Coccoのライブに行ってきました。

こっこだと思って下さい


12月26日Coccoのライブに行ってきました。
coccoのライブは去年の初の沖縄ワンマンライブ以来2度目。あのとき思ったのは、こんなに無防備に自分をさらけだして大丈夫なんだろうか、と何度も涙を流す彼女を見て少し心配になりました。

この日のcoccoは「まぁまぁが徹夜して作った」白っぽいふんわりしたワンピースを(へたっぴな絵参照)身に纏い、ゆらゆらと伸びやかに、ときには頭を前後に大きく振りながら力強く歌い上げ(あんなに振って気分悪くなったりしないんだろうか・・・)、沖縄の方言全開のMCで大いに会場を沸かせたり、しんみりさせたり、3時間近くのステージがあっという間でした。
彼女の持つ唄のパワーに私は何度も泣きそうになり、泣いたら負け!みたいな我慢大会をひとりで繰り広げておりましたが(いや、泣くと恐ろしく無様な顔になるんで、そこは死守みたいな。)「ジュゴンの見える丘」はヤバかったです・・。
でも一番もりあがったのは沖縄の童謡?民謡「じんじん」ということは会場にいた人だけの秘密ということで。「わかるよ~血が騒ぐんだろうぉ」とはcocco談。

あんなにカッコいいじんじんを聴いたのは初めてだO(≧∇≦)O

SP8話。

「なんか ものすごく大きな事件に巻き込まれるような予感がするんですよねー」BY7:3山本。

こういう予感って残念ながら外れることが無いんですよね。次回以降怒涛の展開が予想されるドラマ「SP」。嵐の前の静けさ、といいますか、平和な展開でした。
定番の長いあらすじは尾形さん名セリフ集です。このセリフを着ボイスでお願いしたい。

今回は過去に遡って井上の警察学校時代の訓練シーンから始まり(何度も井上の妄想・訓練オチに騙される学習能力のない私)、

尾形との出会い(二人はとっくの昔に出会っていて、強い絆で結ばれていた・・なんてことではなかった・・・ええ、勝手に妄想していたとも)

警護課第四係に配属された井上に注がれる同僚の好奇と冷やかな視線(笹本「いい男が警察官になる訳ないでしょ!」えええ~!?いい男いるじゃん、尾形さんとか尾形さんとか尾形さんとか・・・!井上もかなりイケてるのに。それにしても原川さん、すごい存在感です)

井上のポカーンとした一見アフォー(笑)にも見える独自の警護スタイルに山本が尾形に抗議します。「今日のアレ何なんですか!!」「いずれ分かるさ」と尾形。
ほどなくして、その機会はやってきます。危険人物を事前に察知したことから、石田、笹本は井上に一目置いたようです。二人とアイコンタクトをとる笑顔の尾形さん。うわっ。ズキューン☆(なんの音だ)なんかもうドラマの冒頭のあらすじからニヤニヤが止まらないんですが、悪い病気みたいです、私。
使い回しですが

SP1話見て描いた絵使い回し・・・。
コメント・拍手レスはのちほど・・・。

「地球へ・・・」でクリスマス絵

「地球へ・・・Expansion Disc」届きました。
うん、まあ期待はしないようにしてましたので、

一番見たかったブルー新作映像がウルトラマンの地球滞在時間より短くても

私の好きな「年寄りと女子供は丁重に扱えと教えられてないのか、野蛮な男だ」というブルーのセリフが入っていなくても、

海のような広い心で受け入れようと思います。買おうかすごく迷ったんですが、ブルー新作映像が見たいというのと、ジャケットのイラストがとても奇麗で欲しくなってしまったんです。この歳でアニメDVD買うとは思いませんでした。「地球へ」にはまった記念ということで納得しよう。
キャストの撮りおろしインタビューは見ごたえがありました。打ち上げ話とか。端役にいたるキャストの方々まで熱い思い入れがあったようで、テラファンとしてそういう作り手側の気持ちが、嬉しかったです。

トォニィの配色(髪・赤、マント・緑)ってクリスマスっぽくね Σ( ̄□ ̄;!?と思って描いたクリスマス絵。「トォニィツリー」
めりくりとおにい

ドラマSP7話・尾形さん苦悩するの回

V6の岡田君がかっこいいのは知ってましたが、堤真一さんって、こんなにカッコ良かったっけ?
コミカルな役しか思い出せない・・・。っていうか深津絵里さんと出てたドラマ(タイトル忘れた)しか覚えてない。あのドラマ結構好きでした、そういえば。深津ちゃん好きです。見たいと思ってた「舞妓 Haaaan!!! 」にも出演してるようなので、早く借りに行かなくては(でもきっとレンタル中)。


