ペンタブ買いました

パソコンでやってみたかったことのひとつにお絵かきがありまして、このたびペンタブを購入しました。

画面見ながら絵を描くのって、目がとても疲れるんですねぇ・・・。
ソフトの使い方もよく分からないので、ハウツー本を買おうかと。
書店で探したら、いいのが無かったので、ネットで購入するつもり。

ついでに(?どっちがついでだか)竹宮恵子さんの「イズァローン伝説」も全巻購入したい。
ざっと立ち読みしましたが、最後涙がこぼれそうになって、
慌てて閉じました。古本屋で号泣する女・・危なすぎます。
全巻そろってなかったことと、本の状態が悪かったので購入しなかったんですが、やっぱり欲しい!
ネットで購入って実物を手にとって確認できないのが不安ですな。
古本だと痛み具合が非常に気になります。

でも、たぶん買う・・はず。



拍手・コメントレス

拍手
あゆこさん。ありがとうございます!!舞妓はーんも見たいです。
ほかのお二方も拍手ありがとうございました。自分の書いたものに何らかの反応があるというのは、すごく嬉しいことですね。感激です!

コメント
天野沙織さま。訪問ありがとうございます。
最終回はいろいろと衝撃的でしたね。まだジョミーの死から立ち直れてないようで心配です。

ojimiさま。ああ~!ojimiさんじゃないですか!訪問ありがとうございます。ojimiさんのサイトには表も裏も毎日楽しませていただいてます。リンクさせていただきます~。
私なんぞの絵を褒めていただいて嬉しすぎます。上半身しか描けないんですけどね~(苦笑)

「地球へ」余韻

アニメは終わってしまいましたが、もうちょっと余韻に浸っていたいので、ちょくちょく描いていきたいと思います。

お亡くなりになられた人々も可哀そうだけど、残された人も辛いですよね。
とくにフィシス。長老たちの気持ちも分らんでもないけど、あの状況で生き延びるのって悲惨。
だって、トォニィが長だよ!?いびられるの必至ですから!
最終回ビンタまでしちゃったしなぁ。

img031.jpg


アニメ放送何回か見逃してるので、それの視聴と、あと劇場版が見たいです。
テラが宇宙を舞台にしてることもあって、SFものが読みたいと思ってたら、パチンコのCMで「銀英伝」が!!なつかしい~。好きでした。久し振りに読みたくなりました。

おっと、話がそれた。MADの視聴も面白いですね~。
感動ものからクスッとくるものまで、愛が感じられて素晴らしいです。
今回からリンク貼らせていただいてる天野沙織さまのジョミー追悼MADをみてうるうるしておりました。

おまけ。こんなトォニィはいやだ。

トォニィ画


トォニィがこんな絵描いてたらカリナショックだよね☆

「地球へ」24話感想

最終回。号泣覚悟で家族が寝静まった頃にこっそり見ようと(アニメみて無く姿なんて家族には見せられません)思ってたけど、我慢できずに帰宅後即ビデオ再生。

前半を見終えたところで、「ああ ちっとも感情移入できん。このまま感動もなく終えてしまうのか?」と冷めてしまう私でしたが、後半の展開にハラハラドキドキです。

ジョミーがぐっさりやられてしまいました。ああ~!!!剣!剣でやられてしまうの!?
トォニィとのお別れのシーン。うるうるきました。

トォニィ


泣いてジョミーにすがりつくトォニィ。
「お前は次の時代を生きろ」
「お前が次のソルジャーだ」
!!!ここ驚愕しました。ソルジャートォニィ・・・そうくるとは。でも語感イマイチ。

キースがセルジュに言ったセリフ「よくこれまで私についてきてくれた」・・・マツカに言ってやれよぉぉぉぉ!
リオの死も悲しかった。
ジョミーとキース死にゆく二人の会話はよかった。キース最後にやっぱりいい人になりました。

地球から旅立つトォニィ一行。
「ジョミー。あなたのおかげで 何故命がつむがれていくのかわかったよ。
そして 何が大切なことなのかも」
幼いころのトォニィの無邪気な姿に胸がきゅんとなりました。
前向きで希望を感じさせるラストは満足でした。



トォニィ

「地球へ」いよいよ明日最終回。
ああああ。さみしい~。

先日とあるブログでこんな記述に遭遇。
トォニィはジョミーと○○○○できるらしいですよ、既出だからネタばれになりませんよね」

えええええっ!!!

