スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「秘密」を振り返ろうなんて思ってみたりした。

・・・ホントにすみませんでした。土下座してお詫びします。

まとめの感想を書こうと思って、自分の感想を読み返してたら、とても酷くてカテゴリーごとサクっと削除したくなりました。
でも、たくさん頂いたコメントは私の宝物なので、恥を忍んで当分さらして置くことにします。
自分でも自覚はありました。あのような愚痴ばかりの頭の悪い感想は、見ている人の気分を害するだろうと。(よく苦情がこなかったもんだ。)
だけどここで吐き出さないとモヤモヤしてしまうから、言わばストレス解消だったんでしょうね・・・。まあ、それが後半自分の首を絞める結果になってしまうわけですが。
アニメはアニメと割り切って楽しんでいる方もいるんだ~と、気づいてからは、多少は抑えてたんですが(あれでも?・・・あれでも!)先日リンク先のかのんさんのアニメ最終回のレビューにコメントをしたら、こんなレスが・・・

>(アニメの最終回は)全く感動しなかった (←私のウルトラKYコメント)

↑レビュー読ませていただく以前に、こゆうさんならこうおっしゃるような気がしておりました(^^) (←優しいかのんさん・・・涙)

(゚△゚;ハッ!としました。

・・・そ、そっか~~~。もう滲みだしちゃってましたか、文面から(笑)
ならば隠す必要はない。
というわけで、初心に戻って「辛口だよ☆ダークサイドからこんばんは」でお送りします。



何がダメだったかというと(いきなりそこから)
近未来的な設定を感じさせない古さを感じさせる絵、色調。
話を盛上げるどころか、気分を萎えさせるスットコドッコイな音楽。
アニメオリジナル回のお粗末な事件に面白みのない展開、感情移入しにくい登場人物達。

・・・ためいきの連続でした。

感想を書く上で、愚痴ばかりを書くのもアレなんで、途中から良いところを探そうと躍起になった私が楽しみを見出したのが、室長でした。
アニメ版の薪室長、この人も原作とはかなり印象が違うのですが、冷静でもの静かで、いい上司という感じで、これはこれで受け入れることができました。
女装したり走ったり殴ったりヘリから飛び降りたり男の人とあんなことしたりぶら下がったり気絶したり気絶したり気絶しt
原作では絶対にお目にかかれないパラレル薪さん・・・この方の行動だけが毎週楽しみでした。
それに対して残念だったのが、青木さん。
初めてこの作品を見る人というのは、MRIによって死んだ人の脳から生前の記憶を映像化し、犯罪を解明するという設定にまず興味を魅かれると思う。
その第九に配属される新人青木。
彼の目というのは、読者や視聴者に最も近い存在であるべきなのに、1話目でMRIの画を初めて見る驚きや、興奮、もし自分の脳が見られたら・・・などという怖れの感情などがまるで感じられなかった。

「薪さん、僕にはこのMRI捜査が本当に必要かどうか分かりません。人の秘密はあまりにも重くて・・・」

こんなふうに1話目からいきなり悩みだしたので、もうこの辺から置いてけぼりな感じで・・・しかも扱う事件が第九じゃなくても解明できそうな事件だったので、どうにもこうにも感情移入しづらくて。
このウジウジ悩んでる姿と、原作にはないシスコンっぷりが陰鬱で、いえ、あの・・・真面目さは伝わってくるんですけど、どうも最後まで好きになれませんでした。

室長との関係が希薄なのも寂しかった。なのになぜか4話目にして「室長、なんだかんだ言っても青木のことがお気に入りですね。」・・・ということになってたりして「え・・室長なんで?青木のどこがいいんですか!?」とツッコまずにはいられませんでした。
室長という人物が男らしくて強い人物として(後半倒れまくったり催眠かかったりしたけど/笑)描かれていたためか、意外に脆い薪さんを支えてるっポイ忠犬青木(マテ)という図式が成り立たず、後半はなんというか室長一人で勝手に立ち直ってしまった感がぬぐえませんでした。
ああ、そうそう。そこも不満でした。
壊れそうな室長を正気に戻すのが鈴木や天地、小野木田の霊だったこと。
傍にいる青木の面目丸つぶれじゃないですか。
室長を一人で行動させたり「鈴木さんを撃ったように俺を撃てばいい」っていう酷いセリフを吐く人ですから、無理だとしても(笑)やっぱりそこは青木~~!お前が頑張らないでどうするよ!!
と、言ってやりたかった。言ったところでどうにもならないけど。

