ドラマ「ハチクロ」の感想を書こうと思ったんですが。

ここまで原作とかけ離れるのなら、もう、いっそのことタイトル変えたらどうですかね?

「ハーフパンツとTAKOYAKI」

とか。・・・・おお・・・ネーミングセンス無さ過ぎてちょっと落ち込んだよ?

最新の「コーラス」でハチクロのスピンオフストーリーが掲載されていました。ええ、もちろん買いましたとも。
はぐ役の璃子ちゃんと竹本役の生田斗真君のインタビューと、漫画はその後のハチクロメンバーの様子が描かれてました。竹本と森田さんが出てなくて少し寂しく感じましたが、また次の機会に、ということでしょうね。
今春ハチクロのイラスト集が出るそうで・・・!!絶対買うよ!!待ってました。

最終回までは見届けますが、感想は苦しくなってきました・・・。うう。

ドラマ「SP」最終回。

最終回のヒント「見終わった後に うえええぇぇぇぇ!!ってなります。」と井上を演じる岡田君がめざましテレビで言ってましたが、いや、マジで「うええぇぇぇ!!Σ( ̄ロ ̄lll」ってなりました。

山西の銃弾につぎつぎと倒れるSP。倒れた山本から奪った銃の安全装置を解除している隙に、井上は麻田首相を連れて退避します。(逃げるより撃ったほうが早くないか?と思ったのは私だけですか?)
ようやくたどり着いた尾形が倒れているSPの面々の無事を確認。あ、防弾チョッキ着てたんですね~。揃いも揃って見事な倒れっぷりだったので、ぴんぴんしている姿に笑いすら浮かんできました。

負傷している井上は血を流しながらも首相を引きずりながら音楽ホールへ逃げ込みますが、首相も体力の限界(どっかの部屋に入って鍵かけちゃえば?と思ったのは私だけ?)・・・山西に追いつかれてしまいます。
足がもつれて倒れこんだ首相に表情も変えずに銃口を向ける山西。自分の両親を殺された事件の黒幕ともいえる人間を護るためにとっさに首相に覆いかぶさる井上に熱いものがこみあげてきました。

「こいつは命を捨ててまで護る価値なんかない奴なんだぞ。どけ。」

「これが俺の仕事だ。」

20年前の事件の真相が山西の口から語られますが、井上のSP魂は揺らぎません。
再び首相に向けて銃が向けられた瞬間、笹本の放った銃弾が腕に命中。銃を落とした山西はナイフを取り出して襲い掛かりますが、尾形の銃撃で胸を撃ち抜かれゆっくりと倒れます。
倒れた山西の傷口を抑え「救急車を!」と叫ぶ井上。どんな気持ちだったんだろうか。ここの場面泣けました。

ひと月後。自殺に見せかけたと思われる西島理事官の姿が。公安田中「西島さんは何をしたかったんですかね・・。」ほんとにねぇ。

警護課に、新顔が登場。んんん??首相をぺイント弾で撃ったスナイパーではないですか。新しい理事官は尾形の後輩らしいですが、(なんのサークルだ?公安田中なら知ってそうだ)なんだかイヤ~な雰囲気を漂わせてます。おお・・こりゃまた尾形さんが苦労しそうだと思ってたら・・・。

「西島先輩は残念でした。」新理事官が小声で話しかけます。

「仕方ないだろう。大義のためだ。」と無表情で返す尾形。

うええええええええええええええええええええええええぇぇぇ!!

その負の気配を察知した井上が尾形を鋭い目線で見つめています。対峙するふたり・・・・。

最終回にきてこの展開?お、お、尾形さんがアッチ側の人間だったなんて・・・!!「大義」ってなんですか!くっそ 私のトキメキを返せ~~!
尾形さんには井上が困ったときにそっとネクタイを差し出してくれる良き上司でいて欲しかったよ・・・。
でもここで堤さんが尾形さんを演じるワケが分かった気がします。過去の事件の記憶を主人公と共有する善良な上司、という役どころだと物足りないというか、弱いというか。
井上VS尾形・・・怖いけど、俄然面白くなってきました。
4月にスペシャルドラマがあるそうで・・・でも総集編的な内容なんだろな~。

sp最終回 - コピー

ドラマ「ハチクロ」3話。

「どうしたの、元気ない顔して。
そういうときはね、素振りが一番だよ。」

だれか、釘バット持ってきてくれないか・・・!うちのテレビ、ハチクロのストーリーがおかしいよ??バットで叩いたら直らないかなぁ?(注・原作ファンです)

花火大会の夜。あつあつの美味しいたこ焼きを森田に食べさせたくて走るはぐ。
約束した場所には森田と竹本が。

ありえない、ありえないよ!竹本のために一肌ぬぐ森田さん!はぐが好きじゃないのか?