今回は堤さん演じる尾形のやるせなさが伝わってきて、萌えました。 辛かった。

マルタイ大橋が2度も狙われたことを受け、警護増員を訴えるべく登庁した尾形に告げられたのは、まさかの大橋の警護解除だった。

「私から仕事を奪わないで下さい。殺されると分かってるような人間が目の前にいるのに、知らないフリをして立ち去れと言うんですか!?」
「事件が落ち着きを見せるまで、引き続き任務に就かせて下さい。お願いします!」

尾形さん意外にアツイ男だったんですねぇ。しかし必至の要請は聞き入れられず、マルタイ大橋のいるホテルに戻り、部下と大橋に警護解除を告げることに。
井上達も納得がいかない表情。守られていた大橋は半狂乱。
 
「僕に死ねって言うのか!?死ねってことだろう!!」

「それなら何故悪に手を染めた!法を犯すことにリスクがないとでも思ったのか!!」

金はいくらでも出すから見捨てないで欲しいと懇願する大橋を振りきり、去っていく尾形・・・。自業自得だけど、一人取り残された大橋がなんだか可哀想に思えてきました。
ホテルを出て歩く尾形とすれ違う車・・・ああああっテロリスト御一行じゃないですか!!。大橋たぶん終わっ・・・た、ね。(合掌)
今回は派手なアクションもなく、笹本&山本のお笑いもなく、後味の悪い回でしたが、感情むき出しな尾形さんが見れてウキウキした私はきっと少数派。
警護課に戻ってきた尾形さんが怒りとやるせなさから机上に置いた装備をなぎ払うシーン、つい何度も見てしまいました。苦悩する尾形さんを絵に描こうと思ったんですが、どういうわけか、こんな結果に。
似てねぇよ?でもそんなの関係ねえ!

この尾形さん ひどっ!!( ̄д ̄;)と思った方は拍手どうぞ↓。管理人涙目になります。

もやしもん10話「ゴスロリキッス」

日吉酒店で見かけたゴスロリ少女が気になる沢木。
ついに再開した少女の言葉からその正体に気付き驚愕する。
突然少女にキスをされてパニックに陥った沢木は、驚きから菌が見えなくなってしまった。(公式HPあらすじ)

ちう~


ゴスロリ少女=蛍。なんだあの可愛さは!もろ好みなんですけど。
及川と会話してる場面とか、グラス磨いてる場面とか、可愛かったなぁ~。で、なんでそんな恰好で働いてるんだ?という疑問は解決されないまま終わってしまいました。
菌が見えなくなった直保はどうなっちゃうのでしょうか。

神霊狩9話 キノコレベルアップの巻

「神霊狩」9話。
神霊「狩」ってタイトルのわりには、神霊退治とかないのか?そもそも、その2頭身ボディーでどうやって戦うのだ?と思ってたら、ようやく9話でそれらしきシーンが出てきました。

不気味な幽霊が出る噂を耳にした3人。そこは昔、幼児誘拐事件の犯人である宿痾(すくあ)八千世が、通りがかったダンプに跳ねられ死んだ場所だった。夜、魂抜けした3人は潰れたパチンコ店に集合する、というストーリー。
匡幸の株急上昇な回でしたね。現れた宿痾の霊に誘拐事件の被害者である太郎の感情が爆発して、2頭身ぽよぽよボデー(笑)からなんと変身(?)して霊に立ち向かいます。
ですが、恐怖心がまだ残っていて逆に窮地に陥ります。それを信が助けますが、危機的状況。匡幸も霊に襲われますが、上空に飛んで助かったーと思ったら、霊がこう・・・上を見上げてます。え・・・まさか!?こいつ飛んだり・・・あああ飛んだよ~~!!しかも上空を平泳ぎで移動しとる~。
面白すぎます。その後の展開も面白かった。ゲーム脳(なんだそれ)発動で「ウエポン セレクトォオオオ!!!」ちゅどーーーーんと霊爆破。匡幸がゲームやってる場面がたまにあったけど、ここに繋がるとは。・・・ということは信はギター絡みで戦うのか??想像できません。
翌日、上級生に呼び出される友達を、今まで見ないふりをしていた匡幸が助ける姿にニヤリとしちゃいました。キノコ見直した!!
ひとつ不満なのは信の髪型。短いほうが断然いいのに。
きのこレベルアップ

制服はこのままなのか?