20話には触れませんが、あれでブログやめようとまで思ったので、それ以降の天地の死も、小野木田の死も、長嶺があっさり見捨てられたのも、冷やかに見てる自分がいました。
このアニメが終わったら、燃え尽きてしばらく更新できないんじゃないか、って思ってたんですけど、そうはならなかった。
逆にすごく気分が良くなってしまって・・・気づいてしまいました。このアニメの感想を書くのがストレスだったんだと・・・(^_^;)
バカですよね~~~(笑)
お見苦しいものを曝して申し訳ありませんでした。

アニメ「秘密」
個人的に選ぶ名(迷)シーンベスト3

3位・・・青木のネクタイをはずす室長(24話 「SEARCH MY BODY(後編)」)

なんといっても、室長の顔が綺麗だった!!それに尽きる。

2位・・・室長の女装(7話「見えない顔」)

ありえなさすぎて、面白かったから(笑)
あのころは全然笑いの要素がなかっただけに、相当キタ。

1位・・・鈴木が泣きながら薪に銃口を向ける。瞳が揺れ動く薪のアップ。(12話「来訪者・前編」)

今思えば、これがピークでしたね。私の中で。
期待しすぎて後編でとてもガッカリしたという(笑)

いろんなことに一喜一憂した濃い半年でした。
アニメを見ることで原作「秘密」の世界をより深く考えるきっかけになったこと、そして何より、この作品を愛する方たちと交流ができたことが私にとっては大きかったです。

コメント

秘密アニメ総評

あ、こゆうさんが帰ってきてる!
良かった。マジ心停止してるかと思いました(笑うとこです。ここ)

こゆうさんの秘密アニメ総評(?)いちいちなるほど~~と言う感じで納得です。いやいや、本当に酷いアニメでしたねえ(笑)思い出しましたよ。じわ~~っと。
が、そういう私は何だか最終回のラストのお花畑から先だけで
「あ~~室長、幸せそうだなあ~青木が側にいるもんな~なんかくるっと回ったりして~ルンルンだなあ・・あの人があんなに幸せならもう~良いか~~」
と、それまでのあの酷いオリジナル話まで許してしまいそうになったへタレです。

いや、何か死にそうだったから、あの人。生きててくれて幸せそうに青木と仕事していく姿、未来を見せてくれたので、ただそれが凄く嬉しかったのです。あのラストは全滅説もありますが私はみんな生きてると盲信していて
「そうか、私、薪さんにも誰にも死んで欲しくないのか」と実感したラストでした。
なんだかんだ言って、アニメから漫画原作にはまった方も結構いらっしゃるみたいで、それだけでも、アニメになって良かったです。
いや、やっぱり、動いてる薪さんが見られて嬉しかった。凄く嬉しかった。女装したり心停止したり楳図顔になったり何やっても可愛かった。
可愛かったよ薪さん。お疲れさまです。
こゆうさんも。是非是非今度は原作の感想でぶっ飛ばして下さいませ。
(ストレスにならない程度に・・・)

わははは、私も文句ばっかり言ってましたよ、アニメの感想。
絵のレベルは仕方ないにしても、初回からこんな事件でMRIかい!で、もうツッコミばかりでしたからねえ。
でも終わったら淋しかったですが(^^;
女装とか目隠しベッドとか、見てて「えー!!」ってのも、今となっては楽しかったです。

>どうせ原作崩壊してるんだから、このくらいやれば良かったのに。

確かに、いっそ潔かったかも(笑)
でもしたら非難囂々だったろうな~、一部を除いて(^^;;;