ちょっとちょっとぉぉぉ!!十分ネタばれだよ~。○○○○(ショックだったので伏字にしました。なんかイヤラシくなった・・・)ってことはつまりジョミーが・・・どああああああああ。もしかしたらアニメ版ジョミーは・・・という淡い期待があったので悲しい。
っつーか、それを知って動揺してる自分にも驚きです。
トォニィがあまりにも可哀そうなので、救済処置ってことかな。

ジョミーを思うトォニィのモノローグ(っていうんですかね?)切なくてたまりません。

ジョミー・トォニィ


「地球のこと 還りつくこと

そしてソルジャーブルー・・・いつも・・・いつも・・・いつもいつも。

ぼくにはわかる

いつでもあなたの心はソルジャーブルーに帰っていくんだ」

原作でのブルーの像の前でのシーン。好きです。



ねこ鍋

「とくダネ」で「ねこ鍋」が取り上げられてました。
ニコニコ動画で人気の、子猫が土鍋ですやすや眠っている萌え映像なんですが、DVD化されるそうですね。
かわいいいいいいい~。
猫てんこもりです。ああああああ。
番組では「ねこ鍋」の投稿者エレファントさん宅でのインタビューもあり、たまらんかったです。「地球へ」ネタ書こうと思ったのに、脳内がねこの萌え映像に占領されてしまいました。

「ふちゃぎん家」という猫の動画ブログがお気に入りです。
ふちゃぎ(猫の名前)はただいま冒険中(家出中)らしく、一日も早く帰還することを祈りながら見守っております。
ふちゃ~早く帰って来~い!

こちらDVD付きの写真集が発売されます。

宅配レンタルDVD

ネットで借りてポストで返す、そんなお手軽な宅配レンタルの存在を知り、一か月無料キャンペーンとのことだったので利用してみました。

CDレンタルメインで利用するつもりでしたが、聴きたかったものがことごとく無いことが判明。
徒歩で行けるレンタル店にも無かったので、ここの店は品ぞろえが悪いな!と思ってたんですが、そうか、私の趣味がマニアックだったのか。いや、うすうす気づいてたけどさ。一枚も無いって・・・。

仕方ないので、昔懐かしいアニメ「ポールのミラクル大作戦」などを借りてみました。昔朝の再放送で見てました。ポールはニーナを救い出せたのか気になって気になって。最終回が知りたくて借りたのに最終話じゃなかった(笑)あ、でもニーナはわりと早い段階でベルトサタンから救い出されてて、ポールと一緒に冒険してました。

「真夜中の弥次さん喜多さん」でZAZENBOYSの音楽を聴いてから、ナンバーガールが久し振りに聴きたくなったので、ナンバーガールのライブDVDを借りました。

あは~ん☆やっぱりかっこいい!!
2002年に解散してしまいましたが、今聴いても色あせることなく、突き刺さるような音にしびれまくりです。でも好き嫌い分かれるバンドかもしれませんね。
刺激が欲しい人にはおススメです。
ベスト盤欲しくなっちゃいました。
↓視聴できます。(タワーレコード)「TATTOOあり」という曲が気に入ってます。
ナンバーガールベスト盤





地球へ

女神様ご乱心!??
先行カットの銃を構えたフィシスを見て仰天しました。銃はキースに向けられていたのですね。

冒頭トォニィのシャワーシーン。同族のミュウを手にかけたことに対して深く傷ついている様子。少々意外。トォニィは好戦的で、子供ならでの残虐さが際立ってたような印象を原作からうけていましたので。

ジョミーの選手宣誓仲間への語りかけがカッコ良かったです。
立派なソルジャーになったね・・・ジーンときました。
このあとのフィシスのセリフ。

「ブルー・・・
貴方が命懸けで焦がれた星 テラへ
私達は向かいます。
貴方の選んだジョミーが 皆を導いてくれました。」

これにもジーンときました。

ところが、皆のあこがれた地球は人の住めない枯れ果てた星になっておりました。私でさえショックなんだから、ミュウの皆さんの衝撃を思うと・・・ホントもう・・・「ご愁傷様です」としか。

