スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ・秘密―トップ・シークレット― 第20話「誰も見ていない(後編)」その2

その1こちら

青木が線路に飛び込んだ!!
「青木ーーーー!!!」「青木さあああん!!」叫ぶ岡部と曽我。
間一髪、張を突き飛ばし、無事だった青木の姿にホッ。
「おい、大丈夫か!」
「何で助けた」
感染者を助ける方法を教えてくれと懇願する青木。
「奴らの命など知ったことか。卑怯でくだらない人間の命など・・・」
「世の中には、他人のために命を投げ出そうとする人もいるんだ!
・・・頼む」

青木の脳裏に浮かんでいるのは・・・命を賭して救いたいのは・・・

「頼む・・・っ、教えてくれ・・・」涙をこぼす青木

「・・・あんたがさっき逃した、あのお婆さんの血なら・・・
早く追えよ、あのお婆さんを!!」
ウイルスへの耐性の強い更年期の感染者の血漿が有効だと、救急車で運ばれる三好も言ってます。

さっさと現場から逃げ出した老婆は室長に呼び止められ、腕を捕まえられる。
「何すんだよっ、警察呼ぶよ!」
「死人の脳の中に貴方の顔が残ってました。
私は1度見た顔は忘れないんですよ」警察手帳を老婆に見せる。
「捜査にご協力願えますね」「は・・・はい」
急にしおらしくなった老婆の様子に微笑む室長・・・「んふ」だって「んふ」・・・(笑)
老婆の血漿によって、ウイルス感染者たちが順調に回復を始めた。

第九では、青木のウィルス感染がつけ爪による偽装だったとネタばらしがなされた。
三好先生は感染させてくれなかったんですね。
「あまり心配させないでください!」
天地とみちるに平手打ちされる青木は哀れですが、青木にはやっぱりMキャラが似合うと思いました☆

張の犯行の背景には何があったのか。
自宅と仕事場を往復するだけの毎日の中で、張は社会に対して次第に憎悪を抱くようになった。
同僚ともなじめず、孤独な彼が楽しみを見出したのは、秘かに培養したウィルスを東京中に撒き都内を死滅させる、そんなシュミレーションだった。
そんな彼が唯一、心を寄せたのは、偶然入った薬局で働いていた薬剤師・里中だった。
里中は3年前に帰化した中国人で、時々故郷の言葉が口をついてしまうことがあったという。

「要小心(お気をつけて)」

故郷の同じ言葉を話す女性に逢いたくて、張は薬局に通いだす。それは一方的な片思いで、薬の受け渡し以外は特に会話を交わす間柄でもなかった。
好きな女性にも話しかけられない、張は孤独な中で自らの命を絶つことを考えたが、(ウィルスを抱いてどこかの山中で死ぬつもりだったらしい??・・・ここも原作と違いますね)
最後に一目会いたいと願った里中を、無残に目の前で刺殺された張の胸に湧き上がった思いとは・・・。

「それだけでは張が連続殺人まで犯す理由にはならないでしょう。
なぜそのままでも死んでしまう感染者を、改めて殺さなくてはならなかったんでしょうか」
「それについては、里中恭子の脳に答えがありました」

刺された里中に必死で呼びかける張。(二人の会話は中国語)

「あのお婆さん、大丈夫・・・?」
絶命寸前の里中が気にかけていたのは、席を譲った老婆のことだった。

「!・・・・大丈夫。あのお婆さんは今、救急車を呼びに行ってるよ。元気だよ、大丈夫」
張の目から涙があふれ出す。

「みんながすぐに、助けてくれるからね・・・・」

駅についた車内には、横たわる里中と、それに寄り添う張、ふたりだけが残された・・・・。

張が連続殺人を行ったのは、ウィルスが拡散するのを嫌ったためと、見て見ぬふりをした乗客達への憎悪からだった。


廊下を歩く室長がふと視線を外に向けると、青木と三好がベンチに腰かけていた。

青木「解剖台で眠るほど仕事をするのは、忘れられない人がいるからですね」
何も答えず目を伏せる三好。
青木は休職届を出した三好を何とか引き止めたいらしい。

「・・・ここに居てください。僕が鈴木さんのことを忘れさせることはできませんか!?」
なぬぅー!?「バカがっ!思い上がりも甚だしい!!」と心の中で呟いてみる。

「あなたは彼に似ているの。・・・だから余計に思いだしてしまう」
「残酷ですね。僕はその人とは違う。最初にあなたを見たときから、僕はあなたにずっと、憧れていました」
「鈴木君の目を通してね・・・私はつまらないオバサン。がっかりしたでしょう」
「そんなことありません。現実のあなたはもっと素敵でした」
「嬉しいわ。でも、ごめんね・・・私はまだ・・・」