次週予告。「私森田さんのことが好き」

ありえない、ありえないよ!森田さんに(?)告白するはぐ!ええええっ!??

なんだこの展開。もはや「ハチクロ」にあらず。

ありえないついでに、ありえない配役を勝手に妄想してみました。
ある朝結婚会見を見て、「リアルローマイヤ先輩!?」と思って・・・加工してみました。井○康生さんです。
思ってたより良くなくて意気消沈。
ローマイヤ候補生

ドラマSP10話。


死亡フラグ!?


石田さんがこんなこと言い出したら危ないよな~と思ってたら、子供の写真を見つめるシーンが!手に汗握る10話でした。

永正大学・永正記念館落成式に出席する麻田首相の警護が今回の任務。会場には、拳銃を持つ山西、狙撃銃を持ち屋上に潜む謎の男、ナイフを持った大男が、それぞれ首相を狙っています。

両親を奪われた20年前の惨劇に関係する麻田首相の警護を命じられた井上は、どこかうわの空。
式典が始まり、強いめまいと頭痛に襲われた井上の表情が一変します・・・黒井上覚醒!??(ここの岡田君の演技好きだ)
麻田首相のもとへ歩み寄る黒井上。

「覚えているか」

銃の引き金をひく井上。首相が撃たれた!!・・・が、それは井上の妄想でした。ん??ここで妄想終了ですか・・・??あれ?じゃあSPの面々が撃たれてしまう場面は・・・(°_°;)ハラハラ(; °_°)

危険人物大男を発見する井上。山西を確認して動き出す尾形・公安田中。そのとき銃声が鳴り響きます。スナイパーが屋上から首相を狙撃。赤く飛び散る液体・・・それは血液ではありませんでした。ペイント弾ということは、スナイパーの目的は首相の暗殺ではないということでしょうか?謎です。
発砲で会場は大パニックに。井上はナイフを持って襲ってきた大男の攻撃を腕で受け止め負傷したようです。
逃げ惑う群衆の中、首相は山西に銃口を向けられます。SPが撃たれ、首相を守る盾になって石田・山本・笹本も次々と銃弾に倒れてしまいます。呆然とする首相に山西が静かにつぶやきます。

「覚えてるか?」と。そして指が銃の引き金にかかり・・・・。つづく。

ああああああ!!妄想じゃないんだー!SPのやられっぷりに涙目。マルタイを守る盾になるしかないのか・・。
笹本の設定が「射撃の元オリンピック選手で、拳銃の腕前は男性をはるかに凌ぐ」ってあるんですが、活かされる余地もなかった。
次週いよいよ最終回。楽しみがなくなってしまう・・・。

劇場版「地球へ・・・」を見ました。

「人類対ミュウ。この戦いはおそらく地球の意思だ」

劇場版の「地球へ・・・」を見ました。


思ったことを書きなぐってみました。ネタばれあり。

続きを読む »

ドラマ「ハチミツとクローバー」2話。

「東京じゃボーッとしてたら チューされっぞ☆」by森田忍

ええっ!Σ( ̄□ ̄;森田さん 手早っ!
はぐにイキナリ接吻してしまいました。ドラマの1話見た感じだと、はぐの才能に好感を持ったという風にしか見えなかったので、唐突すぎて森田が軽く見えて仕方ないんですが。
いや、それよりも。真山と山田のおんぶで告白シーンがなんだか残念。
原作(2巻)で恥ずかしながら泣いてしまった場面。真山のセリフがよかったのに、それが一切なくて悲しかったです。


花木めぐみ(ハチミツとクローバー) ←花木めぐみって誰だよ!!

ドラマ「SP」予告に惑わされた9話。

前回からの続き、井上と出所した山西がベンチで遭遇するシーンから始まり、誰かが流血したり、銃声が響いたり、ましてや山西に「これがお前の仕事か」なんてことを言われる井上のシーンもなかった、拍子ぬけの9話。ぬおおお!予告にすっかり騙されました。

淡々と日常業務をこなす中、第4係が2日後のイベントに出席する麻田首相の警護応援に入ることが決定。

で、またしても次週予告を見て胸をかき乱されてしまいました。石田さんと笹本さんが撃たれたー!!?
いやーっ!!死なないでー<(T◇T)>
・・・井上の妄想だったらいいんですが、妄想にみせかけて実は・・・なんてパターンだったら嫌だなぁ。
あと、ブラック井上発動・・・??「あの時起こった事を思い出すと闇に取り込まれそうになるんです」と昔語っていましたが、闇に取り込まれてしまった井上はSPとしての職務を果たすことができるのでしょうか。

今回のツボ。犬にさえナメられる山本に吹いてしまいました。井上の合コン失敗を祈り、「お前の呪い効くなぁ!」と笹本に褒められた(?)山本の黒い笑顔も最高でした。
呪。