話変わりますが、地球へ…のカテ、読みました!
あのアニメは良かったですねー。
私は映画のアニメ観て原作読んだクチですが(歳がバレル)、TVアニメスタッフの愛♪を感じましたよ。
竹宮さんの別作品のキャラが出てきたのも面白かったし。
ちなみに私、断然ソルジャー・ブルー派でした。
TVアニメでは長生きしちゃって驚きましたが、それなりに活かされていて良かったです。

って、秘密じゃない話でスミマセン。

※秘密専用ブログを立ち上げました…お時間のある時にでもリンク変更していただけると嬉しいです。

あいからわず毒吐きレビュー最高に面白いですね!

こゆうさんのレビューは読んでて笑えるんですよねwww
すっごい共感できます!
まぁこゆうさんほどシビアには見てませんでしたが(笑)

個人的に選ぶ名(迷)シーンベスト3も良いっすね~
あ~もう可笑しい(>▽<)
このアニメってギャグじゃないのになんでこんなに笑えるんだろ?

あの漫画1Pイイですね~~~~
人と人の絡みが描けない、とかレスにあったけど、
めっちゃ描けてるじゃないですか!!
あれで連載しませんか?期待してます★

最後まで楽しませていただきました!
ありがとうございました(^^)/

私もアニメは最初好きになれなかった一人です。
まず、BGMがキライで~なんて古臭い音楽流すんだって思いました。
それから第一話は論外だったしぃ
第二話からちょっと良くなったけど~
青木がマザコンのアメリカ人役でシスコンになってたのもなんだかなぁって感じでした。
薪さんに至ってはこゆうさんのおっしゃる通り室長という別の人間が
あんなことやこんなことを(女装や目隠しプレイ)をしていて、
薪室長が倒れてもほったらかしで青木は抱きかかえに行かないしぃ~
アニメはホント見ているほうが心停止しそうでした。(笑)

こんにちは。

しばらくお見かけしなかったので、ちょっと心配しておりました。
お元気そうで良かったです。

こゆうさんのブログ本文に私の名前が出ているのを見て、なんだか照れてしまいました・・文中にリンクまで貼っていただき、お気遣いありがとうございます。

ウルトラKYコメントって・・・思わずフキました!(^^)
そんなことないですよ~。

こゆうさんがお書きになったアニメ感想も、辛口の時があっても、そこには深い「秘密」愛、薪さん愛が流れているので、読んでてイヤな気持ちになったことは一度もございません。

世の中には、「絶対原作読んでないでしょ」と思うのに、原作とアニメを対比させて論じてたり、最初からアニメだけ見ていたとしても、たまたま1話だけ見て、全く基本設定さえ理解もせず批判していたり・・相当ひどい感想が多々あって、そういうのはイヤでしたけど・・。

アニメはたぶん時代設定も近未来ではなかったですよね。
音楽もちょっと苦笑を誘いましたよね・・(^^;)
うんうん、分かります。

アニメ薪さん、そうそう、見ているうちに、これはこれで肯定しよう、と思えました。
色んな意味で(笑)大活躍でしたよね・・。

青木は、私は途中からしか見てないので、最初の頃のことは何とも言えないのですが、初めて見た11話が、「ごく普通の刺殺事件」だったこと、にも関わらず青木がものすごい行動に出たことに、ボーゼンとしたのを覚えています・・。

何話か忘れましたが、岡部さんが改めて「真っ直ぐなところとかが、鈴木さんに似ている」ようなことを言ってましたが、青木の前向きで真っ直ぐな正義感が、一体どこに出ていたのやら・・全く分かりませんでした・・そう、確かに、真面目ではありましたけど・・。

「青木がお気に入り」のセリフもそうですが、セリフで言わせてるだけで、描写として納得が行かない物も、多々ありましたよね。

貝沼編の後編では、青木もちょっと行動に出て頑張ってくれたかなという気はしましたけど、その後がさっぱり・・。

>やっぱりそこは青木~~!お前が頑張らないでどうするよ!!
↑これが全てを物語っていますよね・・青木君、頑張りどころが無かった・・(TT)