別れを告げ、立ち去ろうとうする三好の手を青木が握る!
おお!?積極的じゃないか!
そんな青木の顔をまじまじと見つめた三好は、
背伸びして背の高い青木にキスをした。

(゚.゚;ぇ (゚O゚;)ちょ Σ<(゚□゚||)>!!!
これ室長見ちゃってますけど!!!?ひ、ひど・・・

後編の見どころというと、張を捕まえる青木、青木と三好のキスシーンだと思うんですが、張を捕まえる青木には怒って欲しかった。原作のあの怒りの涙にも私は泣いた口なので(←すぐ泣きます)、「頼む」なんて犯人に懇願する姿は違和感ありました。(4巻はとても青木が男前だと思います!)
キスシーンは、やっぱり原作が映画みたいで素敵ですね。雪子さんもさばさばしてカッコいいし。後編の雪子さんは、普通の女だったなあ。

「もう少し、待って・・・」思わせぶりな言葉を残して、去っていく三好の背中を切なげに見送る青木。

『ふたりが惹かれあうのは、分かっていた』

青木の姿を遠くから見つめる室長の表情が・・・表情が、あ?ああっ?!!
切なげなんですけどーーーー!???

この状況で室長にこんな意味深な表情をさせるってことは、あの・・つまりそっちにもってくってことなんですか?
本気で本気ですか??今まで微塵もそんな要素なかったのに、唐突すぎませんか。大丈夫なんですか、これ。
原作5巻における、あの三好発言って、薪さんが何も語ってないこともあって、解釈が分かれるところで・・・薪さんの難解で複雑な感情をこのアニメで描くことが果たしてできるのかどうか、かなり不安です。

次回「侵食」予告で小野木田さんが斧を振り回してましたけど、どういう状況なんですか(汗)こ、怖い・・・。



















はい?何も書き忘れたことなどございませんが、何か?

・・・・・

・・・・ダメ?

この私にアレの続きをどうしても書け、と?
(あなた、どうしてそんな意地悪・・・!!!)

あ、そう。では・・・


衝撃に備え、各自 防御の体勢を整えよ!!




―ぴちょーん・・・(滴が水面に波紋を描く)


流れるシャワー。暗闇に浮かびあがるベッドのシーツの海

そこに横たわる、目隠しをされた裸の室長―・・・

室長の喉仏をツツーっと指先でなぞり上げる指

その手がガシっ!と室長の細い首を締めあげる!!


ぎゃあああああああああああああああああ

まさかの目隠しプレイキターーーーーーー

ハンパねー!ハンパねー衝撃!!!!

ちょおおおおおお!!く、首絞めんなーー


ハ・・・ハフハフ・・・落ち着け、わたし・・・。

この場面が出たことに驚いて、私は最初気がつかなかったわけですよ。
・・・・・あのことに。



すみません、続きます。コメントレス遅れてます。
あとで手直しするかもしれません。



コメント

後編私も見ました。
おぉ、今回は結構上手くまとまっていたと思います。
個人的には女性陣の後に薪さんがビンタッな展開があれば良かったかなぁと頭の隅でふと思ったり。(このバカッ!と一喝&怒り顔)
ラストの三好と青木を見守る薪さんの表情がまた切なくて…やっぱりあの表情からすると原作と同じように青木の事を…な展開になるのでしょうか。
アニメはどちらかと言うと本当に、上司部下な感じだったのにいきなりの展開にびっくりしました。
『え?そんなに親密でしたか?あなた方…』と思わず突っ込んでしまいました。原作ならまだ分かるのですが。

しかしラスト一分はホントにびっくりしました。
えぇー??原作のアレをやっちゃったんですか?と内心パニくってしまいました。…実は動揺しすぎて詳細を良く見てなかったんですが十分衝撃でした。
今後の展開に影響してくるのでしょうか。

次回予告が何やら小野木田さん裏切りフラグ?な感じでちょっと楽しみです。
では この辺で

前編、中編とコメントさせていただき、遂にここに至りました(^^)

赤い車・・やっぱり笑っちゃいますよね(^^;)
最近アニメの薪さんの横顔は綺麗ですよね。正面顔はその時によると思うんですが。

青木の跳躍には心底びっくりしました。
OPの後のワンシーンにあったので、イヤな予感(笑)はしておりましたが・・。

薪さん、お婆さんに微笑んでましたね(^^)
警察手帳の威力・・と言うより、薪さんの美貌に落とされた感じもします・・(この辺も原作のあの薪さんとは違いますね~)

