっただけで)

ともさん
コメントありがとうございます~!
わ~~~、「秘密」以外の記事も読んでくださったなんて、感激です。
え、「秘密」の最終回見てないんですか(笑)あ、天地の回が見れないとかですか、ひょっとして・・・。気合い入れて見てください(^.^)
「タイタニア」は、ちょっと古臭い印象を受けるかもしれません。
何せ原作は20年前ですから・・・(^_^;)

薪さんの制服姿、清水先生の絵で見たいですよね!!!!!!
想像しただけで萌えます(笑)
というか、スーツ以外の服が見たいです。描こうと思っても、薪さんが似合う服が思い浮かばないんですよねー・・・・。
絵を褒めてくださりありがとうございます。
一応やりたいのはお絵かきブログなので(全然描けてないですけど)そこに反応があると嬉しいです。
リンク、うちにも貼らせてもらいますねーー!
よろしくお願いします(*^_^*)





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/222-1b8ae2f8

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。