スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡×2

【トラと漂流した227日】

テレビで宣伝を見て、うわ何これ気になる~と先週友達を誘って映画館へ行ってまいりました。
だって虎だぜ・・・?なんで虎と漂流するはめになったのか、どうやって共存するのか、気にならない訳がない。

なんと初めての3D映画ヽ(*´∀`)ノ「ライフ オブ パイ」

や~~~~、ほんとに飛び出てくるんですね映像が。初体験だったので面白かったです。
映画やライブを観るときだけ眼鏡を使用してるんですが(視力悪いくせに普段裸眼)
その上に3D眼鏡をかけ、なんだか間抜けな感じになってしまいました。
上映中は暗いからよかったけど。

友達は最後の方で主人公が語りにはいったので「ここは寝てもいいところだ」(←?)
と思い寝てしまったらしく、起きたら終わりかけてたそうで最後がよく分からなかったと
私に説明を求めてきましたが、・・・オイラもよく分かんなかったYO(笑)

結局あの話はどっちだったんだろうと、分からなかったので
帰宅してからネットで映画を観た人のレビューを読んで納得。
リチャードパーカーって実在した人の名前だったんですね・・・。

単純に人間と虎が仲良くなって困難を乗り越え冒険する話なのかと思ってたけど、
そうもならなったし、高揚感や感動もなく、なんか期待してたのと違う・・。
そしてラストの(゚口゚;)!??

映像はキレイでしたね。「この映画面白かったよ!」とまわりにオススメする感じの映画ではありませんでしたが、ラストを知った上でもう1回みたら印象が変わる気がします。
スポンサーサイト

はつ。

DVDレンタルの無料クーポンが届いたので借りてみました。
「塔の上のラプンツェル」と「ノルウェイの森」



「塔の上のラプンツェエル」
ディズニーの映画を観るのは実は初めてで、映画の宣伝をテレビで見て気になってたこの作品。
おとぎ話とかそんなの見ても、もういい大人なんだからさ・・・
なにも感じることはないと思ってたけど。
ヒロインの女の子が好感持てるし適度にユーモアあり、映像もキレイで、ところどころいきなり歌いだすのはアレですけど(笑)
素敵な映画でした。他のディズニー作品も見てみたい。



「ノルウェイの森」
映像がキレイそうだし、村上春樹氏の小説も読んだことないので、どういうものかと興味を惹かれて見始めたら。
横になって見てたのがいけなかった。開始10分くらいで寝てしまい翌日再チャレンジ。
ろくすっぽ内容も知らずに借りたわけですが・・・
ああも生々しいシーンが多いとは全然知らなかったので、「やばい(汗)ボリューム落とさないと」と慌てました。
時間が長く感じられ、息苦しくて、ちょっと私はだめでした^^;


以下前記事の拍手コメお返事です。

続きを読む »

こびとさん、いらっしゃい☆

求む。小さいお友達(≧∇≦)☆

条件・体長10センチ程度。

それか、ドラえもんのスモールライトを入手して小さくなってスモールライフを体験してみたい。
週末に「借りぐらしのアリエッティ」を見ました。



テレビアニメで続編を毎週やってくれないだろうか。
小人ワールドって何て楽しいんでしょう。
ミニチュアな家具とか食器とか、カワイイ(≧∇≦)

子供んとき読んだ「銀曜日のおとぎ話」を思い出した。



あれも小人と人間の交流を描いた漫画で、好きだった。懐かしいな。
あと「なかよし」で連載されてた「ころんでボックル」



ストーリーはまったく覚えてませんが、コロポックルという小人なんだか妖精なんだか知らないけど、
民族衣装をまとった小さい人が可愛くて、真似してお絵描きしてたっけ。

で、現在の小人界のスターといえば、このひと達ですが。

キモカワイイというのでしょうか…?私は触手が動きませんが。

なんで小人に心惹かれるんだろうと考えたら、子供の頃遊んだオモチャの影響かもしれない。

こえだちゃん こえだちゃんの木のおうち

こえだちゃん こえだちゃんの木のおうち
価格:3,970円(税込、送料別)