今回の事件で、3人の女性に平手くらいましたね・・青木・・そういうキャラでいくのか、アニメ青木・・。

原作と違うのは、バイオテロを実際にやろうとしてたけど失敗したとか、里中恭子と偶然乗り合わせたとかは、アニメ的に分かり辛いと思ったのかもしれませんね。

アニメ青木・・原作より口数多いですよね・・雪子にくどき文句炸裂・・。
でもキスするのはやっぱり雪子からなんですね。

そうそう、前編では強さを見せた雪子が、後編まで来たら「嬉しいわ・・」なんて・・やっぱりキャラ違うっ!と思いました。

青木もどうも何だか爽やかさが無いというか、粘着質というか・・「頼む」「教えてくれ」って・・。
原作での青木のこの時の渾身の怒りのセリフは、中編でカットされた薪さんのセリフに並ぶ重要なセリフでは??(TT)青木もキャラ違う(これは最初から分かってたことですが)・・・。

そう、青木と雪子を見つめる薪さんのこの表情。
どちらかというと、原作の方がこのセリフの時の薪さん、表情を変えてませんよね。
それが思いっきり寂しげな瞳のアニメ薪さん・・。

かといって、これまでの推移からして、薪→青木は唐突過ぎると私も思いまして、だったらこれは、薪→雪子←青木な方向に持っていくのかなと思ったり(その方がアニメ的には自然だと思ったので)

ただ、最後に薪さんが見つめてるのが、去っていく雪子の方じゃなくて、青木だったので、これはもしかして原作路線で行くのかな? 今後に何か展開させるのかな? とも思いました。

そう、ここで終わりだと思いました。

まさか、まさか、この後にもうワンシーン来るとはっ!!!
水音が流れた時は、エンディングが変わったのかと思いました。
次の瞬間、あんな室長のお姿が現れるなんてっ!!

もう、うろたえまくりでございました~~(><)
しかもしかも、原作ではハッキリさせなかった「ホントにあれはベッドシーンなのか?」とか「相手は女か男か?」とかいう曖昧さを飛び越えて・・・ひゃ~~~っ!!

いえ、この年にもなれば、大抵のことでは今更うろたえませんて(笑)
例えば、同じようなプレイ(?)のシーンが何かのドラマで出てきたとしても、「あーお好きにどうぞ」っていう、冷めた見方になると思うんですね。

それが、薪さんがらみだと、まるでいたいけな少女のように(?)オロオロとしてしまう自分が居る・・薪さん、つくづく罪な方です(笑)

こういうのって、「何をしてるか」ではなく、それを「誰がしてるか」によって感情が揺さぶられるもんなんですね~(しみじみ)・・。

え、ちょ・・・・まだ確認してな・・・・・・

首絞められるんですか!!!!!。いのちがきけんだ!!!!!。

そしてまさかの女性陣からの総ビンタですか!!!。早く見たい・・・・・・。

初めてコメントさせて頂きます!



私は薪さんの声優さんが好きでこの秘密のアニメを観始めました。

で、最初は絵も音楽も苦手で(汗)ストーリーもそこまで興味をそそる感じもなく(笑)凄く残念に観てました。
途中ちょっとBL要素が含まれてるのかな?
ぐらいに観ていて、そこまで気にしてみていなかったんですが!!

急に20話のラストであんな場面が出てきて、正直目が点(笑)になってしまいました!!

「へ?いったい何がどうして目隠し!?」
「これ、室長?だよね・・・?」(汗)

このアニメってBLだったの!?と、凄く頭が混乱してしまってました!
で、変に興奮(笑)してしまって、この目隠しの意味は一体何なんだ!?と思いまして、原作を知ってる方のコメントを見よう!と思い、このサイト様を拝見させて頂いたと言う訳なのです。

とても原作が好きなんだな~!と思うような内容で、色々面白いコメントもされてて、読んでて凄く楽しめました!秘密のコメント1話分から全部読んでしまいました!(笑)☆

で、原作買おう!と本気で思いました!!
管理人様の
「ここのセリフは言ってほしかった!」
と言うような内容を見ていると、どうしても原作を読んで、その部分を共感したいな!と思ってしまったのです(><)
あと、室長の美麗さや、アニメとは違う可愛らしさを凄く見てみたいです(笑)
これから、アニメどのようになっていくのか色んな意味で(笑)興味があります☆
管理人様のコメント楽しみにしています!!

