スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「隠の王」第三話 「襲撃」

霞の幻術で隠されてあるはずの風魔の里の霧が晴れている・・・。
風魔の里を訪れた4人は里の異変に遭遇。傷だらけで倒れている風魔忍の口から灰狼衆5人に里を襲撃されたこと、そのなかの一人にバケモノがいると聞かされた一行は厳しい表情に。
灰狼衆の目的は風魔の禁術書というものらしいです。それっぽい巻物を大事そうに抱えた風魔忍が逃げ惑っておりますが、見るからに弱そう・・・あえなく敵に追いつかれてしまいます。
禁術書を命がけで守る風魔忍に銃をつきつけ、「どいつもこいつも将軍仕えてた頃の忍びみたいにオカタイ奴らだ」と灰狼衆の男・雪見は嘲笑し、迫力で巻物をゲット。任務を遂行し、帰還しようとしたところに、壬晴ら4人がダダダーっと登場。おお、走り方が忍びっぽいです。
灰狼衆3人と雲平先生、虹一、雷鳴との戦いを冷静に眺める雪見の隙をついて禁術書を奪い返し逃げる風魔忍。そんな様子を見ても雪見は余裕をかましてます。
「宵風ー!あれの始末を頼む」
そこにシュピーンと現れたのは帽子をかぶり黒いコートを着て上空を飛ぶ男、宵風(よいて)。
ぎゃー!!出た、宵風!!ふわりと風魔忍の行く手に舞い降り、人差し指をドーンと向けただけで、あわれ風魔忍は絶命してしまいます。

「・・・森羅万象がいる」

うはっ。久し振りに聞いた、サイガー男ボイス・・!!
年明けてから放置していた「神霊狩」を少しずつ視聴再開しているんですが、斎賀さんが普通に女性の美しい声ということが新鮮でした。声優さんってスゴイ。

「灰狼衆は強力なカードを持っているな」

宵風が禁術「気羅」の使い手であると察した雲平先生は忍びの極意その2「逃げるが勝ち」を命令、一同踵を返して走りだします。
いや、先生・・・そもそも最初の異変に遭遇した時点で危険は十分に予見できたわけで、そこで帰ってたら巻き込まれることは無かったのに。忍びとはいえ先生以外は女子供。その中の一人は守らなければならない「森羅万象」壬晴。保護者として、撤退の判断が遅かったんじゃ、先生?(な~んてことをストーリーの都合を考えないで書いてみた。)

雷鳴「敵に背を見せるなんてサムライじゃないっ!!」(キミ以外は侍じゃないって(^_^;)

先生「いや、そもそも里に入るべきじゃなかった」(気付くの遅いって(-_-;)

逃げる一行の前に立ちはだかる宵風。3人を逃すために一人残る先生。
灰狼衆に探りをいれるために敵に立ち向かう雷鳴。雷鳴が探している人物がどうやら灰狼衆にいるようで、その人物に並々ならぬ憎悪(・・・なのかな?)を燃やしているようです。
壬晴と逃げる虹一の手裏剣が・・・大きくなっちゃったー!!(あれ?これ、原作だと壬晴がやるんだよね。壬晴はひ弱守われキャラに?)
敵を倒した虹一に「優しい顔してやるじゃない」と声をかけたのは雷鳴。

「忍びは命を懸けて戦っているんだ。敵に情けを乞うくらいなら隠の世から逃げ出せばいい」ずばばば~ん☆ キマッタ、忍びメガネ!!

面倒くさくなったのか、目的を果たした雪見はきりあげていきました。

一方、禁術「気羅」の使い手・宵風と戦う雲平先生は劣勢においこまれて・・・ああ、なんか血がいっぱい出てますよ( ■ ;)
逃げる途中で先生を見つけた壬晴は「来るな」という制止も声も聞かず、雲平先生の所へ。表面では無関心を装っていますが、心配なんですね。
加勢した虹一と雷鳴も全く歯が立たずやられてしまい、壬晴の右目も気で(?)撃たれ・・・ぐあああ~!

「うあああああっ!!」逆上した先生は再び宵風に戦いを挑みますが、今度は額に気を撃ちこまれ、ビキビキいってます。ピンチです。見かねた壬晴は
「用があるのは俺だけなんだろう。先生を放せ。みんなには関係ないんだ。俺が望みなら伊賀の里だってどこだって行くから!!」
「ふざけるな!!どんな犠牲を払っても秘術を渡してはいけないんだ。それなのにお前がそんなこと言うんなら俺達がいる意味がないじゃないか!
関係ないって言ったな。俺達は関係ない方がいいのか!」ここから逃げろと言う先生に無関心な壬晴の表情も悲しげに曇りますが、宵風の攻撃は激しさを増し・・・

「やめろおおおお!!」

そのとき壬晴の叫びに呼応するように巨大なネコ科の獣が現れ、宵風をなぎ倒します。
「私の庭をずいぶん汚してくれたものですねぇ・・・」獣の姿から人に戻った彼は、風魔の里の首領・風魔小太郎その人でした。。。つづく。

風魔の禁術書を手に入れるべく灰狼衆を差し向けたのは服部柊十郎という、マスメディアにも登場する有名な政治評論家兼コラムニスト(・・政治家だと思ってた、このおじさん)で、何か腹黒いことを企んでいるようです。その計画とやらに必要なのが風魔の禁術書。黒幕も早い段階で出たし、展開早くて見やすいです。宵風が期待以上に良くて、ますます楽しみです。


隠の王(2)

にほんブログ村 アニメブログへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirononeko.blog111.fc2.com/tb.php/104-bda1fd62

隠の王 第3話 「襲撃」

壬晴たちがたどりついた風魔の里はいきなり壊滅状態! 風魔禁術書を狙った灰狼衆たった5人に…。 いくら強い敵といっても弱すぎるよ風魔(...

アニメ「隠の王」 第3話 襲撃

――行け!六条!! 皆フルボッコで俺涙目な第3話。 最後のネコパンチにちょっと癒された、「隠の王」第3話のあらすじと感想です。 (あ...

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。