スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぜ。

ゴッツァンです・・・。
朝起きたら声が出なくなってました。
風邪を引いたようなので、早めに寝ます。



アニメ感想が遅れてきました。
1週間って早い・・・。


アニメ感想といえば、
「タイタニア」が4月からNHKで放送されてるので、
止まっていた感想を再開しようかと思ってたんですが、
木曜の深夜放送なんですよねー・・・。
「BOSS」「東のエデン」も木曜だからこりゃ無理だ。
今週も見ましたけど。
あんまりだ・・・!!バルアミーの髪型があんまりだ!!(>_<)
バルアミーの髪型がひどすぎます。
ああ、バルアミーの父ちゃんもあんな髪型なら仕方ないのか。
でもあれじゃあバルが可哀想だ(>_<)!!
スポンサーサイト

「TYTANIA-タイタニア-」第3話「英雄の条件」

エウリヤを後にしたファン・ヒューリックは、惑星エーメンタールへ。
宇宙港の食堂のカウンターで不味いオムレツを口にしているところで、スリにあう。
スリをしたのはリラ・フローレンツという年若い女性。
「気がついてたの!?」
「貧乏性でね。幸運と美人は頭から信用しないことにしてるんだ」
警察に突き出すのか、との問いにファン・ヒューリックは笑顔で、職業安定センターに案内してくれるよう頼むのだった。
ファン・ヒューリックの笑顔がめちゃめちゃイイです(*^_^*)
スリの女の子とも仲よくなってしまう、この人の大らかさにも魅力を感じます。・・・でもリラがお笑いのハリセンボンみたいな容姿だったら・・・いえ、なんでもありません。


自分の描く絵が女子率低いので、リラを描いてみました。
リラ



エウリヤから来たと言うファン・ヒューリックに
「いいところじゃない。何かしでかしたの?」
「勝っちゃいけない勝負に勝ったのさ。・・・世の中が信じられなくなったよ」
「?・・・ギャンブラーか何か?」リラが首を傾げる。
「あ!もしかして凄腕とか・・(ピストルを撃つまね)何人くらい殺したの?凄腕さん」

「十万人くらいかな」

威張るわけでもなく、少し困ったようにも見える表情のファン・ヒューリックの言葉にリラが爆笑する。
いや、マジなんですよ・・・お嬢さん。しかし十万人って・・・凄い規模。
職業安定センターの前で握手を交わし、二人は別れる。
しかしファン・ヒューリックを待ち受けていたのは、「職」ではなく、タイタニアの手の者だった。
四公爵の一人ザーリッシュの弟、アルセス・タイタニア。ザーリッシュとアルセスはどうやら仲が悪いようで、ザーリッシュとしては弟を辺境の惑星エーメンタールに追いやることで厄介払いをしたかったみたいです。
アルセスはそんな兄を憎んでいる、と。
捕縛されたファン・ヒューリックは巨大な水槽の前でアルセスと対面する。
中で泳ぐ食肉魚に・・・餌を・・・何これ・・(-_-;)気持ち悪いよ・・巨大な30センチくらいのイモムシ(?)を水槽に放り投げてやるアルセス。

「アジュマーン藩王殿下からの慈愛に満ちた処遇を伝える。君をタイタニアに迎えよう」
どうでもいいけど、唇が紫なのが気になります・・・。

これにはファン・ヒューリックも面喰ったよう。「はあ?」

「君にはどちらかを選ぶ権利がある。タイタニアのもとでの生か、タイタニアを離れての死か。
前者であればタイタニアは豊潤な富と権力の一部を君に分かち与えるだろう。
後者であれば是非もない。せめて君の死を華麗に装飾して宝石の涙で葬ってあげよう。
さあ・・・どちらを選ぶかね?ファン・ヒューレン」

「困ったなあ・・・」

「人間は2種類に分かたれる。支配する者とされる者と。たとえ下端にせよ支配する側になりたくはないかね」
「あ!それ違う」「何・・・?」
「支配する奴とされる奴の他に、人間には第3の種類がいるんだ」
「ほお~それは何かね」
「支配されるのが嫌いな奴さ」
「ファン・ヒューレン・・・」
「伯爵閣下、俺は改名した覚えはないんだけど。ヒューレンじゃない、俺はファン・ヒューリックだ。こういう話をするなら名前くらいちゃんと覚えておいてよ」

ファン・ヒューリックが口にしたのは「タイタニアを離れての生」だったが、スカウトを受けると言い出す。
アルセス「・・顔立ちは悪くないが私の好みではないな」(←・・・)

「ファン・ヒューレン卿、君を我が賓客として迎えよう。これからよしなに、と言うべきなのだろうな」

だからヒューレンじゃねーって!!(笑)

奥から現れたアルセスの従者の少年(・・・?)に付き添われ、館を出ようとするが、え??あれ?
この少年がいきなり「提督、こっちです!」みたいなことを言いながら前を走り出します。しかも玄関とは別方向。
「あなたはタイタニアには渡さない」
少年に導かれドアを開くと、数名の銃を構えた男たちが車を用意して待ちかまえていたのでした。
突然のことに混乱するファン・ヒューレンじゃなかった、ヒューリック。
少年「あなたはタイタニアに屈してはいけない。何があっても!」
そこに異変を察知したアルセスの部下たちが駆けつけ、銃撃戦に!
今ここで逃げると立場が悪くなると考えたファン・ヒューリックは嫌がるが・・・
少年も銃を構え応戦(この絵、いいな・・・←最近のブーム、ピストルを構える人)

