スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠の王 第七話「決する心」ちょいと感想。

「よく考えて下さい。私は今あなたたちの秘密を人質にとっているんですよ」八重

はっ!Σ( ̄□ ̄;)ひ、ひみつ!?
最近「秘密」というキイ・ワードに過剰反応してしまう私です。


壬晴らの前に現れた戸隠の里の首領・織田八重。
長い黒い髪のベッピンさんで、ビシーっとしたスーツ着てかっこいいです。

「あなた方、萬天の忍びに是非、協力をお願いしたいの」

彼女の依頼とはユージン・フロスティという人物の暗殺。報酬は戸隠の禁術書“飯網心眼”だという。
“飯網心眼”とは、相手の心が読める秘術らしいです。
秘術で4人の心を読み、それをばらされたくなければ、依頼を受けろ、と涼しい顔で脅します。

(虹一の秘密ってなんなんでしょうか?まったく見当がつかないんですが・・・)

壬晴の深層心理に入った八重は「森羅万象」の力の片鱗に触れ悲鳴を上げます。
その隙をついて攻撃する雷鳴と虹一。
を、止めたのは雲平先生。
今回、作画がイマイチでしたね。珍しく先生の髪型に萌えませんでした。
(雲平先生の髪型が大好きです)
禁術書に目がくらんだのか、過去を壬晴に知られたくなかったのか、
依頼を引き受けてしまうのでした。

東京で開かれる環境会議に出席する暗殺対象者のボディーガードには灰狼衆。宵風の姿も。

「こんな仕事はさっさと終わらせる。俺一人で」雲平

「俺には俺の忍道があります。
俺は誰も殺さず、殺させず、この世から秘術を消してみせます」っていう、
いつかの言葉と矛盾してませんか?
それとも気が変わったのか?
結局殺せないとか・・・う~ん。次週どうなることやら。




【送料無料選択可!】隠の王 1 [CD付初回限定版] / アニメ


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/122-42dcfe40

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。