ここにきてキースにも迷いらしきものが見られます。
隙だらけです。
「やはり来たか。ミュウの女よ」
フィシスが来ること予期して警備を外した模様。
ええええ!!?国家元首ともあろう方がそれはあまりにも無防備すぎるのでは?トォニィがきたら間違いなくヤられてます。

「なぜか貴方への憎しみが湧かない。ブルーを殺めた人なのに」
「忘れないで。あの人の最期・・・」

さっきフィシスに感動したのを取り消したくなっちゃいました。なんでだろう、フィシスがブルーを「あのひと」呼ばわりするのが許せません。嫉妬?(笑)

ジョミーとキース二人の会話は見どころありましたね。
次週いよいよ最終回。二人手をとりあって・・・なんてことはあるのでしょうか。予告では目が点になる光景がありました。剣で戦ってたような?えらく原始的な・・・・。

ジョミー。キース。

真夜中の弥次さん喜多さん

以前から気になっていた「真夜中の弥次さん喜多さん」を観ました。




長瀬智也演じるワイルドで熱い男弥次さんと、中村七之助演じるヤク中の喜多さん。二人は恋人同士。
喜多さんのヤク中を治すため、お伊勢さんを目指してリアルと幻想・生と死が入り乱れた旅が始まります・・・というお話。

人気脚本家の宮藤官九郎が監督で、独特の世界かもしだしてます。
観たかった作品だけど、そんなに期待してませんでした。

2回も観てしまいました。結構好きです。
まず音楽でヤラレタ!ギターの音ですぐ分りました。
元NUMBER GIRLの向井秀徳率いるZAZEN BOYSが音楽で参加してます。
NUMBER GIRL好きだったので、本編始まる前からテンション上がりました(笑)映画にもちょこっと出てます。

おバカなキャラを演じる長瀬智也もたまらんです。
全編を通じておバカな映画なんですが、ほんの少し切ない場面もあったりします。

好き嫌いがハッキリ分かれる映画のようですね。
レビューサイトを見たら辛口な意見が多くて、軽ーくショックをうけました。つまらんとか、長すぎるとか。その中に「男同士のキスや裸がたくさん出てくるので、そういうのに嫌悪感持たない人、というか好きな人にはおススメの映画」というのがありました。えええええ!!?私 腐ってんのかな・・・。

やじきた


絵が似てないのは許してくだせぇ。模写苦手であります。

夜中にこっそり・・・

慣れないブログを始めて寝不足気味です。
長いブランクでお絵かきも進まないし、短い文章を考えるのにも時間がかかってしまいます。
今日は猛烈に眠いので早めに眠ろうと思っていたら、宅配レンタルDVDが届いてたので、今から見ようかと。

でもなー深夜12時に「オーメン」鑑賞って・・・。ホラーだしなー、夜中にトイレ行けなくなりそうだな。

どうしよう。

「地球へ」22話感想

マツカ


「彼についてきてよかった」

原作でのこのシーン、私には理解できませんでした。
冷徹無比なキースの友の死を深く悲しむ心、母親への思慕といった人間らしい感情にマツカが触れてのセリフ。
うーん、わからないよ。キースみたいな上司は嫌だー!
とくにアニメ版のキースは極悪ですから。(原作キースは好きなんですよ)

マツカの死の描写はナスカのときのように、ゆるい感じになるんだろうと思ってたけれど、きっちりやってくれましたね。

「悲しんで・・・くれた」(こんなセリフだっけ?)