「あなたは希望なんです!英雄は英雄でいなくちゃいけない。さあ、早く!!」

ぎゃっ!少年が肩に被弾して倒れ、置いてかれましたーーー!!
わあああ、あの悪趣味な人に酷い目にあわされるに違いない。

「抵抗すれば殺しても構わない」
そんな命令が下される中、ファン・ヒューリックは、彼を導いたレジスタンスと死別、途方に暮れる。
そこにバイクに乗って颯爽と現れたリラ・フローレンツ。
なんとか窮地を脱したのだった。

「さ、あがって」リラの家に到着。
「さっきのは君の仲間か。・・命がけで俺を正真正銘の逃亡者に仕立ててくれた連中だよ」
「なんの話?」
「とぼけなくたっていいよ。もともと俺が目的なんだろ?」

リラの話によると、リラはタイタニアに滅ぼされたカサビアンカ公国の生き残りで、国の再興の為に近づいたと言う。

「あなたはタイタニアに勝った唯一の人物。あなたがいれば同士は集まるわ!力を貸してほしいの」
「・・・なるほど」
「私たちの目的はもう一つある。タイタニア無き宇宙

お、これは魅力的な言葉じゃないの?

「タイタニア無き宇宙ね・・・そいつは結構なことだ。でも、タイタニアがいなくなったらいなくなったで、必ず代わりは現れるさ」
去ろうとするファン・ヒューリックをリラが慌てて呼び止める。
「待ってよ、殺されるわよ!!」
「ここにいても同じだよ。すぐに追っては来る。君を死なせたくない・・・って言うとカッコいいけど。ま、俺もまだ死にたくないからさ」
「死ぬわよ!」
「ひとりなら何とか逃げられるさ」
「絶対死ぬ!!間違いなく死んじゃうんだから!・・・だって・・・ね?」
リラの手にはファン・ヒューリックの財布が握られていた。いつの間に!(笑)

ヴァルダナ帝国の近衛軍司令官に任命されたイドリス・タイタニアは、サロモン(1話目で銃殺された帝国宰相)を支持する一派を粛清する。皇帝はイドリスのやりように頭を抱え、絶望に身を震わせることしかできなかった。
天の城(ウラニボルグ)ではジュスランとアリアバートがこのことを話題にしていた。

J「今回の一件で反乱分子は一気に増えるだろうな」
A「バネは抑えつけられれば抑えつけられるほど強く弾ける・・・何故藩王殿下はイドリス卿を推挙したのか」
J「殿下はイドリス卿を信頼したわけではあるまい。石を投じたのだ」
A「波紋か・・・?」
J「おそらく。波の揺らぎを見ておいでだ」
A「なるほど・・・我々はチェスの駒というわけだ」

ファン・ヒューリックは結局リラの家に匿われることになったようで(家には祖母も一緒に暮らしていて二人きりではない)リラのオムレツに満足気な様子。
オムレツのおかわりを所望したファン・ヒューリックの隣に腰かけたのはリラの仲間のデ・ボーアという、ぬぼ~っとした男。二人仲良くオムレツを平らげた後、ファン・ヒューリックが見せられたのは、装置に浮かびあがる人物の立体映像。
「こいつらが・・」
「タイタニアの五家族」の当主達を、このとき初めてファン・ヒューリックは目にしたのだった。


*----*----*----*----*----*----*----*----*

いよいよ反タイタニア陣営が動きだした、という感じでしょうか。
EDは反タイタニア陣営がメインで、ドクター・リーやミランダなど、いい感じです(^^)
登場が楽しみです。


タイタニア(1(疾風篇))


月刊 少年シリウス 2008年 11月号 [雑誌]


【古本】創竜伝・完結セット(全5巻)/恵広史田中芳樹
創竜伝の漫画も出てたんですね。読んでみたい。ちなみに創竜伝では始兄さんが好きです。

「TYTANIA-タイタニア-」第2話「天の城(ウラニボルグ)の四公爵」

タイタニア、第2話見ました。
OPは壮大なスケールで、銀英伝を彷彿とさせるイメージですね、といっても、私は銀英伝のアニメは見てないんだけど(笑)
いや、レンタルで1巻だけは見た記憶があるけど、多感な時期だったので、受け入れることができませんでした。
キルヒアイスの第一声に爆笑した記憶が・・・「星を見ておいでですか」とかいうセリフだったと思うけど、全然笑う場面じゃないのに、こう・・・小説の中の人物が動いて喋っている、しかも頭の中のイメージとなんか違う、そのことが、ショッキングでしたねえ(^_^;)
「銀英伝」アニメファンの方ごめんなさい。キルヒアイスの髪型とユリアンの髪型が、私にはダメだったんです(>_<)髪型は大事です!

話がずれました。えーとOPはタイタニア陣営で・・・なんだかちょっとした戦隊ヒーローものみたいに見えたりして?「タイタニアの五家族」がゴレンジャーみたいになってる・・・服の配色とか。レッドはやっぱりジュスランなのね。
軍服がもっとシンプルだったらカッコいいのに・・・・おっと、いっけね☆また愚痴から始まってしまいました。

続きを読む »

「TYTANIA-タイタニア-」第1話「ケルベロスの戦い」

私の中では今期一番注目しているアニメ「タイタニア」

タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)
(2008/09/12)
田中 芳樹

商品詳細を見る


学生の頃、田中芳樹小説にハマってました。
最初に読んだのが「銀英伝」で、そのころ私は終くんと同じ歳でした。
いつのまにかダリューンの年齢を抜き、そしてとうとうヤン・ウェンリーの享年を追い抜いてしまいました・・・。
この「タイタニア」がアニメ化されると知り、とても嬉しくなりました。これをきっかけに、続きが出るんじゃないかと、期待したいところなんですが・・・無いか(笑)



続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

こゆう

こゆう

たまに黒くなったりします。
基本「根暗」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。