ドラマ「ハチミツとクローバー」第一話感想。

人気コミックのドラマ化ということで原作とドラマは別モノとして見る努力はしてみたものの、やっぱり比べてしまいます。原作ファンなのでしばらくはこのギャップに苦しみそうです。

はぐ・・・成海璃子が意外に好演。想像してたよりは全然良かったです。

竹本・・・ガタイ良すぎ。もう一回り小柄な人がいいかと。1度ならずも2度までも山田に蹴られる姿に笑っちゃいました。

森田・・・奇人変人お金大好き☆な天才森田を成宮寛貴がどう演じるのか。わりと普通でしたねぇ。あ、森田忍の金運占いというのがありましたよ。(こちら)私は竹本タイプでした・・・。くっそうくやしいが当たってるぜ。

真山・・・地味。

山田・・・ツンツンしすぎ。

花本修司・・・ひげ!!!・・・ドラマの公式HPで写真を見たときはオイオイ!!と思ったんですが、渋い修ちゃんということで無理やり納得。

ローマイヤ先輩・・・これは完璧にドラマオリジナルキャラになってて、ここまでやってくれると清々しいです。

理花・・・もっと華奢な感じの人だと思うんですが・・・普通に歩いてたとこをみると(原作では杖をついている)設定ちょっと違うのかな?

野宮・・・早い段階で出てきましたね。真山、山田とどうからむのか。今後の動向に注目。

美和子・・・なんか美和子さん若いな。理花には忘れられない人がいるというセリフの言い方があまりにも軽い感じがして不快でした。

リーダー・・・出てないよ(笑)出てこないの?ソフトバンクのCMのお父さんとかだったら話題になると思うんです。


次回予告を見て展開の早さに驚きました。真山と山田のあの名シーンがもうでるのか・・・。誰かと誰かがチッスしてませんでしたか?展開早いけど、ついていけるかな。

ボタボタってなりそうでならなかった。

2月が待ち遠しい

BRAHMAN

BRAHMANのアルバムがついにでます!!

発売は2月・・・うおおおおお楽しみダッ!
2月といえばハチクロ作者の羽海野チカさんの「3月のライオン」も発売ですね!!
これを楽しみに一か月がんばろう・・・。

気になるバンド発見

Gyaoで音楽のPVを見てて、気になるバンドを見つけました。こちらでPV視聴できます。↓

APOGEE(アポジー)APOGEE special website

最初に聴いたとき、スピッツのマサムネとピロウズの山中さわおを足して2で割った感じの声だと思いました。
アルバムが今月出るそうで、購入する、かも。物が捨てられない性格なので、よっぽどのお気に入りアーティストか、近くのレンタル屋に無くて諦められない場合しかCDは購入しません。
音楽配信?っていうんですか?ダウンロードとかはやったことないんですが、どうなんですかね?アナログ人間なので、ジャケットとか、CDとか、形のあるもので保管したいんです。

Touch in Light / APOGEE 

「ハチクロ」ドラマ化。



最近マンガ原作のドラマが多くないですか。「ハチミツとクローバー」がドラマ化されるそうで・・・原作大ファンとしては複雑な心境です。
原作とは別モノとして楽しめればいいんでしょうが、キャスト見て不安倍増してしまいました。

「ハチミツとクローバー」ドラマ公式サイト

ローマイヤ先輩がキム兄って・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ええええ

しゅうちゃんに不精ひげが生えとる・・・!Σ(▼□▼メ)ええええええ

も、泣いていいですか。結婚するならローマイヤ先輩かしゅうちゃんって決めてるんですけど(オイ)、この配役は主要キャラ5人よりも納得いきません。

じゃあ誰なら納得するのか。考えてみました。個人的な意見ですが、しゅうちゃんは西島英俊さんで見てみたい。ローマイヤ先輩は素敵すぎて思い当たりません。
どこかにいませんか、リアルローマイヤ先輩。情報求む。


あけましておめでとうございます。

賀正・しゃらく


今年もよろしくおねがいします。画像は「ふちゃぎん家」からお借りしました。
年末に今年の10大ニュース!なんてことを書こうと思ったんですが、はて?なんかあったっけ??・・・思い出せない・・・。いろんなことを忘れすぎるので、手帳に記入しようと毎年購入するものの、全く使いこなせないズボラな私です。選ぶのはすごく楽しいんですが、書くのが面倒。(持つ意味無いんじゃ・・・)
20080102004437

今年の手帳は「ほぼ日手帳」にしました。3年前だったかな?本屋でほぼ日手帳を紹介した本を購入した時から気になってて、ついに手にいれました♪
選んだカバーは黒地に小さな水玉模様。新しい手帳ってなんだかわくわくしませんか。今年は手帳を有効に活用して、有意義な一年にしたいと思います。

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。