あと、声優ファンとしては「無限の住人」の主人公が、室長と同じだと気づいて下さっていたのには感激しました(笑)
スミマセン、ここにコメントしていいものか迷ったのですが(汗)

またコメント拝見しに来たいと思います!
長文でスミマセン。

感想、お待ちしてましたぁ☆

後編で言いたいことはひと言。
青木が張に対して怒りのあまり怒鳴るセリフはどうしたぁ----っ!
「世の中には、他人のために命を投げ出そうとする人もいる」じゃダメなんだょぉぉぉぉぉぅ。
しかも頼んじゃダメだよぅぅぅぅぅ。

…と、見ながら叫んでました(^-^;



えっと?
最後の1分間?
えーと、えーと。
なんかありましたっけ?(さわやかな笑顔

薪さん、唇きれいですね(*^-^*)


…というわけで(をい!)。

あ、サイトはですね……かなりマイナーなあるゲームのサイト……なので……。
一般向けでもないですし……←このニュアンスで!(笑
それでも受けて立つ!とおっしゃっていただけるのであればURLお知らせしますね☆

自分のコメントについて

スミマセン、↑のコメントで、

「初めてコメントします!」

って打ったはずなのに入力されてなかったみたいで・・・。
凄く失礼な感じになってましたので、改めて書き込みしてみました(汗)
ウザくなってたらすみません(汗)

遅くなりました、コメントレスです。

はやぶささん

室長のビンタオチいいですね(笑)
「このバカ!心配したんだぞ!!」なんて口が裂けても言わないでしょうけど。
実は感染していなかったと、青木の口から聞かされたときの室長の顔が見たかったです。原作で。

>『え?そんなに親密でしたか?あなた方…』
ですよね~。原作未読の視聴者はついてこれるのか、心配です。
次回の小野木田さん気になります。
これを皮切りに、第九メンバー死人続出!な展開にならないように祈ってます。ひいいい(>_<)やりかねない・・・このアニメなら・・・。

かのんさん

あのラストの殺傷力はとんでもなかったです・・・。

>曖昧さを飛び越えて・・・

それが問題だと思うのです。
原作であれを曖昧に表現している以上、アニメであのような表現をするべきではなかったと思います。
・・・少なくとも、私は傷つきました。
私も薪さんがらみだとオロオロしてしまいます。
皆さん薪さんが好きなんですね☆

梅もなか さん

私のいのちもきけんだ!!!!!
昨日自らカウント14444を踏んでしまいました!!
私のいのちの心配をしてください(笑)

蛍さん

初めまして!
蛍さんは関さんのファンの方なんですか。
「秘密」のラジオ放送を聞いて、面白い方だと思いました。あの番組下ネタ多いんですけど・・・(笑)
「無限の住人」は関さんハマり役ですね。見たいんですけど、レビュー書いてるアニメの視聴で手一杯な状況です。
そうですよね、あの展開はいきなりすぎて意味分かりませんよね(笑)私もここにきて、何故ああいうふうになるのが理解できません。
一応、「目隠し」の場面は原作でも登場することはするんですが、そこに至るまでの話や、目隠しの意味、薪さんの苦悩などがキレイさっぱり、アニメでは削られており、全然!!表現方法が違います。
原作は十分読み応えがある作品なので、ぜひ!お読みなってくださいね~!
感想など頂けると嬉しいです(^^)

SAKURA さん

私も、青木には怒って欲しかったです。
なんか変にいい人になってしまってましたね・・・。

・・・最後の1分はなかったことにしましょう(*^-^*)
そうだ!それがいい!!!!!もう書かない!!(ぇ

えっと・・・え?一般向けではない・・・・とおっしゃいますと・・・??。
・・・・受けて立ちましょう!!!
そうだ!それがいい!!!!

こんにちわ!
続きが来ましたねっ!

今回は青木のヘタレっぷりに苛立ちましたね。
ラストの男らしいカッコいいシーンは何処へ?!

室長の「んふ」て可笑しかったですねw

ですよね、三好のキャラ前半と後半て
別人のように変わってましたよね。
しおらしくて気持ち悪い・・・

”この場面が出たことに驚いて、私は最初気がつかなかったわけですよ。・・・・・あのことに。”
てなんのことですか?

ラスト一分はもう一週間たったこともあって冷静になりました。
まあ、いらぬ妄想は尽きませぬが・・・

続きは本日ありますね!
楽しみです(^^)♪

三好は恋しはじめてるから変わったんでしょうね。
誰にってそりゃ、鈴木に似た人ですよ。

コハルビヨリ さん
アニメの青木のキャラ設定はどうも苦手です。
あの容姿で優しさ(・・・ヘタレにも見える)を前面に出してしまうと、なんだか全然魅力が感じられないんですけど・・・・(汗)私だけですか・・・。一人称「僕」だし。
あのこととは、あのー・・・そのー・・・お相手のことです。
1回見て気が付きませんでしたから。
今までのような感想はもう心情的に無理かも・・・というのが本音です。


ぷりんさん
まさか・・・!!あのヘタレ青木に
ですか・・・・!!(←失礼な)
まあ、恋をすると人は変わるといいますから、ね。
あれが恋というのなら、ですけど。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/185-28ddee1f

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。