オリジナルではボーゼンとすることが多く、アニメ見るのは「苦行」とまで言ってた私ですが、それでも見続けて良かったと思いました。

やっぱり動く薪さんは貴重だったし、綺麗な表情の時は嬉しかったし、素敵な音楽(エンディングの「煙」)にも出会えたし、その曲と一緒に清水さんの原画をテレビで見られるのも貴重な瞬間だったし・・ラストも私的にはハッピーエンドと思ってるので、それが嬉しかったのもありますね。

ベスト3、2位はちゃんと見てはおりませんが、3位と1位のシーンは、私も思い入れがあります。
やっぱり、原作物の回が、圧倒的にオリジナルより印象深く出来ていたと思います。

>いろんなことに一喜一憂した濃い半年でした
↑私も、こゆうさんのお陰で、濃い3ヵ月半を過ごすことが出来ました(^^)
改めて、ありがとうございました!

室長のスカート さん
いつもコメントありがとうございました~(T_T)すごく支えになってました。
心停止なら、途中のアレで既に起こしてますので、ハイ(笑)
まあ、最終回で、というよりは、自分で吐いた毒にやられてのたうち回ってる状態です。ただただ反省です。
私も薪さんがもしかして・・・と、そこがとても怖くてならないんで、アニメのラストが平和だったのは良かったと思いますが、それで帳消しにできるほど、心が広くないんで・・・最後まで辛口感想になってしまいました。
お気を悪くされてたら、すみません。
室長のスカート さんの「秘密」愛も濃い~ですよね。
サイトなどはお持ちじゃないんですか?ずっと気になってたんですけど・・・あれば教えてくださいね~遊びに行かせてもらいます(^^)

原麻めぐみ さん
>>どうせ原作崩壊してるんだから、このくらいやれば良かったのに。
>確かに、いっそ潔かったかも(笑)
>でもしたら非難囂々だったろうな~、一部を除いて(^^;;;

・・・本当にやって欲しいわけじゃなく、ネタですネタ!(笑)
でも、さすがに見た人引いたかな・・・と思って、削除しました(^_^;)

アニメは初回からツッコミまくりでしたね!!
文句言いながらも、毎週楽しみにしてましたけど。中毒みたいなもんです(笑)

「地球へ」・・・いいですよね!私もブルーが好きです♪
テレビアニメだと、長生きしましたよね~。キースと対面したのにはビックリしました(^^)

コハルビヨリさん
ど、毒吐きレビュー・・・!?(笑)
楽しんで頂けたのなら嬉しいんですけど(^_^;)
そうそう、ギャグじゃないのに笑えるシーン多かったですよね。

・・・あの漫画は、さくっ!と無かったことにしました!!
やっぱり引くでしょ。なので、こっそりやります(笑)
連載なんてとんでもないです(滝汗)
あの3コマ描くのに3日もかかったんですから~~(>_<)無理無理!!

あみりんさん
>アニメはホント見ているほうが心停止しそうでした。(笑)

・・・ですよね~~~(笑)
ある意味心停止しましたけど・・・(ぼそっ)

>薪室長が倒れてもほったらかしで青木は抱きかかえに行かないしぃ~

可哀そうでしたよね、何回も倒れてるのに・・・(/_;)
青木!おまえは何のために室長の傍にいるんだ!!って言ってやりたかったです。何なら私が室長のかわりにビンタしたかったです。

かのんさん
ご心配をおかけしました(?)何とか生きてます(^^)
いやいやいや!!あれはウルトラKYでしょう。
わりと原作ファンの方は、最終回は感動したという意見の方が多いようで・・・・なんだか私、仲間はずれみたいで寂しかったです(笑)

アニメは時代設定は現代でしたが、現代にしても古いような・・・・という印象がありました。

>セリフで言わせてるだけで、描写として納得が行かない

そうなんです。もっと愛を注いで、丁寧に「秘密」の世界を表現してほしかったと思います。

こちらこそ、たくさんの熱いコメントありがとうございました!
あ、私の脳内も薪さん一色です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/214-d9515ef0

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。