ハンカチで目頭押えました。泣けました。
22話結構良かったと思います。

 やっぱりあの言葉には共感できないけれど、マツカの悲しくも満たされた表情をみると、もう・・・何と言ったらいいか(泣)





漫画喫茶行ってきました。

漫画喫茶に行ってきました。
以前は一人で入る勇気がなく、なかなか行けなかったんですが、一度入ってしまえばあとは天国ですね。

今日読んだ本

「ペンギン革命」筑波さくら

この方の絵がかなり好きで「目隠しの国」は持ってるんですが、「ペンギン革命」は初めて読みました。
スターの証が鳥の羽の形でみえる女子高生がタレントのマネージャーになるっていうストーリーなんですが、書店で裏表紙の作品紹介を見たときに「アイドルものか・・・ビミョー」と思って今日まできたんですが。

・・・帰りに本屋で買って帰りました。漫画喫茶で読んだ本をその日に買うという不毛感。どうせ買うならほかの読みゃよかったのに(笑)時間もったいなかったかな。
何がいいって絵がすごく好みー!!なかでも事務所NO.1スター綾織がかっこいです。

ぼさぼさ綾織

事務所の方針で学校へはぼさぼさ頭&メガネで変装(っつーか素じゃないのか?)して通ってるんですが、このぼさぼさ頭が実にかっこいい!
スターの時よりかっこいい(笑)
ああ、でもこの頭かなり描くの難しい・・・。




ほかには「ベルセルク」を読みました。長い作品なので、少しずつ読んでます。

PCでお絵かき

PCでお絵かき、やってみたかったんです。
でもでも・・・なんだか面倒くさそう(ぼそっ)

本屋でハウツー本をチラっと立ち読み。これ今から勉強するより手描きのほうが早くね?(ぼそっ)

そんなときに、よく訪問させて頂いている素敵絵満載のサイト「ママチャリライフ」で、オエビの存在を知りました。
オエビで下書きしましたとかなんとか、文中に出てくるのでオエビってナニ?と疑問に思っていたところ、お絵かき掲示板なるものが存在するというではありませんか!
なぬーっ!

で、昨日初挑戦してみました。

20070904004541.png


まず操作方法がわからず一苦労。マウスかちかち連打しまくりました(笑)あと線が思うようにひけない(汗)ふおおおおおお。めっさガタガタになるんですけどー。
慣れない作業に面倒くサイオンバースト発動しそうになりました。

こんなへっぽこ絵に55分もかかりました。あわわ・・・。55分もかけてこれかよ。
いや、でも、これ慣れたら楽しいかも?

「地球へ」先行カットみてきました。マツカがいよいよ・・・ですね。

それはなんですか?

ネットに繋がって約1か月たちました。
分らないことが沢山です。
そのなかのひとつ。

MADってナニ?

「MADムービー(マッド)とは
既存の音楽・ゲーム画像・動画・アニメなどを個人が合成し再構成したものである」

へええええ。見てみたい。ニコニコ動画でMAD初鑑賞。

もちろん「地球へ」

テレビアニメ版のOPで劇場版の主題歌が流れてたのが良かったです。いい曲だ・・・。同じ映像でも選曲でずいぶん雰囲気が変わるものなんですね。ほかにはブルーがひたすら泣いてたり、頬を染めてるMADが面白かったです(笑)タイトル忘れたけど。

21話感想

キース汚ぇ。
以上。


って短すぎますか。
昔から感想文とか昨日見たドラマのあらすじとか説明するの苦手でした、そういえば。

原作のキースがわりと好きだっただけに、アニメ版キースの数々のがっかり行動には最終回どうなるんだろうと、ちょっぴり不安になってしまいました。
最後に急にいい人になるのだけは勘弁してほしい(^_^;)

アルテラ


戦死したナスカの子供たち、可哀そうでしたね。
トォニィとアルテラの会話が切なかったです。

ナスチル(この呼び名、定着してるのでしょうか?)の瞳の色がきれい・・・。

土曜の夕方

「地球へ」のアニメ放送がありますね。
仕事なのでビデオに録画して見てます。20話は予約の際にチャンネルを間違えたらしく、再生したら佐藤弘道お兄さんが映ってました・・。
で、かなり遅めですがさっきGyaoで視聴してきました。
いや~便利ですね、パソコンがある生活。
知らなかったよ、無料でアニメが見れるなんて(田舎者ですみません)
明日は放送時間がいつもと違うようなので間違えないように注意ですね。

原作からイメージして描いたブルー。
パステル、色鉛筆使用。久し振りに押入れの中から画材が入った箱を取り出したら、なぜか蟻がいっぱい入っててどうしようかと思いました。
家の蟻はノートパソコンにも侵入してきます。何故??

ブルー

 | HOME | 

Calendar

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。