お人形の家を友達が持ってて、いろんな物がいちいち小さくて可愛らしかったことを覚えている。
我が家は歳の離れた男兄弟ばかりで、女の子のオモチャは少なかったので、あこがれがあったのかも。

話は最初に戻って「借りぐらしのアリエッティ」ですが、ストーリーは少し物足りない気がするけど、
音楽も素敵だし、人間の男の子が妙に色っぽく見えて(笑)良いと思います。

くろ

今日のアタシは黒かった。腹ん中が。ちと反省。

前日に映画版ベルセルクを見たことと関係なくはない・・・と思う。ダークな気分。
映画といっても最新のやつじゃなくて「覇王の卵」のほうですが。
5分で分かるあらすじ↓




原作は漫画喫茶でしか読んだことがなく、そんなに読みこんでもいないのでわりと抵抗なくアニメ見れました。
動きがなめらかすぎてちょっと気持ち悪く感じることさえあるほどキレイで、
なんといってもストーリーがいいし。
これDVD欲しいー。買っちゃおうかな。
原作ではそうでもなかったけど、グリフィスに心奪われましたわー。なんて華麗な剣さばき。
「力づくっていうの嫌いじゃない」というセリフに身もだえしちゃいましたヽ(´∇`)ノ☆
続きが公開されてるけど、こっちじゃ上映されてないよなーとあきらめてたら、一応やってるのね・・。
でも遠い・・・遠いよ。しかも上映一日一回ってひどすぎ(笑)

なんといっても平沢師匠の曲もいいですよね!!!!!(`Д´)プラーマシップ!
師匠出演のニコ生面白かったです。
扇子で緩む口元を隠す師匠が微笑ましかった。
「猫に見下されるの好きなんです」発言とか。動画可愛かったな。



あとベヘリットを色違いで2個持ってて、シーンにあわせて使い分けてるとか(笑)



ベヘリットのアプリなんてのもあるらしいですね。

あー、ベルセルク読みたくなってきた。

いよいよ公開です、よ。映画「SP」

連日、主演の岡田君が映画の宣伝でテレビに出演してるので、忘れっぽい私も前売り券を無事購入することができました。
映画の見どころといいますか、迫力あるアクションシーンが宣伝でしょっちゅう流されてて、映画見る頃には飽きちゃいそうだな、なんて(^_^;)
それにしても予告で見る堤真一さん演じる尾形さん・・・・・
「実に残念だ」とかなんとか冷た~い感じで言い放つさまはワルイお方っぽくて、ドラマ版で見せたお顔とは全然別物で、井上との信頼関係もどうなっちゃうんだろ・・・気になります。

友人に「SP」を観に行きたいと言ったところ「いいけど。笑うとこなさそう」とビミョーな反応。

笑いの要素は確かに大事ではありますが。(でも「SP」笑うとこあるよね??たぶん。)
この友人とは先日「ベスト・キッド」を観に行き、カンフーを習いたくなりました。
ああ・・私がもう少し若ければ!




あの懐かしの「ベスト・キッド」に我らがジャッキーが出演するというので、これはもう観に行かなくては!と。
強くて優しくてユーモアがあるジャッキーは、幼いころから好きな映画スターです。
映画の宣伝で日本の番組に出たときに、タレントさんをお姫様だっこしていて、とてもうらやましかったです(笑)
ジャッキー目当てで観に行ったのですが、主演の男の子、ジェイデン・スミス・・・彼も良かった。
帰りに友人と「可愛かったね~」と盛り上がりました。
私も言ってみたいです。「髪に触らせて」って。
なんていうんですかね?髪の毛全部細か~い三つ編み。昔漫画で見てあこがれたことがあって。



ああ・・私が日本人離れした顔だったなら!


話がそれまくりましたが「SP」は来週観に行く予定です(^^)

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。