太郎とオリゼーまさかのコラボ

「神霊狩」「もやしもん」最近見てるアニメのキャラを描いてみました。
太郎とオリゼー

魂抜け太郎が予想外に描いてて楽しかったです。尻かわええ・・・。

「もやしもん」は菌が可愛いという評判を聞いてて、「へ?かわいい??菌が?どんなアニメなんだ」と見てみたら、1話目から結構面白くて、評判通り菌が可愛い。
主人公は空気中の菌が目に見えるという特殊な体質の持ち主。もやし(種麹)屋の息子である彼は、幼なじみで造り酒屋の息子ともに農業大学へ進学します。
個性的な教授や先輩との出会いによって様々な騒動に巻き込まれる農大学園アニメです。10話(12月13日放送)すっごく気になる~。
最近ケイが出てこないな・・と思ってたら、あ、あらら~???9話の最後に登場したゴスロリ少女って・・・もしかして?

あ、あと歌のインパクトに魅かれて「アクエリオン」見始めました。

拍手下さった方、どうもありがとうございます!!

ドラマSP6話感想

前回に続き、証券取引法違反事件の重要参考人である大橋正一の警護。

家族にも会えず、ホテルでの缶詰生活に耐え切れなくなった大橋は、小細工をしてまんまとSPの隙をつき部屋から逃亡します。
隣の部屋でその様子を盗聴していたテロリストも、絶好の機会とばかりに飛び出します。SP石田と共に何食わぬ顔でエレベーターに乗り込むテロリスト。「石田 うしろうしろ!」とヒヤっとしたのは私だけ?
石田と山本が必至でマルタイ大橋の姿を捜す中、意外な人物が逃げる大橋を足止めします。
「キャンユ‐スピークイングリッシュ?」と肩をむんずとつかむのは公安部の田中。GJ☆田中!!最初の印象が良くなかっただけに、ささいなことでもイイ奴に見えてきました。

テロリスト、案外あっけなく捕まりましたね。いや、まだ仲間いるけど。無駄に変装懲りすぎ(笑)
変装したテロリスト2人と井上・尾形が偶然エレベーターで鉢合せ。鋭い井上が気付かない訳がなく、エレベーター内で乱闘が始まり、どうにかテロリストを確保。
毎度アクションシーンは見ごたえがあります。・・・山本とかもそのうちカッコいいアクションとか見せてくれるのでしょうか~?無さげ~。
ゴゴゴゴゴゴゴ


さて今回ちょっとしたホラーな場面があったような(笑)
なぞなぞ本を経費として請求した井上に原川さんが詰め寄るシーン。尾形さんがちょっと引いてたのが面白かった。

久しぶりに「地球へ」イラスト描いてみました。

「地球へ・・・」


作業用BGMに「地球へ」のOP・ED曲を流しながら描いておりました。
放送当時は曲が「地球へ」の世界観に合わないと思ってたんですが、今こうして聴いてみると見てた頃の興奮とか、切なさとか、夏の日の夕暮れとかが蘇ってきて感慨深いものがあります。
特にケミストリーの曲。
2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400

これは合わん。ない。と最初の頃は思ってました。嫌いとかではないんですが違うと・・・。
でも今はこの曲がアニメ版のOP・ED曲の中では好きです。EDの宇宙空間と美しいメロディーを思い出すと切なくなりませんか?

ドラマSP5話感想とイラスト

初めて見たときから気になってたんですよね、この方。
肉行く?

フジテレビのHPの登場人物紹介を見たら「原川・警護課庶務係。
警護課全体の庶務担当。いつも井上の理由の分からない経費請求書や伝票の処理に、困らされている。尾形にひそかな好意を抱いている。」
え、マジですか。たじたじな尾形さんが目に浮かぶようだ。

今回は尾形さんがカッコ良かったです。
「久し振りにみんな早くあがれたんで、飲みに行こうかって話してたんですよ。」
「係長も一緒にどうですか。」
「新橋にいい店見つけたんですよ。」
「パーっとストレス発散しましょうよ。」
笑顔で尾形係長を誘う部下達。慕われてるんだな~。
「どうせ俺の財布が目当てなんだろ。」
「いえいえ」と3人が首を振る中、ひとり真顔の7:3山本に「分かりやすいんだよ、お前!」と笹本の強烈な突っ込みが炸裂。
こういう和気あいあいとした雰囲気と緊張感溢れる現場の空気、このバランスがいいです。

証券取引法違反事件で重要参考人となっている大橋正次(片桐仁)を24時間体制で極秘警護するよう命じられるわけですが、命を狙われて怯えきった大橋は異常な警戒心を示し、SPに対しても不信感がある様子です。
そんな大橋に尾形は「警護で最も重要なのは信頼関係を築くことです。」と語りかけます。

似てないけど尾形


あああああ!!尾形さんカッコいいー☆私も守られたい。と目がハートマークになっちゃいましたよ。7:3山本が惚れるのも頷けます。また笹本さんにぶたれてましたが(笑)
来週の予告で尾形さんピンチのようです。いつも整えられた御髪が乱れたりなんかしちゃって!!もう気になる~~バタo((><o))((o><))oバタ

 | HOME | 

Calendar

« | 2007-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。